山下勇三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山下 勇三(やました ゆうぞう、1936年5月30日 - 2008年1月31日)は、グラフィックデザイナー広島県広島市西区出身[1]

経歴[編集]

1960年多摩美術大学図案科卒業、ライトパブリシティに入社。和田誠は大学の同窓でデザイン会社も同僚の盟友[2]1963年に独立して「山下勇三事務所」を設立した。1969年矢崎泰久の推薦により、日本のタウン誌第一号と呼ばれる「新宿プレイマップ」のアートディレクターとなる[2]。「新宿PLAY MAP」というタイトルロゴ文字を作成し、創刊号に斬新なイラストレーションの表紙画を書いた[2]。「新宿プレイマップ」は第3号で降板したが、「話の特集」では、井上ひさしが15年に渡って長期連載した小説「江戸紫絵巻源氏」のイラストレーションを担当した他、同誌に30年間掲載された永六輔との「せきこえのどに浅田飴」の広告を手がけた。この他、キユーピーパッケージ・広告デザイン、無印良品イラスト新聞小説児童書等の挿絵装幀などを手がけた。

また母校・多摩美術大学の講師を勤めた他、自動車レースにも出場した[2]

著作に「オジサンも考える」や「バイクは動くか?」、共著に「せきこえのどに六輔」がある。

2008年、上部消化管出血のため逝去、享年71。

1975年にラジオ番組で方言で曲を作る企画があり、山下が作詞してシングル盤として発売された「広島の川」が2008年、山下の死後「山下勇三を囲む会」で中山千夏が歌ったところ、「この曲をもう一度広めよう」という声が上がりCDとして再発売されている[3]

人柄[編集]

山下勇三は三兄弟。そのなかの次男である。喧嘩がつよく、山下三兄弟とよばれ通行人は道を開けた、という伝説有り。

長女はイラストレーターの山下以登。

主な受賞歴[編集]

  • 毎日広告賞(1958年、1959年)
  • 朝日広告賞(1968年)
  • 講談社出版文化賞 さしえ賞(1997年)

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代日本人名録 2002 4.ひろ~わ』日外アソシエーツ、2002年
  • 本間健彦 『60年代新宿アナザー・ストーリー タウン誌「新宿プレイマップ」極私的フィールド・ノート社会評論社、2013年6月。ISBN 9784877383527