南伸坊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みなみ しんぼう
南 伸坊
生誕 (1947-06-30) 1947年6月30日(75歳)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
出身校東京都立工芸高等学校
職業イラストレーター

南 伸坊(みなみ しんぼう、本名: 南 伸宏、1947年6月30日 - )は、日本の編集者イラストレーターエッセイスト漫画家。本の装幀も多数手掛ける[1]

人物[編集]

ペンネームは、宮武外骨の『滑稽新聞』に登場する絵師、「墨池亭黒坊」に因んで、本名の伸宏をもじったもの[1]。エッセイに自らイラストをつける手法により、「イラストライター」と自称する[1]。あたたかみのある描線の似顔絵や、シンプルながら洗練された装幀で知られる。第29回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

『ハリガミ考現学』での貼紙の研究により、赤瀬川原平が提唱した路上観察学会にも参加。丸刈りでおむすび型の頭をトレードマークにしており、これを強調した自画像イラストでも知られる。また、日清チキンラーメンのCMなどにも出演した。

有名人たちに扮装して顔マネをした「そっくり写真」も知られている。『みなみしんぼうのそっくりアルバム』、『歴史上の本人』、『本人の人々』などがあり、これらの作品では妻・南文子が衣装、小道具、写真等を担当している。文子も伸坊と同じく、美学校の赤瀬川教室の出身者である。

伸坊の漫画作品には中国の奇異小説を漫画化したものが多く、また、中国歴史物小説のカバー挿画も多く担当している。さらに、各分野の専門家との対談形式によって、専門的な事項を素人にもわかりやすく説明する著作があるほか、ゲームソフト『MOTHER』(任天堂)のキャラクターデザインも手がけた。

経歴[編集]

東京都世田谷区生まれ。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。プロデューサーとなった秋山道男は高校の同級生[2]

高校卒業後、東京芸術大学デザイン科の試験をうけるが不合格となり、美学校木村恒久工房に入学した。さらに、「絵・文字工房」で赤瀬川原平に学び[1]1970年昭和45年)に卒業した。同年、赤瀬川、松田哲夫とともに「櫻画報社」をつくり、各雑誌を「雑誌ジャック」した。1972年(昭和47年)には、赤瀬川、松田哲夫と、初の「トマソン」である純粋階段「四谷階段」を発見した。

デザイナーとして日本能率協会に入社するが、1年で会社が倒産。1972年(昭和47年)、出版社・青林堂入社。のち、雑誌『ガロ』の編集長を務め、イラストレーターの渡辺和博とともに「面白主義」を打ち出して同誌の傾向を変えた。一例として、1976年(昭和51年)から掲載がはじまった、糸井重里湯村輝彦による「ペンギンごはん」シリーズは、南が湯村単独で、以前に別の雑誌に発表していた漫画をみて、執筆を依頼した。糸井とはこののち、交友関係が続くことになる。

1979年(昭和54年)[注 1]に青林堂を退社してフリーランスとなる。エッセイなどの独特の文体で嵐山光三郎などの「昭和軽薄体」の一員とされ、人気を博す。

エピソード[編集]

  • 1980年(昭和55年)11月19日、渡辺和博との「合同結婚式」を、日比谷公園内のレストラン『松本楼』で挙げた。この日は俳優・三浦友和と歌手・山口百恵の結婚式と同じ日であった[4]
  • 1981年(昭和56年)、パフォーマンス集団「HAND-JOE」(糸井が命名)を、上杉清文末井昭ともに結成。後に鈴木祐弘、巻上公一、山崎邦彦も参加。兵庫県立近代美術館で、水戸黄門の扮装をして楽器演奏をするなどの活動を行った。また、写真家・滝本淳助も加えて「ハンジョウ・オール・スターズ(H.A.S.)」というバンドも結成し、渋谷のライブハウス 『LA MAMA』でライブを行った[注 2]。南は前日にアルト・サックスを買って、ライブにのぞんだという。

作品[編集]

単著[編集]

  • 面白くっても大丈夫 ウルトラ・ファイティング・エッセイ(ブロンズ社、1981年、のち徳間文庫〈後述〉・ちくま文庫)
    • 『面白くっても大丈夫 ウルトラ・ファイティング・エッセイ』徳間書店〈徳間文庫〉、1984年。ISBN 978-4-1959-7586-2 
  • さる業界の人々(情報センター出版局、1981年、のちちくま文庫)
  • 哲学的(PHP研究所、1983年、のち角川文庫)
  • モンガイカンの美術館(情報センター出版局、1983年、のち朝日文庫)
  • ご町内の皆様(駸々堂出版、1984年)
  • ハリガミ考現学 1-2(実業之日本社、1984年 - 1986年。のちちくま文庫)
  • かきあつめ いつか何かの役に立つ 南伸坊イラスト集(綺譚社、1984年)
  • 絵と文(広済堂出版、1984年、「シンボーの絵と文」文庫)
  • シンボーの常識(朝日新聞社、1984年、のち文庫)
  • これが天職だ(集英社文庫、1985年)
  • 冗談ばっかり(ちくま文庫、1986年)
  • シンボーの大学ノート(平凡社、1987年、「笑う大学」ちくま文庫)
  • 放課後のサイエンス(徳間書店、1987年、「笑う科学」ちくま文庫)
  • 路上観察ファイル(実業之日本社、1989年、「笑う街角」ちくま文庫)
  • 無用な御意見(大和書房、1989年、「単なる冗談」ちくま文庫)
  • 笑う写真(太田出版、1989年、のちちくま文庫)
  • 5年1昔 南伸坊のキーワード・ウォッチング(小学館、1990年)
  • チャイナ・ファンタジー(潮出版社、1990年)
  • シンボーの人間模様(講談社文庫、1991年)
  • ぼくのコドモ時間(福音館書店、1991年、のちちくま文庫)
  • 笑う哲学(ちくま文庫、1992年)
  • 顔(筑摩書房、1995年、のちちくま文庫)
  • 大人の科学(誠文堂新光社、1995年、のちちくま文庫)
  • みなみしんぼうのそっくりアルバム(白夜書房、1996年)
  • 歴史上の本人(日本交通公社、1997年、のち朝日文庫) - 南文子 写真
  • ごはんつぶがついてます(晶文社、1998年)
  • 対岸の家事 シンボー主婦やってみた(日本経済新聞社、1998年、のち新潮oh!文庫)
  • 仙人の壷(新潮社、1999年、のち文庫)
  • 李白の月(マガジンハウス、2001年、のちちくま文庫)
  • 装幀(フレーベル館、2001年)
  • 赤と黒(白水社、2002年)
  • 本人の人々(マガジンハウス、2003年) - 南文子 写真
  • 笑う茶碗(筑摩書房、2004年、のち文庫) - 第4回京都水無月大賞大賞受賞作
  • 健康の味(白水社、2008年)
  • のんき図画(青林工藝舎、2008年)
  • 狸の夫婦(筑摩書房、2008年)
  • 『私のイラストレーション史』亜紀書房、2019年5月25日。ISBN 978-4-7505-1578-6 

共著[編集]

路上観察学会名義[編集]

挿絵を担当した作品[編集]

  • お台所クラブ『お台所クラブ お料理格言事典』(1987年)
  • 伊丹由宇 編著『マイ食ッKing―有名人が語る“私だけのグルメ”』(1991年)
  • 林多加志『ウソつきのススメ』(1991年)
  • 斉藤洋『TN探偵社なぞのなぞなぞ怪人』(1992年)
  • 斉藤洋『TN探偵社怪盗そのまま仮面』(1993年)
  • 野村一秋『天小森教授、宿題ひきうけます』(1995年)
  • 野村一秋『天小森教授、初恋ひきうけます』(1996年)
  • 松谷みよ子『さるかに』(1997年)
  • 松谷みよ子『花さかじい』(1998年)
  • ねじめ正一『そーくん』(2000年)
  • 村山孚『明るくボケよう』(2000年) - 装丁、イラスト
  • 野村一秋『天小森教授、宿題ひきうけます』(2001年)
  • 鶴見俊輔『大切にしたいものは何?―鶴見俊輔と中学生たち』(2002年)
  • 野村一秋『天小森教授、初恋ひきうけます』(2002年)
  • カムカムズとの共著『かむかむ からだこころげんき』(2003年)
  • 那須正幹『どろぼうトラ吉とどろぼう犬クロ』(2003年)
  • 野村一秋『天小森教授、100点満点ひきうけます』(2004年)
  • 斉藤洋『TN探偵社なぞのなぞなぞ怪人』(2007年)
  • 雁屋哲『頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ』(2010年)

漫画・絵本[編集]

  • かきあつめ いつか何かの役に立つ 南伸坊イラスト集(1984年)
  • チャイナ・ファンタジー(1990年)
  • ぼくのコドモ時間(1991年)
  • 仙人の壺(1999年)
  • 李白の月(2001年)

ゲーム[編集]

  • MOTHER(1989年) - キャラクターデザイン

レコード[編集]

高級芸術宣言(1984年)

参加者
プロデュース
  • 巻上公一

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 著書によれば、青林堂退社は1980年のこととされている[3]
  2. ^ このグループの活動は、レコード『高級芸術宣言』(1984年)及び書籍『高級芸術宣言』(1985年、JICC出版局)にまとめられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 近藤正高 (2017年6月30日). “ご存知ですか? 6月30日は南伸坊の誕生日です”. 文春オンライン. 文藝春秋社. 2022年11月8日閲覧。
  2. ^ 私のイラストレーション史, p. 77.
  3. ^ 私のイラストレーション史, p. [要ページ番号].
  4. ^ 面白くっても大丈夫, p. 285.

外部リンク[編集]