栩野幸知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

栩野 幸知(とちの ゆきとも、1952年5月28日 - )は、日本の俳優であり、劇用刺青師、ガンエフェクトコーディネーター。広島県呉市出身。

経歴[ソースを編集]

  • 大学在学中に映画『仁義なき戦い・頂上作戦』で俳優デビュー
  • 俳優活動中に大林宣彦との出逢いがきっかけとなり、俳優業と並行して映画スタッフとしての活動を始める。ステージガンを作り、銃器の火薬効果を仕掛け、劇用刺青を書き、月日がたつにつれて、それらの仕事の腕のよさが評判となり、俳優業以上に高評価されることになった。
  • 現在も俳優業を続けているが、俳優以上にガンエフェクトコーディネーター・劇用刺青師としての評価は高く、自身が俳優として出演している作品に関与することが頻繁にある。
  • 日本タレント名鑑』ではなぜかすっとんきょうな表情が顔写真で掲載されている。

参加作品[ソースを編集]

俳優[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

雪山でのロケに対応して、電着発火+電動排夾のプロップマシンガンを作った。

外部リンク[ソースを編集]