ゼイラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼイラム
監督 雨宮慶太
脚本 雨宮慶太、松本肇
原作 松本肇
出演者 森山祐子
螢雪次朗
井田州彦
吉田瑞穂
音楽 太田浩一
撮影 本所寛
公開 1991年12月21日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ゼイラム2
テンプレートを表示

ゼイラム』は1991年12月21日に公開された日本の映画作品。上映時間97分。

概要[編集]

雨宮慶太原作・監督の初劇場公開作品。雨宮は元々オリジナルビデオ作品『未来忍者 慶雲機忍外伝』(1988年)の続編を企画しようとしていたが実現せず、3000万円ぐらいの低予算の中で出来る作品を再考し、本作の製作に至った[1]

ヒロイン・イリアは、男ばかりで色気がないからという理由で登場することとなったもので、雨宮自身は「俗っぽい発想」と称している[1]

あらすじ[編集]

異星人の賞金稼ぎイリアは、逃走した太古の生物兵器"ゼイラム"を捕獲するため、地球上に制限時間付きの無人密閉空間「ゾーン」を作る。ところが些細な偶然から、二人の地球人がそこに入り込んでしまう。ゾーンは制限時間を迎えると、空間の中身ごと消滅する。足手まといの彼らを守りながら敢行されるイリアの"ゼイラム"捕獲作戦とゾーンからの脱出は成功するのか。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

映像ソフト[編集]

派生作品[編集]

  • 1994年に、同作をアニメーション化したOVA作品『I・Я・I・A ZЁIЯAM THE ANIMATION』が発売され、続編である『ゼイラム2』が劇場公開されている。
  • 2007年7月には、カプセル兵団により舞台化(脚本・演出:吉久直志)、東京・笹塚ファクトリーにて5日間7ステージ上演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石井博士ほか 「特撮監督インタビュー - 雨宮慶太」『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、328 - 330頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]