日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群
監督 大林宣彦
脚本 剣持亘
小倉洋二
薩谷和夫
大林宣彦
製作 山本又一郎
出演者 竹内力
三浦友和
南果歩
永島敏行
音楽 KAN
撮影 長野重一
編集 大林宣彦
配給 アートリンクス
公開 日本の旗 1988年3月29日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群』(にほんじゅんじょうでん おかしなふたり ものくるおしきひとびとのむれ)は、1988年公開の日本映画

あらすじ[編集]

借金の取り立て屋である室田(三浦友和)と、その妻夕子(南果歩)のもとに、流れ者の一発屋である山倉(竹内力)が迷い込んでくる。そこに刑務所帰りの成田(永島敏行)が現れる。成田は室田の幼なじみであった…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 当初は中森明菜主演の併映作として、東宝の配給でゴールデンウィークに公開される予定であった[1][2]。しかし、中森の降板によって中止となり、この映画もクランクイン間近に製作中止の事態に追い込まれることになる[1]。プロデューサーの山本又一朗が「大林さん、予算の半額ならぼくポケットマネーあるから」との申し出を受け[1]大林も「映画を途中でやめてしまうことは、ひとの人生を変えてしまうことだ」と中止にはせず、配給も公開も未定のまま予算を3分の2に縮小して製作された[3]。そのため、通常は1か月以上かかるところを、わずか20日という短期間で撮影されている[4]
  • その山本の「半分なら」の話に「凄いな」と関心したところ、通常秒速24コマを「じゃ、一秒12コマで撮ろう!」というアイデアを思いつき、全編コマを弄って撮っている[1]
  • 本作は1952、3年頃大流行した歌謡曲上海帰りのリル』を大林が発見したことによって成立した[3]。同曲は同じタイトルで映画化もされたが、主演の水島道太郎は「映画界での私の役目は終わった」という名言を残して伊豆の大島に引退していたが、三願の礼をもって出演を依頼した[3]
  • 1986年6~7月に撮影されて完成していたが、配給会社が躊躇し1988年の公開まで1年以上長く公開されず、また単館での公開となった[5]。撮影地である尾道では、1987年夏に行われた尾道映画祭で先行上映されている。
  • 尾道=大林映画の集大成ともいえる作品であるが[6]、大林自身、本作を「救いようのない痛い映画、この映画のことを想うと、いつでも痛い、痛いという声が聞こえてくる」と表現している[7]。「『転校生』から始まった真の意味での《A MOVIE》は、この映画の記憶と共に、スクリーンの彼方に消滅した」などと述べている[7]
  • 原作はやまさき十三さだやす圭の漫画『おかしな2人』で、原色を強調した衣装などにコミック色が残るが[6]、映画はストーリーが大幅に変更されほとんどオリジナルである[6]。映画をめぐる全てのエピソードは原作にはない。また、成ちゃん・夕子・山倉の子供時代のエピソードも原作になく、室ちゃんのそれも大きく改変されている。原作はマネーゲームが展開したり、ヘリが飛んだりするスケールの大きな話であるが、前述のように予算が減らされた関係から、ヒロインの夕子だけを取り出して"夕子かなしむ"という副題をつけ、夕子を取り囲む登場人物の感情を出すことで、そのものくるほしき感情が織りなされて、映画全体を紡いでいく極めて小品の、それだけに想いのこもった映画になった[8]。脚本を大林が高熱の中一気に書き上げた[5]
  • 三浦友和とのダブル主演である竹内力は、それまで九州で三和銀行の社員をしていたが、役者になりたいと一念発起してオートバイで東京に出て来た。この話を聞いた大林監督が竹内をすっかり気に入って「この映画に出るのはキミの運命だ」と主役に抜擢した[9][10]。「大林の名前を貰って、芸名は大林力に」という案をあったが「一生大林を引きずって生きるのはかわいそうだ」と大林が断った。尾道関連映画の中の大林の分身は尾美としのりが多いが、本作では竹内がそれを演じている[11]。最初は竹内をスターにしようというプロジェクトであった[12]。三浦は同じ事務所・テアトル・ド・ポッシュからデビューする竹内へのご祝儀としての助演だった。しかし大林が脚本を書いているうちに、語り部である竹内は脇に回り、語られる存在である三浦が主役になってしまった[12]
  • 商業映画としては珍しく全編ドイツのアグファのフィルムで撮影されており、コダックともフジとも違う独特の鮮やかな色彩・色調が画面から見られる。
  • ロケーション広島県尾道のほかに、松永鞆の浦三原岡山県笠岡市でも行われている。
  • 音楽は「愛は勝つ」で知られるKANが担当[13]。プロデビューする以前の作曲である。サントラは当初発売されなかったが、大林宣彦サントラコレクションシリーズの中でCD化されている。(バップ、1998年発売)
  • 正式タイトルは『日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群 夕子悲しむ』である[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d #読本、453-454頁
  2. ^ a b #ワールド99頁
  3. ^ a b c d #むうびい、60−69頁
  4. ^ #むうびい、82頁
  5. ^ a b #読本、578-579
  6. ^ a b c #movie、155頁
  7. ^ a b #読本、510頁
  8. ^ #この指、214−219頁
  9. ^ #この指、41-429頁
  10. ^ 第1回 - 東京国際映画祭 森岡道夫さんロングインタビュー 第1回
  11. ^ 日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群 - 映画
  12. ^ a b #この指、41頁
  13. ^ #むうびい、91−93頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]