ルドルフとイッパイアッテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルドルフとイッパイアッテナ』は、斉藤洋の児童文学作品。1986年度の講談社児童文学新人賞入選作で、翌1987年講談社から出版された (ISBN 4-06-1335057)。挿絵は杉浦範茂による。

1991年に、NHK教育テレビの『母と子のテレビ絵本』(現『てれび絵本』)で堀口忠彦の絵、毒蝮三太夫の語りにより放映され、2016年に劇場アニメ化された。

あらすじ[編集]

ひょんな事から岐阜から東京江戸川区)へ行ってしまった猫のルドルフは、そこで教養のある猫イッパイアッテナに出会う。ルドルフはイッパイアッテナと気が合い、イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索する。ルドルフはその間にイッパイアッテナから字の読み書きを習う。その後、友達となる飼い猫ブッチーとも出会い、岐阜へ帰る方法を発見した。しかし岐阜へ出発する前日にイッパイアッテナがブルドッグのデビルとの喧嘩で重傷を負ってしまう。

キャラクター[編集]

ルドルフ
主人公の黒猫。リエちゃんという女の子に飼われていたが、魚屋から逃げるのに夢中になってトラックに間違って乗ってしまったうえ魚屋の攻撃で気絶してしまったことにより、東京都江戸川区にまで来てしまった。イッパイアッテナと出会い、彼に世話になりながら、リエちゃんの元に帰る方法を模索する。
自分の町の名前を知らなかったため、帰る方法も分からずにいたが、甲子園に出場した「県立岐阜商業高校」の地元紹介で岐阜市の映像がテレビに出た、自分がいた所が岐阜市であると知った。
イッパイアッテナに習ったり、小学校に忍び込んだりして文字の読み書きができるようになった。この作品は、ルドルフがゴミ捨て場のインクを使って自分で書いたもので、それを斉藤が肩代わりして出版したという設定になっている。
作中で、名前の由来はハプスブルク家ルドルフ1世であると語られている。
イッパイアッテナ
ルドルフが東京で出会った虎猫。以前は人間に飼われていたが、飼い主がアメリカへ引っ越してしまったため、野良猫になった。現在は神社に住みながら、様々な人間から餌をもらって生きている。
元の飼い主が面白がって教えたため、日本語の読み書きができる。
餌をくれる人間からは、それぞれ自由に名前をつけられている。具体的な名前としては、近所の猫の間では「ステトラ」近所の警察官は「ドロ」近所の魚屋は「デカ」学校の先生(給食室のおばさんと通称クマ先生 本名 内田先生)が「ボス」近所のやさしいおばあちゃんが「トラ」である。なお、元の飼い主からは「タイガー」と呼ばれていた。
初対面のルドルフに「俺の名前はいっぱいあってな…」と言った事から、「イッパイアッテナ」という名前だと勘違いされ、ルドルフからはそう呼ばれるようになった。
ブッチー
ルドルフやイッパイアッテナの友達で、商店街にある金物屋の飼い猫。ルドルフより少し年上。
デビル
近所の猫たちの間で凶暴な犬として知られているブルドッグ。イッパイアッテナのことを憎んでおり、イッパイアッテナの肩にかみつき、殺しかけた。
クマ先生
本名は内田先生。給食のおばさんと話しているところにイッパイアッテナが来たため、イッパイアッテナとも仲良くなった。デビルに襲われたイッパイアッテナを獣医に連れて行く。
給食のおばさん
給食の調理師。二人のうち一人はルドルフのことを「縁起が悪い」という。
おばあさん
ルドルフが魔女と間違えたおばあさん。よくルドルフとイッパイアッテナにエサを与える。

その他[編集]

  • 作者の斉藤洋が後に執筆した自伝『童話作家はいかが』によると、この話の舞台は斉藤が育った江戸川区北小岩の、主に京成線北側の地域だという[1]。また後に母と子のテレビ絵本内で放映されたアニメでは、ルドルフ達がよく行く商店街の名前が『ちよだ通り商店街』と出ていたが、実際に北小岩と隣接する葛飾区鎌倉に『千代田通商店会』という名前の商店街が存在する。なお、続編ルドルフといくねこくるねこにて電車に乗って浅草へ行く描写で、浅草方面へ行く地下鉄直通に乗っていることからもルドルフたちの舞台の最寄駅が京成線の駅であることがうかがえる。
  • ルドルフが岐阜の話をしたときに出てくる「赤い市電」とは2005年に廃止された名鉄岐阜市内線のことである。また、発表当時はまだ名鉄電車(特に路面電車)は赤色が主流であった。
  • ルドルフが自分の故郷が岐阜市だと分かるきっかけとなった岐阜商業高校は、作品が執筆・出版された1986年(昭和61年)、及び1987年(昭和62年)に、実際に甲子園へ出場している。

ビデオ作品[編集]

  • ルドルフとイッパイアッテナ(1)(1991/1/21、ポニーキャニオン
  • ルドルフとイッパイアッテナ(2)(1991/1/21、ポニーキャニオン)

母と子のテレビ絵本(現:てれび絵本)で放送したアニメを収録したVHS作品。

劇場アニメ[編集]

同名タイトルの3DCGアニメ映画が、2016年8月6日に公開された[2][3][4]。観客動員数は120万人[5][6]。興行収入は14億6000万円[7]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  1. 人間は、知らない。ボクらのヒミツ。
  2. ぼくらはそれでも前を向く。

人形劇[編集]

人形劇団ポポロが同名タイトルを「出使い」形式の人形劇として2016年3月20日に亀戸文化センター3Fホールにて初演。舞台セットは青・赤・黄・黄緑・深緑に塗られたBOXが様々な形に変化していく。また色々な楽器(フリューガボーン・トロンボーン・フルート・メロディオン・パイプフォン・リコーダーほか)を演奏や効果音として生で使用している。

出演者[編集]

  • ルドルフ - 水野沙織
  • イッパイアッテナ - 山根禄里 
  • ブッチー - 川野芽久美
  • デビル - 田村竜生
  • クマ先生 - 山根起己

スタッフ[編集]

  • 原作 - 「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋作、杉浦範茂絵、講談社刊)
  • 演出 - くすのき燕(人形芝居燕屋)
  • 脚本 - くすのき燕/大沢愛(表現教育研究所)
  • 人形美術 - 松本真知
  • 音楽 - TATSUKI
  • 照明 - 渡辺賢二

シリーズ作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 斉藤洋『童話作家はいかが』(講談社)p.54
  2. ^ a b c 井上真央&鈴木亮平、猫役の声優で5年ぶり映画共演”. ORICON (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  3. ^ 映画『ルドルフとイッパイアッテナ』公式サイト”. 2015年8月2日閲覧。
  4. ^ a b c 八嶋智人と古田新太が「ルドルフとイッパイアッテナ」で声優に、新たな予告編も”. 映画ナタリー (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  5. ^ 観客動員数120万人を突破した日本発CGアニメ!『ルドルフとイッパイアッテナ』DVD&Blu-ray発売決定!、T-SITEニュース、2016年11月11日 00:00配信。
  6. ^ ルドルフとイッパイアッテナ、VAP。 - 2017年4月13日閲覧。
  7. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.42
  8. ^ “初代『ルドルフとイッパイアッテナ』の毒蝮三太夫、映画版にも出演”. ORICON STYLE. (2016年5月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2072160/full/ 2016年5月24日閲覧。 
  9. ^ “back numberが「ルドルフとイッパイアッテナ」主題歌を書き下ろし”. 映画ナタリー. (2016年6月15日). http://natalie.mu/eiga/news/190924 2016年6月15日閲覧。 

外部リンク[編集]