宮崎尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎 尚志
生誕 1934年8月4日
出身地 日本の旗 日本,東京府
死没 (2003-05-02) 2003年5月2日(68歳没)
学歴 立教大学文学部英米文学科
職業 作曲家
事務所 有限会社宮崎音楽事務所
(1987年 - 2003年)
公式サイト NAOSHISM〜宮崎尚志の世界

宮崎 尚志(みやざき なおし、1934年8月4日 - 2003年5月2日)は、日本作曲家東京府出身。多摩美術大学客員教授。

概要[編集]

映画、ドラマ、CMなどの音楽や、歌謡曲校歌社歌聖歌など幅広いジャンルの作曲、編曲を手掛けた。生涯に作曲した作品は1万曲を超えており、1日に60曲以上作ったこともあった[1]という。大林宣彦監督の映画に自主制作時代から携わり続けたことや、広島東洋カープ応援歌「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」(作詞・有馬三恵子)を作曲したことで知られる。CM音楽の分野においては、コカ・コーラの初代CMソングなど、作曲した曲がたびたびACC・CMフェスティバルの受賞対象となった。2006年に放映されたコカ・コーラTVCMにも、40年以上前に宮崎が作曲したメロディが使われている。

妻はNHKおかあさんといっしょ』の2代目うたのおねえさん中野慶子。子にはミュージシャンの宮崎道宮崎歩らがいる。また、俳優の志尊淳は孫にあたる。

来歴[編集]

牧師の家に生まれ、5歳の時(1939年)よりピアノを習い始める。自身も牧師となるべく立教大学文学部へ進学するが、家計を支えるために音楽演奏の仕事を始め、島岡譲らに師事する。1957年、大学を卒業。1958年から作曲家としての活動を開始し、放送番組、CM等の音楽を手掛ける。1969年、多摩美術大学の非常勤講師となり、1989年には客員教授に就任する。2003年、肺がんのため68歳で死去した。

主な作品[編集]

ごく一部のみを列挙する。

映画[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1967年にキングレコードからレコード発売されている。

出典[編集]

  1. ^ 『読売新聞』東京朝刊 2003年6月8日 36面

外部リンク[編集]