彼のオートバイ、彼女の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彼のオートバイ、彼女の島』(かれのオートバイ、かのじょのしま)は、片岡義男の小説、またそれを原作にした大林宣彦監督の日本の映画。

音楽大学に通い、オートバイ(カワサキ650RS-W3)に乗り、アルバイトでプレスライダーをしている主人公と、瀬戸内海の離島出身の女性が、初夏の信州で知り合い、展開していく物語。

概要[編集]

片岡義男の長編恋愛小説であり、角川書店の文芸雑誌『野性時代1977年1月号に発表され、1977年8月に角川書店から単行本として出版された。のち、1980年5月に角川文庫に収録された。単行本のカヴァーには、作者自身がつけた「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ」という、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩の一節をもじったコピーがつけられていた。その後「時には星の下で眠る」「幸せは白いTシャツ」などの一連のオートバイが登場する小説が続いた。主人公のコオこと橋本功とミーヨこと白石美代子の恋愛を、もうひとつの主人公ともいうべきオートバイとともに生き生きと描いた作品。「同時代のライダーのバイブル的地位を占めた」という見方がある[1][要出典]

夏になるとオートバイに乗って日本じゅうを旅してまわる若いひとりの女性が、自分にとっての夏というものを彼女なりの言葉で語ってくれたのをぼくがひとことに要約すると、このような文句になったのだ。青年の一人称による、少し長めのストーリーは、じつはこの時始まったのだ。前の年の夏と今年の夏と、寸分たがわないふたつの夏の間にいまの自分がいる、というテーマもこの時の彼女がくれた。タイトルは「彼女のオートバイ、彼の島」だったのだが、書きおわってから主人公の性をいれかえ、「彼のオートバイ、彼女の島」となった。だから、本当は、彼も彼女も同一人物なのだ。 --「彼のオートバイ、彼女の島」映画パンフレットより1986年角川書店

彼と彼女が抽象的に完璧に対等である、ということを読んでほしい。この長編を書くために、僕はW1を二台、そしてW3を一台、買った。 --片岡義男本人による角川文庫作品解説」『月刊カドカワ1990年4月号、角川書店

書誌情報[編集]

関連作品[編集]

  • 彼のオートバイ、彼女の島 2 1986年、角川文庫、ISBN 4-041-37150-3
    • 原作が映画化されたと想定し、作者自らがそれを観客の立場で描写するという実験的な試みとして書かれた小説。原作とも実際に映画化されたストーリーとも異なる作品に仕上がっている。

映画[編集]

彼のオートバイ、彼女の島
監督 大林宣彦
脚本 関本郁夫
原作 片岡義男
製作 角川春樹
出演者 原田貴和子
渡辺典子
竹内力
音楽 宮崎尚志
石川光(音楽プロデューサー)
主題歌 原田貴和子
「彼のオートバイ、彼女の島」
撮影 阪本善尚
編集 大林宣彦
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開 日本の旗 1986年4月26日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億5000万円[2]
テンプレートを表示

1986年4月26日に公開された。併映は角川春樹監督の『キャバレー』。映画監督の大林宣彦が、原田貴和子をヒロインに起用してメガフォンを取った作品である[3][4]。「彼女の島」は瀬戸内の島(原作では岡山県笠岡市白石島となっているが、映画では広島県岩子島でロケを行っている[5])という設定になっており、ある意味で大林監督の「尾道映画」とも近い位置づけといえる。

また、コオがフェリーに乗って瀬戸内の島に上陸する場面であるが、フェリーは生口島(広島県尾道市瀬戸田町五本松)と伯方島(愛媛県今治市伯方町北浦)を結ぶ航路で撮影された。オートバイで港に上陸するのは北浦港での撮影であり、実際の映画撮影は個別の島に固定せず撮影場所を選んだようである。

本作がデビューとなる竹内力は映画初主演[6]。それまで大阪で三和銀行の社員をしていたが、役者になりたいと一念発起してオートバイで東京に出て来た[7]。この話をオーディションで聞いた大林が竹内をすっかり気に入って「この映画に出るのはキミの運命だ」と主役に抜擢した[4][7]

シナリオは概ね原作に準拠したものであるが、二人の幸福な未来を予見させる原作とは大きく異るバッドエンドとなっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

「彼のオートバイ、彼女の島」
歌:原田貴和子 / 作詞:阿久悠 / 作曲:佐藤隆 / 編曲:清水信之

挿入歌[編集]

「題名のないバラード」
歌:原田貴和子 / 作詞:阿久悠 / 作曲:佐藤隆 / 編曲:清水信之

製作[編集]

編集[編集]

最初は105分の映画だったが、併映の角川春樹監督作品『キャバレー』も長くなったため「大林さんの方を15分切れませんか」といわれ、大林の方がベテランであるため承知し、大林自身が一番いいシーンと思っていた箇所を切った[8]

音楽[編集]

同作品の冒頭から5分程経過したあたりで、レコードがかかっているシーンと共に流れる音楽は、ショパンの「エオリアン・ハープ」である。

受賞[編集]

  • 第12回大阪映画祭最優秀主演女優賞(原田貴和子)
  • 第8回ヨコハマ映画祭助演女優賞(渡辺典子)
  • 第8回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(原田貴和子)

影響[編集]

原田貴和子は劇中でヌードを披露している[4]。撮影場所は群馬県にある法師温泉[5]の長寿館の浴室である。このヌードシーンに角川春樹事務所のスタッフが誰一人同行せず[9]。素人同然の若い女性がヌードシーンを要求されるという日に、スタッフが誰も顔を見せない事態に不信感を募らせた原田は、1986年10月31日付けで角川春樹事務所から独立した[9]。この影響で原田知世渡辺典子と相次いで所属女優が独立し、角川事務所の影響力は一挙に低下した[9]

その他[編集]

1978年に、片岡義男監修による「W1 Touring ~風を切り裂きバイクは走る~」というLPレコード日本コロムビアから発売された。「走行中にライダーが感じる音をそのまま再現する」というコンセプトのもとに制作され、走行音以外の余計な音や解説などは一切収録されていない。録音は西伊豆の海岸道路と日光いろは坂で行われ、音源には片岡の所有する2台のW1SAと1台のW3が使用された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 今も通じる”モーターサイクルと恋のバイブル”『彼のオートバイ、彼女の島』彼女の島ミーティング、いよいよです。
  2. ^ 中川右介「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、283頁。ISBN 4-047-31905-8
  3. ^ 彼のオートバイ、彼女の島 : 角川映画
  4. ^ a b c 彼のオートバイ、彼女の島 WOWOWオンライン
  5. ^ a b 『大林宣彦のa movie book尾道 新版』たちばな出版、2001年、153頁。ISBN 4-8133-1380-9
  6. ^ 【不朽の名作】デビュー作! あの竹内力のさわやかな演技に注目「彼のオートバイ、彼女の島」
  7. ^ a b 第1回 - 東京国際映画祭 森岡道夫さんロングインタビュー 第1回
  8. ^ 大林宣彦・中川右介『大林宣彦の体験的仕事論 人生を豊かに生き抜くための哲学と技術』PHP研究所、2015年、143-144頁。ISBN 978-4-569-82593-9
  9. ^ a b c 「NEWS最新版 原田知世、貴和子、渡辺典子が角川事務所からとつじょ独立! 彼女たちに何が起こったのか、そしてその気になる今後は?」『週刊明星』、集英社、1986年12月4日号、 37頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]