ばくさんのかばん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ばくさんのかばん
ジャンル 教育番組
脚本 響まゆ
朝比奈尚行
出演者 熊倉一雄
ナレーター 丸山裕子(ビーバーの声)
オープニングばくさんのかばん
製作
制作 日本放送協会
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
土曜時代
放送期間 1980年4月12日 - 1985年3月16日
放送時間 土曜 10:30 - 10:45
放送枠 幼稚園・保育所の時間
放送分 15分
金曜時代
放送期間 1985年4月12日 - 1987年3月20日
放送時間 金曜 10:30 - 10:45
放送枠 幼稚園・保育所の時間
放送分 15分

ばくさんのかばん』は、1980年4月12日から1987年3月20日までNHK教育テレビの『幼稚園・保育所の時間』枠で放送されていた教育番組である。

概要[編集]

幼児に「ことばと数」の概念を把握させることを目的にした番組で、視聴者の成長・発達に合わせた年間計画を組んでいた[1]

番組は、ばくさん(演:熊倉一雄)が持つ魔法のかばんを中心に話を展開していた。このかばんの中には様々な道具が詰まっており、ばくさんは画面中央の滑り台から滑って登場する仕掛けとなっていた。ばくさんは「ばーくばくばくばくばくー」と言いながらそれらを取り出していた。また、ばくさんよりも背の高い巨大なビーバー(声:丸山裕子)も登場し、ばくさんと様々な掛け合いをしていた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時、別の時間帯での再放送あり。

  • 土曜 10:30 - 10:45 (1980年4月12日 - 1985年3月16日)
  • 金曜 10:30 - 10:45 (1985年4月12日 - 1987年3月20日)

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • ばくさんのかばん(作曲:宮崎尚志、唄:天地総子、演奏:新室内楽協会) - 天地によるスキャットで構成されている曲。曲の始まりと終わりには、複数の子供たちによる「ばくさーん」の掛け声とタイトルコールが入っていた。

関連書籍[編集]

  • NHKファミリア(出版社:NHKサービスセンター集英社
    • 17 ばくさんのかばん あいうえお(1981年3月、指導:村石昭三、絵:木住野利明、監修:NHK
    • 18 ばくさんのかばん 1・2・3 (1981年3月、指導:松原達哉、絵:高羽賢一、監修:NHK)
  • おはようテレビえほん(出版社:講談社
    • NHKテレビ ばくさんのかばん 1 ばくさんのかばんりょこう(1985年4月、ISBN 4-06-174768-1
    • NHKテレビ ばくさんのかばん 2 ばくさんとちえあそび(1985年5月、ISBN 4-06-174770-3
    • NHKテレビ ばくさんのかばん 3 ばくさんときょうりゅうタマゴン(1985年6月、ISBN 4-06-174772-X
    • NHKテレビ ばくさんのかばん 4 ばくさんのそらとぶじゅうたん(1986年4月、ISBN 4-06-174781-9
    • NHKテレビ ばくさんのかばん 5 ばくさんのケーキのおしろだいぼうけん(1986年5月、ISBN 4-06-174783-5

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK教育テレビ 土曜10:30枠
前番組 番組名 次番組
びっくりばこドン
(1972年4月8日 - 1980年3月15日)
ばくさんのかばん
(1980年4月12日 - 1985年3月16日)
みてごらん
(1985年4月13日 - 1987年3月14日)
NHK教育テレビ 金曜10:30枠
みんなのせかい
(1972年4月14日 - 1985年3月15日)
ばくさんのかばん
(1985年4月12日 - 1987年3月20日)
みてごらん
(1987年4月3日 - 1988年3月18日)