バラエティ (日本の雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バラエティ
ジャンル 映画・サブカルチャー
刊行頻度 月刊(毎月21日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 390円
出版社 角川書店
刊行期間 1977年10月号 - 1986年6月号

バラエティ』は角川書店から1977年から1986年まで刊行された月刊雑誌である。映画、文芸、マンガ、音楽等に関する記事が多かった。

概要[編集]

創刊されたのは角川書店が映画製作に乗り出して間もない頃であり、実際、角川映画に関する記事が誌面を占める割合は高かったが、角川以外の邦画に関する記事も充実していた[1]。角川映画の宣伝雑誌の側面もあったが、角川映画に対する批判も隠されることなく掲載されていた[2]

角川春樹事務所に所属する薬師丸ひろ子原田知世渡辺典子のファン・マガジンとしての役割も果たしていた[3]。マスコミへの露出を抑えていた3人の近況を伝える唯一の雑誌だった[4]。同年齢の薬師丸・杉田かおる荻野目慶子の3人の対談が掲載されることもあった[4]

マンガに関する記事も充実していて、いしいひさいちいしかわじゅん等のマンガ作品が掲載されていたばかりでなく、大友克洋吾妻ひでお等によるユニークな連載(マンガ作品にあらず)もあった。「綺譚社」社長もつとめていた、フリー編集者の秋山協一郎(高野文子の夫でもある。)が編集を担当していた時期もある。

主な連載[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中川 & 2014honto, 26%.
  2. ^ 40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(後編)”. シネマズ. 松竹 (2016年7月30日). 2016年8月28日閲覧。 “当時発行されていた角川映画の宣伝雑誌「バラエティ」では、角川映画批判を口にする映画人の発言を隠すこともしませんでした”
  3. ^ 【ああ懐かしの雑誌黄金時代】「バラエティ」 時間と予算ふんだんで記憶にのみ残る番組生まれる - 芸能 - ZAKZAK”. 夕刊フジ (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。 “薬師丸ひろ子や原田知世ら角川映画でスターになっていった女優たちのファンマガジンの役割も果たしていた。”
  4. ^ a b 時代を彩った「角川映画」とは何だったのか?”. 東洋経済オンライン (2016年7月30日). 2016年8月28日閲覧。 “この雑誌は「キネマ旬報」にいた方が編集長に就任していて、映画の匂いをちりばめながら、本人たちの近況をそこで伝えていく形でした。ちょうど、杉田かおるさんと荻野目慶子さん、そして薬師丸さんが同い年なので、3人の対談とかよくやってましたね。”

参考文献[編集]

関連項目[編集]