ルドルフとスノーホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルドルフとスノーホワイト 〜ルドルフとイッパイアッテナIV〜』は、斉藤洋作の児童文学作品。絵は杉浦範茂。『ルドルフとイッパイアッテナ』シリーズの第4作。2012年講談社講談社児童文学創作シリーズから刊行。

あらすじ[編集]

ある日、ブッチーが大けがをして帰ってきた。どうやら新中川の川向うでトラブルを起こしたらしい。それも一件落着、その地域のボス、スノーホワイトとも打ち解けたと思ったら、今度はチェリーが居ないではないか!デビルによると、どうも最近できた中華料理屋に関係があるらしい。調べてみれば、なんとその店には横浜本店がある!前からルドルフに憧れを持っていたチェリー。本店と支店を行き来する車に乗り込んでしまった模様。そこで、後を追い横浜まで行くことになったルドルフとスノーホワイトが、横浜で見たものとは![1]

キャラクター[編集]

スノーホワイト
ミッキー
マーチ
ライス

書籍[編集]

  • ルドルフとスノーホワイト 〜ルドルフとイッパイアッテナIV〜(2012年、講談社)ISBN 978-4-06-133522-6

シリーズ作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ルドルフとスノーホワイト』