飯野和好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飯野 和好(いいの かずよし、1947年 - )は、日本イラストレーター絵本作家神奈川県鎌倉市在住。

経歴[編集]

埼玉県秩父郡長瀞町出身[1]。戦国時代から続く農家に、3人兄弟の次男として生まれる。電気系の高校を中退して群馬県高崎市デパートに3年間勤務し、売り場の広告などを描く。出入り業者の人から「絵の勉強を勧められたことを機にデパートを辞め、上京して東京デザイナー学院グラフィック科に入学し、コスチューム科に転じて卒業。婦人服のデザイナーとして小さなメーカーに勤務したが1年余で退職し、1967年セツ・モードセミナー入学(1968年に中退)。

1969年、雑誌「anan」に連載した「きむずかしやのピエロットものがたり」でデビュー。「小さなスズナ姫シリーズ」で第11回赤い鳥さし絵賞受賞。「ねぎぼうずのあさたろう」(福音館書店[2]で第49回小学館児童出版文化賞を受賞。「みずくみに」で第20回日本絵本賞を受賞[3]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田中明子 (2016年3月19日). “絵本を通じて、土に触れ、自然のにおいをかぐ体験を【絵本作家インタビュー】飯野和好さん | 『えほん』”. えほん. 小学館. 2022年6月26日閲覧。
  2. ^ 絵本作家 飯野和好さん 絵本作家インタビュー(前編)|mi:te[ミーテ]”. mi:te[ミーテ]. 公文教育研究会. 2022年6月26日閲覧。
  3. ^ 『みずくみに』第20回日本絵本賞受賞! - 小峰書店”. 小峰書店 (2015年6月3日). 2022年6月26日閲覧。