四月の魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四月の魚
監督 大林宣彦
脚本 内藤忠司
大林宣彦
ジェームス三木
原作 ジェームス三木
出演者 高橋幸宏
赤座美代子
今日かの子
泉谷しげる
入江若葉
丹波哲郎
音楽 高橋幸宏
主題歌 高橋幸宏、ピエール・バルー
製作会社 ジョイパックフィルム
アミューズシネマシティ
ピー・エス・シー
オフィスインテンツィオ
日本コロムビア
アルファレコード
配給 ジョイパックフィルム
公開 日本の旗 1986年5月31日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.1億円
テンプレートを表示

四月の魚』(しがつのさかな)は、1984年に日本で制作されたラブコメディ映画。一般公開は1986年。原作はジェームス三木の小説『危険なパーティー』。同時上映は『熱海殺人事件』。

タイトルの「四月の魚」とは四月馬鹿(エイプリルフール)をあらわすフランス語から[1]。映画の中で根本昌平が万理村マリに、フランスでは4月1日を「プワソン・ダヴリル (Poisson d'avril)」といい、魚の形をしたチョコレートを贈ると恋愛が成就するという嘘をつく。

原作者(脚本にも参加した)のジェームス三木もテレビの司会者役で出演している。

マリの書いた旅行記がベストセラーになり映画化されるという件は、森村桂の『天国にいちばん近い島』のパロディになっている。映画『天国にいちばん近い島』で高橋幸宏は森村桂の父親役で出演している。本作の撮影も映画『天国にいちばん近い島』と並行して行われた[1]

日本で初めて映画のためのプロモーションビデオが製作された[1]

あらすじ[編集]

初監督作品が高く評価された根本昌平は、主演女優の衣笠不二子と結婚した。しかし映画は興行的にはまったく振るわず、その後1本の映画も撮ることなく歳月が過ぎる。

ある日、以前CM撮影で訪れた南の島アラニアの酋長から、日本に行くので4月1日に根本家に立ち寄るとのエアメールが届く。アラニアには友情の証として妻を一晩提供するという風習があり、昌平も以前酋長の妻ノーラとともに一夜を過ごしていた(もっとも、昌平とノーラは一晩中星の数を数えていただけであったが)。昌平は脚本家の藤沢に相談し、新人女優を替え玉にすることにした。

当日、本当の妻を理由をつけて実家に返し、藤沢の呼んだ女優、万理村マリを家に迎える。しかしマリは昌平がいつもレジで見かける憧れの女性だった。そして酋長がやってきて、パーティーが盛り上がった所に不二子が帰宅し、大騒ぎになる。

結局誤解がとけ、不二子と昌平は仲直り。酋長からノーラも替え玉だったと事を知らされる。後日、酋長の招きでアラニラ島へ出かけたマリの書いた旅行記がベストセラーとなり、映画化が決定する。マリが主演、昌平が監督をすることになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

製作費1億円[2]。1984年5月10日クランクイン[2]都内ロケ、にっかつ撮影所でのセット撮影を経て1984年6月初旬クランクアップ[2]。仕上げに4ヶ月かけ1984年9月末の完成を予定していたが[2]、劇場公開は完成後、一年半後であった[3]。大林作品はヒロインをめぐる物語から出発することが多いが、その点では異色。このためかヒロイン・今日かの子は印象も稀薄で、これ一本だけで、ほぼ映画界から姿を消している[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「日本映画封切ガイド 製作だより」『ロードショー』1984年12月号、集英社、 182頁。
  2. ^ a b c d 「製作ニュース大林宣彦監督のラブ・コメディ 『4月魚/ポワソン・ダヴリル』」『映画時報』1984年6、7月号、映画時報社、 39頁。
  3. ^ a b 大林宣彦/PSC監修『大林宣彦ワールド 時を超えた少女たち』近代映画社、1998年、79頁。ISBN 4-7648-1865-5

外部リンク[編集]