斉藤洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
齊藤 洋
(さいとう ひろし)
ペンネーム 斉藤 洋(さいとう ひろし)
誕生 齊藤 洋(さいとう ひろし)
(1952-07-16) 1952年7月16日(65歳)
東京都江戸川区北小岩
職業 亜細亜大学経営学部教授
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 児童文学
代表作 ルドルフとイッパイアッテナ』(1986年
ルドルフともだちひとりだち』(1988年
ルドルフといくねこくるねこ』(2002年
主な受賞歴 講談社児童文学新人賞入賞(1986年)
野間児童文芸新人賞受賞(1988年)
路傍の石・幼少年文学賞受賞(1991年
野間児童文芸賞(2013年
デビュー作 児童文学
『ルドルフとイッパイアッテナ』(1986年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

齊藤 洋(さいとう ひろし、1952年7月16日[1] - )は、日本のドイツ文学者、児童文学作家。亜細亜大学経営学部教授[2]。作家として活動するときは斉藤 洋と表記する。

概要[編集]

東京都江戸川区北小岩出身[3]1975年中央大学法学部法律学科卒業。1年強、葛飾区信用組合勤務を経て、1977年大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士前期課程(修士)修了[2]

非常勤講師時代の1986年に、第27回講談社児童文学新人賞へ『ルドルフとイッパイアッテナ』を投稿して受賞、児童文学作家としてデビューする。その続編に当たる『ルドルフともだちひとりだち』で、1988年野間児童文芸新人賞を受賞した。1991年に『ルドルフとイッパイアッテナ』や『ペンギンハウスのメリークリスマス』など一連の作品で、第13回路傍の石幼少年文学賞を受賞した。2013年に、『ルドルフとスノーホワイト』で第51回野間児童文芸賞を受賞した。

主に動物が主人公ののんびりとした雰囲気の作品を書く。作品の各章のタイトルが特徴的で、一見してどんな内容なのかわからないものが多い。シリーズもののほか、外国文学の再話なども多く、著作は多数である。一般書として『童話作家はいかが』がある。

ドイツ文学者としては、E.T.A.ホフマンに関する論文を発表している[2]

著作[編集]

単著[編集]

  • ルドルフとイッパイアッテナシリーズ (杉浦範茂絵、講談社
  • ドルオーテ はつかねずみは異星人 (講談社 1987年 のち青い鳥文庫
  • アゲハが消えた日 (講談社 1988年)
  • どうぶつえんのいっしゅうかん (講談社 1988年)
  • ベンガル虎の少年は…あかね書房 1988年)
  • シュレミールと小さな潜水艦 (講談社 1989年
  • ブラッカブロッコ島だよりシリーズ (高畠純絵、講談社)
  • なん者ひなた丸シリーズ (あかね書房)
    • なん者ひなた丸ねことんの術の巻 (1989年)
    • なん者ひなた丸白くもの術の巻 (1989年)
    • なん者ひなた丸大ふくろうの術の巻 (1990年
    • なん者ひなた丸火炎もぐらの術の巻 (1990年)
    • なん者ひなた丸月光くずしの術の巻 (1991年)
    • なん者ひなた丸金とん雲の術の巻 (1992年
    • なん者ひなた丸津波がえしの術の巻 (1992年)
    • なん者ひなた丸千鳥がすみの術の巻 (1993年
    • なん者ひなた丸黒潮がくれの術の巻 (1994年
    • なん者ひなた丸空蝉おとしの術の巻 (1994年)
    • なん者ひなた丸南蛮づくしの術の巻 (1995年
    • なん者ひなた丸まぼろし衣切りの術の巻 (1996年
    • なん者ひなた丸むささび城封じの術の巻 (1997年
    • なん者ひなた丸ばけねこ鏡わりの術の巻 (1997年)
    • なん者ひなた丸まどわし大ねことんの術の巻 (1998年
  • ペンギンハウスのメリークリスマス (講談社 1989年)
  • 呉書三国志 1-3 (講談社(歴史英雄シリーズ) 1990年)
  • ネコにつばさのある国で テレスコープ・ワンダーランド (勝又進絵、学習研究社 1990年)
  • おふろかいじゅうカルルス (講談社 1990年)
  • サマー・オブ・パールズ (講談社 1990年)
  • 風力鉄道に乗って理論社 1990年)
  • ぼくたちはシグナル・ギャルズ (偕成社 1990年)
  • テーオバルトの騎士道入門 (理論社 1991年)
  • 空中メリーゴーラウンド (理論社 1991年)
  • ペンギンたんけんたいシリーズ (講談社)
    • ペンギンたんけんたい (1991年)
    • ペンギンしょうぼうたい (1993年)
    • ペンギンおうえんだん (1994年)
    • ペンギンサーカスだん (1996年)
    • ペンギンパトロールたい (1997年)
    • ペンギンおんがくたい (1998年)
    • ペンギンたんていだん (2002年)
    • ペンギンたくはいびん (2005年
    • ペンギンかんそくたい (2007年
  • ジークシリーズ (小澤摩純絵、偕成社)
  • どくろじるしのかいぞくドルク (講談社 1992年)
  • てんこもりのこうもり (佼成出版社 1992年)
  • 南博士はナンダンネン くもん出版 1992年)
  • TN探偵社なぞのなぞなぞ怪人 くもん出版 1992年)
  • TN探偵社怪盗そのまま仮面 くもん出版 1993年)
  • 少年は砂漠をこえる ハラ・エルチをたずねて (ほるぷ出版 1993年)
  • ダーサンとクロヒョウ岩崎書店 1993年)
  • ダーサンと川のギャング (岩崎書店 1995 年)
  • としとったねことまいごのくじら (クレヨンハウス 1993年)
  • みなみのしまのサンタクロース (佼成出版社 1993年)
  • ぼくのおじさん (偕成社 1993年)
  • まんぼう塾物語 (学習研究社 1993年)
  • ものまねきょうりゅう (ほるぷ出版 1994年)
  • ゆめのつづきは… (フレーベル館 1994年)
  • しろふくろうのまいご日記 (ほるぷ出版 1994年)
  • しろふくろうのぼうけん日記 ほるぷ出版 1995年)
  • ぷてらのタクシー (講談社 1994年)
  • あっちこっちサバンナ (あかね書房 1994年)
  • 影の迷宮 (小峰書店 1994年)
  • 潜水海賊キャプテン・グック (岩崎書店 1994年)
  • 海にかがやく (講談社 1994年)
  • ひとりでいらっしゃい 七つの怪談 (偕成社 1994年)
  • おしゃれうさぎラップ (小峰書店 1995年)
  • ようこそ魔界伯爵 (偕成社 1995年)
  • たったひとりの伝説 (理論社 1995年)
  • びっくりあんこう (講談社 1995年)
  • 学校でおばけはいかが (新学社全家研 1996年)
  • のどからあいうえお (偕成社 1996年)
  • しりとりシリーズ (岩崎書店)
    • しりとりこあら (1996年)
    • しりとりたぬき (1996年)
  • 白狐魔記シリーズ (偕成社)
    • 源平の風 (1996年)
    • 蒙古の波 (1998年)
    • 洛中の火 (2000年)
    • 戦国の雲 (2006年)
    • 天草の霧 (2010年)
    • 元禄の雪 (2012年)
  • ドローセルマイアーの人形劇場 (あかね書房 1997年)
  • なにしてルンバ (フレーベル館 1997年)
  • わがままマーマひめシリーズ (講談社)
    • くもにのったマーマひめ (1997年)
    • マーマひめとさんぞくベルゲン (1997年)
    • マーマひめとおしゃれなライバル (1998年)
  • コアラ・シリーズ (理論社)
    • コアラゆうびん (1997年)
    • コアラしんぶん (1998 年)
    • コアラタクシー (1999年)
    • コアラたんてい (2000年)
    • コアラフェリー (2001年)
    • コアラパーティー (2004年)
  • やっぱりしろくま (小峰書店 1997年)
  • たんていワンダ (岩崎書店 1998年)
  • ぶたぬきくん (佼成出版社)
    • ぶたぬきくんうみへいく (1999年)
    • ぶたぬきくんまちへいく (1999年)
    • ぶたぬきくんもりへいく (1999年)
    • ぶたぬきくんしまへいく (2000年)
    • ぶたぬきくんほっきょくへいく (2001年)
    • ぶたぬきくんおまわりさんになっちゃった (2005年)
    • ぶたぬきくんナースになっちゃった (2007年)
  • ぼうけんしマウス (理論社 1998年)
  • 旗本フライパン (リブリオ出版 1998年)
  • 消える人たち 九つの不思議な話 (小峰書店 1998年)
  • マックスのどろぼう修行 (理論社 1999年)
  • ナツカのお化け事件簿シリーズ (あかね書房)
    • 恐怖のろくろっ手 (1999年)
    • ゆうれいドレスのなぞ (1999年)
    • メリーさんの電話 (1999年)
    • 真夜中のあわせかがみ (2000年)
    • わらうピエロ人形 (2001年)
    • 夕ぐれの西洋やしき (2002年)
    • 深夜のゆうれい電車 (2005年)
  • しまのないトラ なかまとちがってもなんとかうまく生きていったどうぶつたちの話 (偕成社 1999年)
  • ボックニャック団長のぼうけん (岩崎書店 1999年)
  • ムサシの妖怪パスポートシリーズ (フレーベル館)
    • たんてい気分で妖怪と (2000年)
    • きえた妖怪皇女 (2002年)
  • 日曜の朝ぼくは (理論社 2000年)
  • 千年ぎつねの秋冬コレクション (佼成出版社 2001年)
  • 千年ぎつねの春夏コレクション (佼成出版社 2001年)
  • 童話作家はいかが (講談社 2002年)
  • 黄色いポストの郵便配達 (理論社 2002年)
  • だれのパンツ (佼成出版社 2004年)
  • ぞうの金メダル (偕成社 2004年)
  • タカオのつくもライフシリーズ (佼成出版社)
    • 真夜中マイフレンド (2004年)
    • メリーな夜のあぶない電話 (2005年)
    • プライドは夜のキーワード (2005年)
  • バースデー・ドッグ フレーベル館 (2004年)
  • うらからいらっしゃい 七つの怪談 (偕成社 2004年)
  • ねこだまし (理論社 2004年)
  • 妖怪ハンター・ヒカルシリーズ (あかね書房)
    • 闇夜の百目 (2004年)
    • 霧の幽霊船 (2005年)
    • かえってきた雪女 (2006年)
    • 花ふぶきさくら姫 (2007年)
    • 決戦!妖怪島 (2008年)
  • クリスマスをめぐる7つのふしぎ (理論社 2005年)
  • 七つの季節に (講談社 2006年)
  • こんやもカーニバル (講談社 2006年)
  • アブさんとゴンザレス (佼成出版社 2006年)
  • かんたんせんせいとペンギン (講談社 2006年)
  • かんたんせんせいとライオン (講談社 2008年)
  • ぼくのあぶないアルバイト (ポプラ社 2007年)
  • みずたまぴょんがやってきた (理論社 2007年)
  • 思い出はブラックボックスに (ポプラ社 2007年)
  • ルーディーボール エピソード1(シュタードの伯爵) (講談社 2007年)
  • 人形は月夜にほほえむ (ポプラ社 2007年)
  • イーゲル号航海記 1-2 (偕成社 2007年-2008年)
  • はこいりひめのきえたはこ (理論社 2007
  • ひとりざむらいとこうちょうせんせい (講談社 2007年)
  • ひとりざむらいとおばけアパート (講談社 2008年)
  • はたらきもののナマケモノ (理論社 2007年)
  • かえってくるゆうれい画 (ポプラ社 2008年)
  • ふしぎなもるもくん (偕成社 2008年)
  • 「おまえだ!」とカピバラはいった (講談社 2008年)
  • 霊界交渉人ショウタシリーズ (ポプラ社)
    • 音楽室の幽霊 (2009年)
    • 月光電気館の幽霊 (2009年)
    • ウエディングドレスの幽霊 (2010年)
  • ミス・カナのゴーストログ (偕成社)
    • すずかけ屋敷のふたご (2011年)
    • 呼び声は海の底から (2011年)
    • かまいたちの秋 (2011年)
    • つばめの鎮魂歌(レクイエム) (2012年)
  • 西遊後記シリーズ (理論社)
    • 1 還の巻 (2013年)
    • 2 芳の巻 (2014年)
    • 3 河の巻 (2014年)

翻訳[編集]

  • ながぐつをはいたねこペロー クルト・バウマンさいわ ほるぷ出版 1991年)
  • 三国志 1-3 (羅貫中 講談社(講談社KK文庫) 1991年)
  • 小さな島の大男 (ヴァルター・クライエ ほるぷ出版 1992年)
  • ほらふき男爵の冒険 (ビュルガー) こうのとりになった王さま (ハウフ) (講談社 1992年)
  • カンガルーぼうやのぼうけん (パウル・マール ほるぷ出版 1992年)
  • カンガルーぼうやのそらとぶれんしゅう (パウル・マール ほるぷ出版 1993年)
  • ペンギンシンデレラ (ジャネット・パールマン 偕成社 1994年)
  • ペンギンはだかの王さま (ジャネット・パールマン 偕成社 1994年)
  • あかずきんちゃん (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1995年)
  • 三びきのくまときんぱつちゃん (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1995年)
  • エルマーとゆき (デイビッド・マッキー ほるぷ出版 1995年)
  • みにくいあひるのこ (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1996年)
  • ターニャのぼうけん (ロートラオト・ズザンネ・ベルナー ほるぷ出版 1996年)
  • こなやのむすめとふしぎなこびと (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1996年)
  • おうじょとかえる (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1996年)
  • しろくまくんとこわがりうさぎ (ハンス・ド・ビア ほるぷ出版 1996年)
  • がらがらやぎとかいぶつトロル (ジョナサン・ラングレイ 岩崎書店 1996年)
  • もぐらくんちへようこそ! (バーニー・ボス ほるぷ出版 1997年)
  • パパおやすみ 父と子のためのbedside stories (エルヴィン・モーザー 小学館 1997年)
  • 偉大なる王 (N・A・バイコフ 講談社 1998年)
  • 月夜のオーケストラ (イェンス・ラスムス 小学館 1999年)
  • アラジンとまほうのランプ (アンドレ・ダーハン 講談社 1999年)
  • ドアがあいて… (エルンスト・ヤンドゥル ほるぷ出版 1999年)
  • たんじょうびはいつも (マーカス・フィスター 講談社 2000年)
  • しあわせミシュカ (マーカス・フィスター 講談社 2000年)
  • 西遊記 1-10 (呉承恩 理論社 2004年-2012年)
  • ドアがあいて… (エルンスト・ヤンドゥル ほるぷ出版 2006年)

論文[編集]

  • 「E.T.A.ホフマン『不気味な客』における"unheimlich"の意味」『亜細亜大学教養部紀要』36巻、1987年。ISSN 0388-6603
  • 「E.T.A.ホフマン『黄金の壺』におけるもうひとつの世界への移行をめぐって」『亜細亜大学教養部紀要』37巻、1988年ISSN 0388-6603
  • 「E.T.A.ホフマン『騎士グルック』―恐怖譚としての『騎士グルック』」『亜細亜大学教養部紀要』38巻、1988年。ISSN 0388-6603
  • 「E.T.A.ホフマン『大晦日の夜の事件』―シャミソーの『ペーター・シュレミールの不思議な話』とのかかわりにおいて」『亜細亜大学教養部紀要』39巻、1989
  • 「E.T.A.ホフマン『いとこの隅窓』―その意味と価値」『亜細亜大学教養部紀要』40巻、1989
  • 「E.T.A.ホフマン『サンクトゥス』―ゼラーピオン同人集への道で」『亜細亜大学教養部紀要』50巻、1994
  • 「E.T.A.ホフマン『イグナーツ・デナー』―媒介としてのアンドレス」『亜細亜大学教養部紀要』51巻、1995
  • 「E.T.A.ホフマン『誓願』―ヘルメネギルダとその『奇妙な状態』」『亜細亜大学教養部紀要』52巻、1995

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.451
  2. ^ a b c 亜細亜大学/亜細亜大学短期大学部 教員情報”. 亜細亜大学. 2016年12月6日閲覧。
  3. ^ 北小岩舞台作品 石碑に : 地域 :”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE) (2016年12月2日). 2016年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]