なんでもQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なんでもQ
ジャンル 教育番組環境番組クイズ番組
放送期間 1995年4月13日2006年4月1日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会NHK教育テレビ
音声 ステレオ放送
第1シリーズ むしむしQ
放送時間 木曜 16:05-16:20(1996年度まで)
金曜 9:15-9:30
土曜 9:00-9:15(15分)
放送期間 1995年4月13日 - 1998年2月20日
出演者 三石琴乃
オープニング 影山ヒロノブ「はてなのはね」
第2シリーズ あにまるQ
放送時間 木曜 16:05-16:20(1996年度のみ)
金曜 9:15-9:30
土曜 9:00-9:15(15分)
放送期間 1996年4月27日 - 1998年3月6日
出演者 三石琴乃
第3シリーズ むしまるQ
放送時間 金曜 9:15-9:30
土曜 9:00-9:15(15分)
放送期間 1997年5月17日 - 1999年4月2日
出演者 三石琴乃
第4シリーズ むしまるQゴールド
放送時間 金曜 9:15-9:30
土曜 9:00-9:15(2002年度まで)(15分)
放送期間 1999年4月9日 - 2004年4月2日
出演者 三石琴乃
オープニング 細川俊之、うらら(三石琴乃)「すてきなきみ」
ぴりっとQ
放送時間 (5分)
放送期間 1999年4月12日 - 2006年4月1日
出演者 三石琴乃
テンプレートを表示

なんでもQ』(なんでもキュー)は、1995年4月から2006年3月までNHK教育テレビ(現・Eテレ)で放送された子供向け番組。同番組のミニ版である『ぴりっとQ』も本項で扱う。

番組概要[編集]

自然環境・社会環境への興味をクイズで喚起する幼稚園・保育所向け環境教育番組。生き物の特徴をクイズと歌で紹介した、親子で楽しめるクイズバラエティ番組
放送内容と時期によって『むしむしQ』『あにまるQ』『むしまるQ』『むしまるQゴールド』というサブタイトルが付けられていたが、番組内でもこれらサブタイトルの方が大きく扱われているため、新聞のテレビ欄でも「むしまる」などと表記されることが多かった。
1996年度には第23回コンクール放送文化基金賞を受賞。
2013年6月29日 16:00 - 17:00 には、‪Eテレセレクション・お願い!編集長「むしまるQ&ドレミノテレビ」で、‬「むしまるQ(1997年10月4日放送)」と「むしまるQゴールド(2001年1月12日放送)」が再放送された。

放送[編集]

幼稚園・保育所の時間の枠の番組としての放送で、土曜日の放送を基本としていたが、本番組より編成上の都合により10:30枠から9:00枠に移行した。最終年はさらに土曜9:00枠を『うたっておどろんぱ』再放送用に譲ったため、本来再放送用であった金曜9:15枠が本放送となった。
なお、幼稚園・保育所の時間では、他に『しぜんとあそぼ』が放送されており、当時は自然科学寄りの番組が2種類並立していたことになる。

放送時間[編集]

  • 1995年度 - 1996年度 木曜日 16:05 - 16:20
  • 1995年度 - 2003年度 金曜日 9:15 - 9:30
  • 1995年度 - 2002年度 土曜日 9:00 - 9:15

番組名の変遷[編集]

むしむしQ(第1シリーズ)[編集]

1994年に数回[注釈 1]パイロット版[注釈 2]が放送された後、1995年4月から1998年3月にかけて放送された昆虫のクイズ番組。
初期の問題数は5問だったが、後に4問となった。合言葉は「むしむしパワーでばぴっちょばぴばぺ」。
パイロット版第5回からミニコーナー、レギュラー化以降はオリジナル楽曲が1曲紹介された。このスタイルは以降のシリーズにも継続された。

あにまるQ(第2シリーズ)[編集]

1996年4月から1998年3月にかけて放送された動物のクイズ番組。タイトルの由来は動物の英語「animal」から。合言葉は「ここなんとすなんきょっきょ」。

むしまるQ(第3シリーズ)[編集]

1997年4月から1999年3月にかけて放送された。このシリーズから昆虫と動物のクイズを両方扱うようになった。
タイトルは、「むしむしQ」と「あにまるQ」を合わせたもの。合言葉は「ぽっちゅわりわりぱんげらびぃ~」。
1998年度は「むしむしQ」「あにまるQ」のクイズ、ミニコーナー、歌をそのまま放送する「総集編」が放送された。

むしまるQゴールド(第4シリーズ)[編集]

1999年4月から2004年3月にかけて放送され、最も長く放送されたシリーズとなった。内容は第3シリーズとほぼ変化がない。合言葉は「ぷりゅちゅびよ〜んとうりゅたりほ〜」。
紹介された楽曲や使用されたBGMはパロディやアレンジがより一層強調された。オープニングの曲調と演出は007シリーズのオープニング[注釈 3]と類似しており、出題キャラの名前が表示する際のBGMは「ミッション:インポッシブルシリーズ」(『スパイ大作戦』)の前奏のパロディである。
第3回までのオープニングは「うららにおまかせ(「すてきなきみ」をバイオリンソロで弾いた曲)」だが、第4回からオープニングは「すてきなきみ」にマイナーチェンジし、映像も変更された。また、第1回、第2回、第3回の再放送のオープニングは「すてきなきみ」に変更された。

ぴりっとQ[編集]

本シリーズの内容をクイズ1問と歌1曲に編集した5分番組。1999年4月から2006年3月まで放送された。オープニングの右上に「なんでもQ」のタイトルロゴが表示されない。合言葉は「ぺぽりぽらっちゅぴりっときゅ〜」。
うららの衣装は放送で使用されるクイズの初回放送時のシリーズの衣装となっており、クイズ部分の映像は正解発表を除き過去の映像をそのまま放送していた。
歌は平日の放送のみ一週間ごとに変更。尺の都合上、一部の楽曲は放送されなかった。

番組形式[編集]

毎回生き物に関する3択[注釈 4]クイズを4問[注釈 5]とミニコーナー、生き物にちなんだオリジナル曲を1曲放送する。
上記の通り「むしむしQ」では虫のみ、「あにまるQ」では動物のみを取り上げ、「むしまるQ」以降は動物と虫の両方を取り扱うようになった。
オープニング後のうららのあいさつ中に、今回出演するキャラが順番にモニターに表示される。
エンディングではうららが今回出演したキャラを紹介した後、「(番組サブタイトル)パワーで、すちょぽろぴ~ん!」と叫んでからエンディング映像が流れる。

1回の放送形式[編集]

むしむしQ(初期)

オープニング→1問目→2問目→ミニコーナー→3問目→4問目→歌→5問目→エンディング

むしむしQ(中期)〜むしまるQゴールド

オープニング→1問目→2問目→ミニコーナー→3問目→歌→4問目→エンディング

ぴりっとQ

オープニング→問題→歌→エンディング

クイズ形式[編集]

クイズはまず進行役のうららが「次のクイズは、〇〇さんです(場合によっては「最初の〜」「続いての〜」など変化する)」と言って、モニターに出題キャラの名前が表示される。
クイズが出題される前に、出題キャラそれぞれに用意された冒頭アニメーションが流される。
シンキングタイムでは、画面下から うららが登場し、「ん〜どれかな〜」と言う。シンキングタイムの時に流れるBGMはシリーズによって異なる。
そして約10秒間のシンキングタイムが終わるとうららが「正解は、○番 です!」とお決まりの台詞で正解を発表。
クイズ出題後、実写の映像と共に出題したキャラクターが解説または映像の動物の翻訳・通訳を担当する。
「むしまるQ」、および「むしまるQゴールド」は必ず昆虫クイズ2問、動物クイズ2問という組み合わせとなっている(例外あり)。

クイズ出題→シンキングタイム→正解発表→解説映像

ミニコーナー[編集]

2問目と3問目の間に放送される。実写映像のみでキャラによる解説は一切なし。歌のコーナーの尺で放送しない場合もある。

  • むしむしQ(第1シリーズ)
    • 「でてこいへんな虫」 - 変わった名前の虫を紹介する。
    • 「エライぞ虫は空をとぶ」 - 空飛ぶ虫を紹介する。
  • あにまるQ(第2シリーズ)
    • 「こんにちは赤ちゃん」 - 動物の赤ちゃんを紹介する。
  • むしまるQ(第3シリーズ)
    • 「マータギーネスペース」 - 虫や動物の部位を紹介する。
  • むしまるQゴールド(第4シリーズ)
    • 「Dr.ゾー」 - 世界の動物や虫を紹介する。OPは2パターン存在する。

出演キャラクター[編集]

ナビゲーター(司会)[編集]

うらら
:岡本かおり(パイロット版)→(レギュラー化以降)三石琴乃
たくさんの動物や昆虫たちにクイズを出題させるナビゲーターの少女。普段は子供っぽい声で能天気かつ早口な口調だが、たまにナルシストで男勝りな口調の大人びた声になる。「ぷりゅちゅびよ〜んとうりゅたりほ〜」など意味不明な言葉を使ったり、下ネタダジャレも言う事もたびたびある。一人称は「うらら」または「わたし」。
  • 衣装は以下の通り。ぴりっとQでは、放送する問題が15分版で本放送された当時の衣装で登場する。
    • むしむしQ(第1シリーズ)の衣装:虫をモチーフとした、水玉模様のワンピースと触覚の付いた衣装。
    • あにまるQ(第2シリーズ)の衣装:動物をモチーフとした、ネコ耳としっぽの付いた衣装。
    • むしまるQ(第3シリーズ)の衣装:蜂のようなヘルメットにネクタイとマントを付けた進化版衣装。
    • むしまるQゴールド(第4シリーズ)の衣装:ピンクを基調としたネコ耳とゴーグルが付いた進化版衣装。
むしまるQゴールドでは、三石が演じていた『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎのような性格と声質になっており、セーラームーンの決め台詞をパロディにした台詞を言ったことがある。

クイズ出題キャラクター[編集]

虫キャラは、現代職業。動物キャラは、時代劇風キャラに統一されている(ただし、ダチョウは例外)。なお実際の昆虫は足が6本あるため虫キャラは全て腕が4本あり、足を合わせると6本になる(クモのみ足が8本あるため腕が6本)。
以下の通りキャラクターには名前が存在するが番組内でキャラ名を言う事は少なく、司会のうららも「ちょうさん」「らいおんさん」と紹介するのがほとんどである(モニター表記も同様)。キャラクター名は公式で販売されたVHSの裏面に掲載されている。
各キャラクターごとに、冒頭アニメーション、使用BGMが異なる。
いか・たこ、ねずみは「あにまるQ」では登場せず、「むしまるQ」で初登場した。

男性[編集]

空っ風の獅子太郎
声:佐藤淳
冒頭セリフ 「クイズ探して一人旅、風があっしを呼んでいる…。空っ風の獅子太郎でござんす!」
ライオン旅人股旅姿。一人称は「あっし」。語尾に「〜でござんす」をつけて話す。基本的に冷静で落ち着いた性格だが、解説では興奮することもある。ライオン以外に、トラヒョウなどの肉食動物のクイズを出す。BGMは三味線を使っている。
田鼈氏
声:三浦克也
冒頭セリフ 「お忙しい所ご苦労様です。ああわたくし『たがめ』と申します。では、早速クイズです。」
タガメサラリーマン。冒頭に「たがめ」と書いた名刺を差し出す。一人称は「わたくし」。恥ずかしがり屋。七三分け。非常にモタモタした話し方で、語尾に「〜です」「〜であります」をつけて話す。スーツを着ている。タガメ以外に、マツモムシミズカマキリなどの水生昆虫のクイズを出す。若干ほのぼのとしたBGMが使われている。
木幟屋猿之助
声:古田信幸
冒頭セリフ 客(藤本)「いよっ、待ってました!」客(緒方) 「猿之助、日本一!」 サル「サルのクイズが猿知恵とバカにするなら、あ、やってみれ!」
サル歌舞伎役者。外見はヒヒ。冒頭の客(声優:緒方賢一藤本譲)の声で見得を切る、解説中も見得を切るのを欠かさない。一人称は「ワシ」。サルの仲間のクイズを出す。歌舞伎曲のようなBGM。冒頭BGMはなぜかエレキギターも使用されている。
カブト山
声:山田敦彦(むしむしQ、むしまるQ、むしまるQゴールド、ぴりっとQ)
冒頭セリフ 「どすこいどすこいどすこい! カブト山っす! クイズ一発ぶちかますっす!」
カブトムシ力士横綱。一人称は「ワシ」。語尾に「〜っす」をつけて話す。驚くと手を振り回す癖がある。クイズ出題前に「よいしょ!」と四股を踏む。甲虫の仲間のクイズを出す。相撲風のBGMが使われている。
マウスの神様
声:三石琴乃
冒頭セリフ 家来「マウスの神様おな〜り〜」 マウス「おお、クイズじゃ」
ネズミ殿様。部屋は壁の小さな穴の中に住んでいる。クイズを出題時、「かまわぬ、即答を許すぞ」と言う。一人称は「わし」。語尾に「〜じゃ」をつけて話す。小動物のクイズを出す。殿様をイメージしたBGMが使われている。
まめお君
声:長倉理子(むしむしQ、むしまるQ、ぴりっとQ)→松本さち(むしまるQゴールド、ぴりっとQ)
冒頭セリフ (むしむしQ〜むしまるQ)「まいどー。クイズを届けに参りました。ボクのクイズはとっても美味しいよ!」
(むしまるQゴールド)「まーいどー! アントピザっす! ご注文のクイズ、トッピングスペシャルっす!」
アントピザ宅配便アリ。冒頭に「まいどー」とスクーターに乗りながら、挨拶する。一人称は「ボク」。口癖は、「〜っす」。彼のみクイズ出題時にピザの箱からクイズを出す。アリの仲間に関するクイズを出す。タガメ同様、ほのぼのとしたBGMである。
イカ方の親分ハチ
声(イカ):藤本譲、声(タコ):こおろぎさとみ
冒頭セリフ タコ「大変だい大変だいイカ方親分!」 イカ「なんでぃハチ」 タコ「ク・ク・ク・クイズだぃ!」 イカ「オゥ! 謎解きならオイラ達の出番よっ!」
イカ岡っ引タコ下っ引コンビ。いつも漫才をしており、イカがボケでタコがツッコミ。イカはいつものんびりしており、解説ではとぼけた言動が散見される。タコは親分のそうした言動に対していつも、「このイカ」や「あんた」などとひどく言う毒舌家である。一人称はイカは「ボクちゃん」(冒頭では「オイラ」)、タコは「オイラ」。サンゴカニなどの海の動物や魚類のクイズを出す。他の出題キャラクターと比べBGMがコミカル調。
ジェット君
声:三浦克也
冒頭セリフ 「オッケー、みんな元気かい? ボクのクイズでスーパーファイター!」
トンボ航空機パイロット。冒頭で航空機からスカイダイビングをするが、パラシュートなしで自分の羽で飛んでいる。トンボの目のようなゴーグルをかけている。外国かぶれのナルシスト口調。一人称は「ボク」または「ミー」。トンボの仲間のクイズを出す。外国風のBGMである。
デカ影
声:藤本譲
冒頭セリフ 「デカ影参上。いざ勝負。忍法クイズ恩返し。」
ゾウ忍者。黄色い忍び装束。ネズミよりも足が遅く、いつも屋根に穴をあけてしまう。一人称は「拙者」。語尾に「〜でござる」をつけて話す。解説後のセリフは「本日はこれにて、さらばじゃ!」。ゾウ以外に、キリンなどの草食動物のクイズを出す。忍者に相応しいBGMが使われている。
冒頭BGMは「007シリーズ」に類似したものを使用している。
かん吉
声:こおろぎさとみ
冒頭セリフ おっかさん「あら、どうも〜」 かん吉「あ〜あ…。ねぇねぇオイラ達とクイズして遊ぼ!」
おっかさん(声:三石琴乃)の育児嚢に入った赤ちゃんカンガルー。一人称は「オイラ」。おっかさんが長話の井戸端会議をしている間、クイズで遊ぼうと誘う。カンガルーの仲間等、有袋類に関するクイズを出す。BGMはややおとなしめ。
ペ組のペー太
声:三石琴乃
冒頭セリフ 「ぺいぺいぺいぺい!! どいたどいたどいたぁ!! 火事だいケンカだいお祭りだい!! おおっと! それよりクイズだい!!」
ペンギン火消し屋。せっかちな性格でドタバタ走り出す。江戸っ子口調で話す。「ぺいぺい」が口癖。一人称は「オイラ」。ペンギンの仲間のクイズを出す。江戸っ子風のBGMである。
セーミン
声:三浦克也
冒頭セリフ 「ミミーン、セミーン。わたしのクイズはとても芸術的デース。」
セミ指揮者。「ミミーン、セミーン」が口癖。一人称は「わたし」。語尾に「〜デース」をつけて話す。タキシードを着ている。セミの仲間のクイズを出す。やや静かなBGMである。
のろ足の亀五郎
声:緒方賢一
冒頭セリフ ウサギ「ご・ご・ごめんよ!」 カメ「なんやお急ぎでんなぁ〜。あんなんほっといて、あてらはクイズで一休みしましょっか。」
カメ飛脚。性格は温厚かつ能天気で、いつも冒頭でウサギの飛脚(声:三石琴乃)に追い越される。ダチョウやカマキリ同様、関西弁。一人称は「あて」。カメ以外にも、トカゲカエルなど爬虫類両生類のクイズを出す。性格の通り、のんびりとしたBGMである。
かまやん
声:山田敦彦(むしむしQ)→山中臨在[注釈 6](むしまるQ、むしまるQゴールド(2001年度まで))→鈴村健一(むしまるQゴールド(2002年度以降))
冒頭セリフ 「でやでやでやでやどないちゅうてんねんホンマに〜。ほんならな、わてがクイズ出しまっさかい、きばったりや〜。」
大阪弁カマキリ的屋ナナフシなどの棒型昆虫のクイズを出す。クイズ出題前に、「ほな、いきまっせ〜」と言う。一人称は「わて」。「きばったりや〜」が口癖。性格としゃべり方はナルシストサングラスを掛けている。BGMは関西風。
ザ・クリケッツ
声:ザ・キング・トーンズ(むしむしQ、ぴりっとQ)→森川智之高木渉(むしまるQ、むしまるQゴールド)
  コーラス部分のみ:デューク・エイセス
冒頭セリフ (むしむしQ)「(コーラス後)Thank you! Are you lady? オレ達のクイズにTryしてくれよぅ!」
(むしまるQ以降)「(コーラス後)Thank you! Are you lady? Hey mens! オレ達のクイズはチョットHeabyだゼ!」
コオロギコーラス・グループ。冒頭シーンが最も長い。冒頭でリムジンに乗る。デブ、チビ、ガリ、のっぽの4匹のコオロギであり、チビがリーダー。一人称は「オレ」。四匹が交互に話す。スズムシキリギリスなどのコオロギの仲間のクイズを出す。番組全体を通して登場は非常に少ない。BGMはミュージカル風。

女性[編集]

アゲハちゃん
声:三石琴乃
冒頭セリフ 「本日はご来店まことにありがとうございます。クイズフロアでございます。」
チョウエレベーターガール。一人称は「わたくし」。語尾に「〜でございます」をつけて話す。ピンクの帽子とシャツがトレードマーク。語尾を出すとき、手を曲げてお辞儀するのが癖。解説は基本的におとなしめだが、興奮することもある。チョウの幼虫などに関するクイズを出す。優しげなBGMが使われている。むしまるQゴールドでは彼女に似た女性(羽と触覚がなく手が2本)が登場したことがある。
パイロット版ではギャル(声:岡本かおり)であったがレギュラー化される際にキャラ設定がエレベーターガールに変更され、ギャルはガ(まゆ子ちゃん)に置き換えられた。
ミャーミャーズ
声:三石琴乃、葛城ゆい榊原望
冒頭セリフ 「ミャー! ミャミャー!あたしらのクイズはちょっとムズカしいんじゃにゃーの? そーだわそーだわ!」
名古屋弁主婦3匹のハチ。商店街を高速に移動する。一人称は「あたし」。世間話のように解説する。解説後のセリフは「そーだわそーだわ!!」。ハチの仲間のクイズを出す。むしむしQとそれ以外ではBGMが違う。
ヒポポ玉
声:麻見順子
冒頭セリフ 家来「下ニ~下ニ。」カバ「ふぁ〜。なんじゃ! わらわは姫じゃ。暇じゃ、暇つぶしにクイズじゃ。」
駕篭に乗ったカバ。暇つぶしにクイズを出題する。解説開始時と終了時に「お〜っほっほっほっほ…」と高笑いをする。一人称は「わらわ」。カバの他にシカウシサイバクウマブタなど中~大型の哺乳類のクイズを出す。のんびりとしたイメージの強いBGMが使われている。
オクト婆さん
声: 榊原望
冒頭セリフ 「(呪文を唱えた後)ムム! クイズに答えが溶けたぞ。」
水晶占いをしている占い師のクモ。彼女のみ、解説後は魔法で消えながら怪しく笑う。一人称は「ワシ」。語尾に「〜じゃ」をつけて話す。クモの仲間のクイズを出す。占い師というより、魔術師のイメージのBGMが使われている。
まゆ子ちゃん
声:三石琴乃
冒頭セリフ 「てゆうかてゆうかてゆうか〜 あたしのクイズでノリノリ系ってカンジ〜?」
口調がギャル系の。アゲハちゃんと類似しているが、関係は不明。一人称は「あたし」。ヨナクニサンのクイズを出した、一度のみの登場。ギャル系なのでBGMもギャル系である。
ひかるちゃん
声:岡本かおり(パイロット版)→小川範子(むしむしQ以降)
冒頭セリフ (むしむしQ)「ねぇねぇ、知ってる?! 知ってる?! あたしのクイズはピッカリピ〜よ!」
(むしまるQ、むしまるQゴールド)「なんだかさみしい放課後は、あたしのクイズでピッカリピ〜よ!」
優等生タイプの女子高生ホタル。放課後はいつも居残り。一人称は「あたし」。「ピッカリピ〜よ」が口癖。セーラー服眼鏡を掛けている。ホタルの仲間のクイズを出す。チョウのBGMを、学校のチャイムで演奏したBGMを使用している。女性キャラで唯一冒頭セリフが変更されている。
アンドレア・オーストリッチ
声:葛城ゆい
冒頭セリフ 「クェ〜クェクェクェクェ〜。ワタシオモシロイクイズギョウサンギョウサンシッテマンネーン、チョットドウデッカー?」
ダチョウ貿易商。動物キャラの中では唯一時代劇の役回りではない。冒頭でトイレから出て来る。口調は若干間延びした関西弁で、語尾に「〜でオマース」をつけて話す。「クェクェ〜」が口癖。一人称は「ワタシ」。鳥類コウモリのクイズを出す。関西弁だが、なぜかBGMでは銅鑼(どら)が使われている。

その他[編集]

Dr.ゾー
声:三石琴乃
「むしまるQゴールド」のミニコーナー「Dr.ゾー」に登場する悪の支配者。世界征服を目指している。語尾に「〜でちゅ」を付けて話す。
ドラキュラ
声:三浦克也
「むしむしQ」初期に放送した歌コーナー「ソウルバンパイヤ」のMC。登場したのは6回のみ。

番組デザイン[編集]

番組のスタジオ[編集]

  • むしむしQ:宇宙空間から飛んできた虫の中にあるスタジアム
  • あにまるQ:旅館ロビー
  • むしまるQ:UFOの内部。背景にたくさんの星が回る。虫クイズと動物クイズで背景の色が変わる。
  • むしまるQゴールド:背景に20個の●で構成されたスタジオ。テレビのアンテナが回る。
  • ぴりっとQ:水中海藻クリオネがいる。

選択肢のデザイン[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

1番は、2番は、3番は

  • むしむしQ:虫眼鏡をモチーフにしている。
  • あにまるQ:双眼鏡をモチーフにしている。
  • むしまるQ:目と足が4本のテレビ型のモニター。
  • むしまるQゴールド:四角い波線で選択肢の数字の周りが楕円形。

正解発表のアニメーション[編集]

  • むしむしQ:背景色が高速に変わり、幾何学的記号が左から右へと移動する。数字の色は赤。
  • あにまるQ:動物キャラが高速に変わる。また、正解の数字が出てくる時、文字が立体になる。
  • むしまるQ:選択肢の色が色し、正解の数字が出てくる時、背景はその文字の色になる。数字の色は黄色。
  • むしまるQゴールド:選択肢の色が交互に変わる。正解の数字が出てくる時、背景はその文字の色になる。
  • ぴりっとQ:数字が変化する。正解の数字になる時、背景はその文字の色になる(1番は昆虫、2番は葉っぱ、3番は音符)。数字の色は黄色。

クイズ背景[編集]

  • パイロット版:黄土色の渦巻き。
  • むしむしQ:コルク模様に「むしむしQ」と彫ってある。
  • あにまるQ:薄緑色に動物の足跡。
  • むしまるQ:土星に足が生えた生き物が並んでいる。
  • むしまるQゴールド:黄色い●が並んでいる。

番組で放送された楽曲一覧[編集]

3問目と4問目の間に放送される。番組中に流された楽曲は約70曲。初期は幼児向けを意識したものが多かったが、ザ・ビートルズザ・ビーチ・ボーイズサンタナなどかつての人気アーティストのパロディや、フュージョン系やクラシックなど凝ったアレンジが施された曲が次第に聴かれるようになった。歌手も有名アーティストを中心とした人物が多い。

楽曲は全てCD化がされている[注釈 7]一方、ビデオクリップはVHS・DVDが販売されているものの全楽曲の収録は2018年現在も行われていない。

むしむしQ(第1シリーズ)[編集]

曲名 歌手 作詞 作曲・編曲 備考
イモムシロック 桑田靖子 里乃塚玲央 つのごうじ
ケンカだ ケンカだ チャイルド・ビート
VIVA KATATSUMURI 北川浩
カマキリのかあちゃん 日出郎
カラオケ・オケラのカラオケラ 三石琴乃 曲中の掛け声は『電線音頭』の掛け声と思われる[要出典]
まったく、まったく、まったクモー 富沢美智恵
ダンゴ・ダンゴムシ 石塚英彦ホンジャマカ CDでは「ダンゴ・ダンゴムシは考えた」と表記。

黒猫のタンゴ』をアレンジしていると思われる[要出典]

フン・フン・フンコロガシ 水木一郎
  • 「イモムシロック」「ケンカだ ケンカだ」「VIVA KATATSUMURI」は「ソウルバンパイヤ[注釈 8]」内で紹介された。そのため、ビデオクリップにはドラキュラ達が映る。
  • 番組のテーマソングである「はてなのはね」はCDに収録されたが、番組内で放送されたことは一度もないため載せていない。
  • このシリーズのみ楽曲は2回交代制であり、出題キャラが違う2パターンがそれぞれ存在した[注釈 9]

あにまるQ(第2シリーズ)[編集]

曲名 歌手 作詞 作曲・編曲 備考
ウシのいぶくろ 団しん也 里乃塚玲央 つのごうじ
あいつのなまえはナマケモノ こおろぎさとみ 里乃塚玲央 つのごうじ
クロック・ロックにわとりじゃん 山根麻衣 森由里子 小杉保夫 Suzi Quatroの『Devil Gate Drive』をアレンジしていると思われる[要出典]
ニッポンのたぬき 知久寿焼(元たま 斎藤久美子 濱田理恵
とべとべコウモリ 石原慎一

〈語り〉三浦克也

日暮真三 堀井勝美
イカスミダ・タコスミダ 影山ヒロノブ(JAM PROJECT) 里乃塚玲央 つのごうじ 日韓ワールドカップを暗喩していると思われる[要出典]
ラッコのひみつ ウガンダ・トラ 北吉洋一 中村誠一
アリとアリクイ 水木一郎・橋本潮 里乃塚玲央 つのごうじ
ただしいこぶた 坂田おさむ 斎藤久美子 赤坂東児

むしまるQ(第3シリーズ)[編集]

曲名 歌手 作詞 作曲・編曲 備考
はてなのはね 影山ヒロノブJAM PROJECT 里乃塚玲央 つのごうじ 上記の通りむしむしQのテーマソングだが、「むしまるQ」で初めて放送された。
キリンのキリコはねむれない 塙一郎 亜蘭知子 西原俊次 The Tokensの『The Lion Sleeps Tonight』をアレンジしていると思われる[要出典]
カブトムシは840えん 三石琴乃

堀江真知子

里乃塚玲央 堀井勝美 三石琴乃が番組内で担当しているキャラクターが台詞付きで登場する。
ヘビメタ・スネーク KWEEN 箱石桂子 西原俊次 間奏のギター・リフはQueenの『The Prophet's Song』。
ライオンのドンファン 石原慎一

二又一成

日暮真三 堀井勝美 放送では2番を使用。
あいのうんち keith R. Haines 暖簾屋丈 堀井勝美 スタイリスティックスの『愛がすべて』をアレンジしている。
おしえてティラノサウルス 塙一郎

CIAO

亜蘭知子 西原俊次 T・レックスの『The Groover』、及びベイ・シティ・ローラーズの『サタデー・ナイト』をアレンジしていると思われる[要出典]
チョウの来た道 堀江美都子 里乃塚玲央 佐橋俊彦 冨田勲の『交響詩ジャングル大帝』をアレンジしていると思われる[要出典]

放送では2番を使用。歌詞テロップあり。

ハチのひとこと 宮内タカユキ

〈ハチ〉宮内真友

里乃塚玲央 佐橋俊彦 間奏に『熊蜂の飛行』の一節が使用されている。
サナギのきもち 田中真弓

〈お囃子〉SANAGI オールスターズ

里乃塚玲央 小杉保夫

むしまるQゴールド(第4シリーズ)[編集]

曲名 歌手 作詞 作曲・編曲 備考
すてきなきみ 細川俊之

うらら(三石琴乃)

里乃塚玲央

暖簾屋丈

堀井勝美 むしまるQゴールドのテーマソング。
ピーター・プランクトン GENKI 里乃塚玲央 堀井勝美

鳴瀬喜博(編曲のみ)

ピーター・フランプトンの『show me the way』をアレンジしている。
じいちゃんは、ホタルになった。 速水けんたろう 里乃塚玲央 堀井勝美 歌詞テロップあり。
チョー(E)! 飯島譲治

木田達実

桑原永江 西原俊次 ビートルズの『シー・ラヴズ・ユー』をアレンジしている。
音源はモノラル音源である。

歓声があるバージョンと無いバージョンが存在する。

フクロウはしっている おおたか静流 里乃塚玲央 堀井勝美 歌詞テロップあり。
恋してウミガメ 川村万梨阿 桑原永江 堀井勝美 ザ・リガニーズの『海は恋してる』をアレンジしていると思われる[要出典]
カエルのへそのお MISUMI 里乃塚玲央 堀井勝美 ソニー・ロリンズの『Alfie's Theme』をアレンジしている。
哀愁のヨーロッパ・バイソンやねん 影山ヒロノブ(JAM PROJECT)

〈ギターソロ〉江口・ヨンタナ・正祥

桑原永江 西原俊次 カルロス・サンタナの『哀愁のヨーロッパ』をアレンジしている。
サバク・サバイバル

〜人類ラクダ化計画〜

ブッチャー・浅野

〈語り〉三浦克也

桑原永江 堀井勝美
いのちのかね 金子マリ、おおたか静流、GENKI野村義男 里乃塚玲央 堀井勝美 歌詞テロップあり。
サーモンU.S.A 杉山清貴

〈コーラス〉リーチ・ボーイズ

亜蘭知子 西原俊次 ザ・ビーチ・ボーイズの『サーフィン・U.S.A.』をアレンジしている。
カニクイザルのゆううつ 蓮見浩二

飯島譲二

〈コーラス〉ナシゴレンジャーズ

里乃塚玲央 西原俊次 ビートルズの『愛こそはすべて』をアレンジしている。
なお、イントロはインドネシアの国歌である。
カンガルー・ジャンプ 小林優美 桑原永江 大森俊之 ジャミロクワイの『Canned Heat』をアレンジしている。
カレイなるヒラメ 松尾貴史 里乃塚玲央 鳴瀬喜博 ベースのリフはスタンリー・クラークの「スクール・デイズ」がモチーフと思われる[要出典]
だいQ〜ハラ、イッパイ、ヘッタ〜 東京珍獣合唱隊(東京ホームコーラス 里乃塚玲央 堀井勝美 ベートーヴェン交響曲第9番をアレンジしている。
シロクロつけてくだサイ 高橋洋子 暖簾屋丈 大森俊之 Basiaの『Drunk On Love』と『Time and Tide』をアレンジしていると思われる[要出典]
へ、へ、へ、へっぴりむし パトリック・ヌジェ

川村万梨阿

里乃塚玲央 大森俊之
ぞうがめ GENKI 木本慶子 難波弘之
かなしきサラブレッド 長谷川きよし 里乃塚玲央 堀井勝美
ロバにのっていこう アリシオン外山亜里奈鈴木詩織 里乃塚玲央 大森俊之
ボス豚(とん) 鈴木トオル

〈ギター・オーケストレーション〉江口・ヨンタナ・正祥

亜蘭知子 西原俊次 ボストンの『Don't Look Back』をアレンジしている。
スワローアゲイン(夏が来る) 本田義博 暖簾屋丈 堀井勝美 ギルバート・オサリバンの『Alone Again』をアレンジしている。
ミ・ツ・バ・チャ・い・た・い 影山ヒロノブ(JAM PROJECT) 里乃塚玲央 小杉保夫 ポリスの『Every Breath You Take』(邦題:『見つめていたい』)をアレンジしている。
じみへん 中村裕介

〈ギター〉江口・ヨンタナ・正祥

亜蘭知子 西原俊次 ジミ・ヘンドリックスの『Purple Haze』と『Spanish Castle Magic』をアレンジしている。
カキはえいゆう GENKI 里乃塚玲央 堀井勝美 トム・ジョーンズの『よくあることさ』をアレンジしている。
トゲナナフシかげきだん 日向薫

堀江美都子

里乃塚玲央 堀井勝美 宝塚歌劇団をイメージしていると思われる[要出典]
ナメク☆ジノバネリ

〜NEVER LOSER〜

中西保志 平方宏明 大森俊之 ジノ・ヴァネリの『Appaloosa』をアレンジしている。
クロハゲワシのワケ おおたか静流 里乃塚玲央 堀井勝美
ミドリガメのうた イサム&ヨーコ・フロリダ'66

石塚勇高橋洋子

平方宏明 大森俊之 セルジオ・メンデスの『Sergio Mendes & Brasil 66』から『Mas Que Nada』(マシュ・ケ・ナダ)アレンジ。

歌手名もアルバムタイトルから。歌詞テロップあり。

みずのなかのちいさなクマ はっぴいENDO 平方宏明 大森俊之 はっぴいえんど「風をあつめて」をモチーフにしていると思われる[要出典]
あうんのドッグ 岩本恭生 亜蘭知子 西原俊次 エルヴィス・プレスリーの『ハウンド・ドッグ』をアレンジしている。
もえよ!クチバシ

〜カモノハシへのみち〜

オージー・ケン・ジュエル

馬場健二郎

亜蘭知子 西原俊次 ビリー・ジョエルの『The Stranger』をアレンジしている。
ハムスターのひげき[注釈 12] 千葉繁&ハムスターズ 里乃塚玲央 堀井勝美 バグルスの『ラジオ・スターの悲劇』をアレンジしている。
ホタル・カリフォルニア 生沢佑一&シーガルズ

〈ギター〉江口・ヨンタナ・正祥

亜蘭知子 西原俊次 イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』をアレンジしている。
ウーパークィーンのきゅうでん 阪口あやや(阪口あや 平方宏明 大森俊之 キング・クリムゾンの『太陽と戦慄パートⅡ』をアレンジしている。
マッコウクジラはせんすいキング KATSUMI

〈演奏〉江口・ヨンタナ・正祥&はい!万平連欧州旅行です。

亜蘭知子 西原俊次 ジャーニーの『Separate Ways』、ヨーロッパ の『The Final Countdown』、イエスの『Owner Of A Lonely Heart』、ヴァン・ヘイレンの『Jump』をアレンジしている。
ドシラの歌 堀江美都子

オカンズ

里乃塚玲央

ペギー葉山

大森俊之

R.ロジャーズ

小森昭宏

サウンド・オブ・ミュージック』より「ドレミの歌」をアレンジしている。
キミチーター

(ぼくらはヒョウ)

川村万梨阿 里乃塚玲央 堀井勝美 ABBAの『Chiquitita』をアレンジしている。
ち・ぶ・さ MISUMI 里乃塚玲央 堀井勝美
大脱皮のテーマ なるちょ(鳴瀬喜博)

東京珍獣合唱隊(東京ホームコーラス)

里乃塚玲央 堀井勝美 映画「大脱走」のメインテーマ『大脱走マーチ』をモチーフにしていると思われる[要出典]
  • 洋楽のパロディやアレンジが「むしまるQ」までより一層強調されているのが特徴である。
  • それまでほぼ全楽曲のビデオクリップに存在した実写映像が次第に使用されなくなった。
  • 「すてきなきみ」は第3回放送のエンディングとして放送されたが、再放送では「チョー(E)!」に差し替えられた。その後は主に「ぴりっとQ」で放送された。
  • 2000年度に放送が予定されていた、アンディ・フグ河豚をかけた楽曲「Fighter the FUGU(歌 水木一郎)」が急遽お蔵入りとなってしまった。原因はアンディ・フグが2000年8月24日に急逝したためである。「Fighter the FUGU」は結局放送されることもなく、番組自体も2004年に放送終了を迎えてしまったが、8年後に『みんなのうた』で放送された「なんのこれしき ふろしきマン」のCDにB面として初収録がされた。

スペシャル版[編集]

  • あにまるQスペシャル
    1997年1月1日-1月3日 8:45 - 9:07
  • むしまるQデラックス
    1997年12月31日 8:20 - 9:00

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

ビデオ[編集]

むしむしQ[編集]

  • 1,ごりっぱびしばし編
  • 2,ぴろりん・ばけばけ編
  • 3,ばくばく・うるうる編

あにまるQ[編集]

  • 1,うまれるよ きびしいね編
  • 2,どんなもんだい・なにしてるの?編
  • 3,なんてなまえ・こんなことするよ編

その他[編集]

  • むしまるQ ソングコレクション

DVD[編集]

むしまるQ ソングコレクション(2006/11/22発売)コロムビアミュージックエンタテインメントCOBC-4595

CD[編集]

むしむしQ[編集]

  • むしむしQ(1995/12/21発売)

あにまるQ[編集]

  • あにまるQ(1997/1/21発売)

むしまるQ[編集]

  • むしまるQ 〜ただしいこぶた〜(1997/5/31発売)
  • むしまるQ 〜カブト虫は840円〜(1998/4/21発売)

むしまるQゴールド[編集]

  • むしまるQゴールド 〜いのちのかね〜(2000/4/21発売)
  • むしまるQゴールド 〜だいQ ハライッパイ、ヘッタ〜(2001/4/21発売)
  • むしまるQゴールド 〜スワローアゲイン(夏が来る)〜(2001/10/20発売)
  • むしまるQゴールド 〜水の中の小さなクマ〜(2002/4/20発売)
  • むしまるQゴールド 歌のアルバム大全集 〜すてきなきみ〜(2002/6/21発売)
  • むしまるQゴールド 〜ホタル・カリフォルニア〜(2003/4/23発売)
  • むしまるQゴールド 大集合!〜大脱皮のテーマ〜(2004/4/21発売)

その他[編集]

  • なんでもQ 歌のアルバム大全集〜はてなのはね〜(2000/6/21発売)

[編集]

  • むしむしQちょう
  • むしむしQかぶとむし
  • むしむしQトンボ
  • むしむしQカマキリ
  • むしむしQくも

CD-ROM[編集]

  • むしむしQ
  • あにまるQ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 5月5日8月16日8月17日8月18日11月3日12月30日
  2. ^ 出題数は回によって異なっていた。
  3. ^ 第1作『007 ドクター・ノオ』、第3作『007 ゴールドフィンガー』、第9作『007 黄金銃を持つ男』。恐らくゴールドつながりと思われる。
  4. ^ むしむしQでは一部の問題が2択の時もあった
  5. ^ むしむしQ初期の頃は5問
  6. ^ 山中臨在は現在、日本バプテスト浦和キリスト教会日本バプテスト連盟)の牧師である。
  7. ^ 楽曲の大半が70年代から80年代のパロディであるのに対し、当時同様に曲を製作していた『ハッチポッチステーション』『天才てれびくん』で発生した権利者の申し立てによるCDの未収録作品が無いのも特徴の一つである。
  8. ^ 初期の歌のコーナー。
  9. ^ 放送回数と楽曲数が異なるのはこのためである。
  10. ^ 「カラオケ・オケラのカラオケラ」「とべとべコウモリ」「キリンのキリコはねむれない」などが該当。
  11. ^ ただし「むしむしQ」「あにまるQ」のVHS、CD-ROMは既に販売済みのため、修正前の映像が収録されている。
  12. ^ 別名:ハムスターったらハムスター

出典[編集]

NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 土曜枠(1995年度 - 2003年度、ここから9:00枠)
※2004年度も金曜9:15枠を本放送として放送
前番組 番組名 次番組
なんでもQ