成田賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成田 賢
出生名 成田 慶一
別名 成田 賢一(旧芸名)
生誕 (1945-10-22) 1945年10月22日
出身地 満州国の旗 満州国 大連
死没 (2018-11-13) 2018年11月13日(73歳没)
学歴 北海道札幌北高等学校(中退)
ジャンル ニュー・ロック
コマーシャルソング
アニメソング
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 歌、ブルースハープ
活動期間 1967年 - 1981年
2007年 - 2018年
共同作業者 ケーパーズ
ダークホース
ザ・ジャローズ
ジ・アウトロウズ→ザ・ビーバーズ(1967年 - 1969年)
エモーション(1969年 - 1970年)
公式サイト 成田賢オフィシャルホームページ EVER GREEN

成田 賢(なりた けん、1945年10月22日[1] - 2018年11月13日[2])は、日本の歌手シンガーソングライター)、ブルースハープ奏者。本名は成田 慶一[1][2]満州国大連生まれ[3][1][2]

略歴[編集]

2歳の時に満州から博多福岡県前原市)へ引き揚げ[4]し、5歳の時に父が他界し母方の実家がある北海道札幌市に移る[1][2]

北海道札幌北高等学校に入学し、バンド活動を始める[1]。ある時、ジャズ喫茶で歌っていたところを大阪のバンドから加入の誘いを受けたことがきっかけで、歌手になる道を選ぶ[1][5]。その後単身関西へと移り、「成田賢一」の芸名でバンド「ケーパーズ」に所属。ライブハウスでの音楽活動に加え吉本新喜劇の舞台で芝居も経験する[1][5]

その後、東京のバンド「ダークホース」での活動を経て、札幌で石間秀樹と共に「ザ・ジャローズ」を結成し活動[1]1966年に石間とともにジャローズを脱退し、二人で再び上京[1]。そののち芸名を「成田賢」と改め、バンド「ジ・アウトロウズ」の結成に参加する[1]

1967年、アウトロウズが「ザ・ビーバーズ」と改名しキングレコードよりメジャーデビュー[1][2]。成田はリードボーカルハーモニカを担当し、1969年の解散まで在籍。

ビーバーズの解散後、平井正之とともにバンド「エモーション」を結成し活動していたが、過労による肺結核を患い長期入院することとなる[1]。この入院中に山内テツからの誘いを受け、退院後まもなくセッションアルバム「フレンズ」に参加[1]

1971年11月、ミッキー・カーチスによるプロデュースで初のソロアルバム「眠りからさめて」を発表[1]。シンガーソングライターとして活動する傍ら、スタジオシンガーとしてコマーシャルソングも手掛けるようになり、東ハトキャラメルコーン」のCMを皮切りに230曲ほどコマーシャルソングを歌唱[1]

1979年には日本コロムビア関係者からオファーを受け、テレビアニメ『サイボーグ009』のオープニングテーマ「誰がために」を歌唱[1]。翌年には特撮テレビドラマ『電子戦隊デンジマン』の主題歌を担当するなど、テレビ主題歌の依頼が増えてきた矢先にオートバイ事故で負傷[1]し、その後遺症のため1981年に一度歌手を引退[5]

それ以降は長らく表舞台から遠ざかっていたが、2007年1月7日に開催されたイベント「ANIME JAPAN FES 2007 "冬の陣"」で歌手活動を再開[3][2]。同年、特撮テレビドラマ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の挿入歌で26年ぶりの新曲を発表した。

2018年11月13日7時過ぎ、肺炎のため死去[6][2][7]73歳没。

2019年4月21日、成田の一周忌を偲んで、タレントで昭和サブカルチャー研究家の剣持光によって追悼ライブ「アニメソングメモリアルリサイタル~ヒデ夕樹、成田賢の世界~」が開催された。[8]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 虹のように / おれが死ぬまぎわには(1971年10月、デノン/マッシュルーム、CD-138-Z)
  • 素晴らしい愛と共に / 地球最後の日(1971年3月10日、デノン/マッシュルーム、CD-152-Z)
  • 愛ある限り / 今日からエトランゼ(1972年7月、デノン/マッシュルーム、CD-163-Z)
  • ハウスのふたり 〜ハウス愛のテーマ〜(1977年6月1日、コロムビア、YK-87-AX) - 映画『HOUSE』イメージソング。演奏はゴダイゴ
    • B面:ハウスのテーマ(演奏:ゴダイゴ、インストゥルメンタル)
  • 悲しき街角 / ルイジアナ・ママ(1977年7月5日、フォノグラム/六本木シティレコード、FW-2503)
  • トロピカルハウス / ゲーム(1977年12月、フィリップス、FW-2511)
  • 誰がために(1979年3月1日、コロムビア、SCS-467) - テレビアニメ『サイボーグ009』オープニングテーマ。with こおろぎ'73
    • B面:いつの日か(歌:こおろぎ'73、『サイボーグ009』エンディングテーマ)
  • ああ電子戦隊デンジマン / デンジマンにまかせろ!(1980年3月1日、コロムビア、SCS-533) - テレビドラマ『電子戦隊デンジマン』主題歌
  • 線路で描ける日本地図 / 終わりのない旅(1980年4月10日、コロムビア、GK-525) - 『いい旅チャレンジ20,000km』オープニング&エンディングテーマ。with ザ・チャープス
  • 荒野の呼び声 / しあわせがいない(1981年2月1日、コロムビア、CK-587) - テレビアニメ『荒野の呼び声 吠えろバック』 主題歌

アルバム[編集]

  • 眠りからさめて(1971年11月、デノン/マッシュルーム、CD-7024-Z)
  • 汚れた街にいても(1972年8月25日、デノン/マッシュルーム、CD-7041-Z)
  • ヒストリー・オブ・ナリタ・ケン 遠い愛の日を夢みて(1977年8月25日、コロムビア、LZ-7010-Z)
  • 誰がために 成田賢ヒストリー(2007年5月23日、コロムビア、COCX-34288)

参加アルバム[編集]

  • ザ・フレンズ / フレンズ〜若きロックのスターたち(1971年6月、ビクター/マリオンレコード、W-7021)
  • 山内テツ / TETSU(1972年、コロムビア、JDX-7004)
  • 石間ヒデキ / ONE DAY(1973年5月25日、コロムビア、JDX-7010) - ブルースハープで参加。
  • 荒木和作&やまだあきら / 和作(1974年、トリオ/ショーボート、3A-2003) - ブルースハープで参加。
  • 泉谷しげる / ライブ!!泉谷 王様たちの夜(1975年8月25日、フォーライフ、FLL-8001〜2) - ブルースハープで参加。
  • ジョニー大倉 / JOHNNY WILD(1976年11月5日、フィリップス・レコード、FX-6050) - ブルースハープ、バックコーラスで参加。
  • ゴダイゴ / HOUSE オリジナルサウンドトラック(1977年6月25日、コロムビア、YX-7177) - 「ハウスのふたり 〜ハウス愛のテーマ〜」歌唱。
  • サイボーグ009 主題歌・挿入歌集(1980年3月25日、コロムビア、CS-7174) - 「九つの命」、「やさしさは勇気 強さは愛」、「母は大地」、「闘いは終った」ほか歌唱。
  • 電子戦隊デンジマン ヒット曲集(1980年7月1日、コロムビア、CZ-7034) - 「戦う電子戦隊デンジマン」、「星からきた超兵器」、「ゴーゴーデンジタイガー」ほか歌唱。
  • 松本零士のすべて SFロマンの世界(1981年9月25日、コロムビア、CZ-7125〜6) - 「コスモス・ドリーム COSMOS DREAM -宇宙をかける夢- (コロムビア・カヴァーヴァージョン)」歌唱。
  • 獣拳戦隊ゲキレンジャー オリジナル・アルバム 真激音盤 其之弐 〜ゲキウタ・コレクション〜(2007年8月1日、コロムビア、COCX-34397) - 「1-2-3-4 激気正義!」歌唱。
  • ANOTHER SOUND OF 009 RE:CYBORG(2012年11月21日、バップ、VPCG-84932) - 「誰がために -2012VER.-」歌唱。
  • 超無敵戦隊ムテキファイブ(2016年) - 「ムテキファイブ!」歌唱。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 貴日ワタリ (2007年). 成田賢『誰がために 成田賢ヒストリー』のアルバム・ノーツ [CDブックレット]. コロムビア・ミュージック・エンタテインメント (COCX-34288).
  2. ^ a b c d e f g “歌手の成田賢さんが死去 「ザ・ビーバーズ」のリードボーカル”. 産経新聞. (2018年11月13日). https://www.sankei.com/life/news/181113/lif1811130032-n1.html 2018年11月18日閲覧。 
  3. ^ a b プロフィール”. 成田賢オフィシャルホームページ EVER GREEN. 2018年11月18日閲覧。
  4. ^ @NARIKEN009 (2016年1月18日). "成田 賢 【 公式 】‏ (@NARIKEN009) 2016年1月18日23:17のツイート" (ツイート). Retrieved 2018年11月18日 – via Twitter.
  5. ^ a b c ミドルエッジ編集部 (2018年1月23日). “「誰がために」歌い続ける!伝説のアニソンシンガー成田賢が、55年の歌手人生とこれからを語ります!!”. ミドルエッジ. 株式会社ディー・オー・エム. 2018年11月18日閲覧。
  6. ^ @NARIKEN009 (2018年11月12日). "成田 賢 【 公式 】‏ (@NARIKEN009) 2018年11月12日18:05のツイート" (ツイート). Retrieved 2018年11月18日 – via Twitter.
  7. ^ “歌手・成田賢さん死去 「サイボーグ009」「電子戦隊デンジマン」主題歌”. デイリースポーツ online. (2018年11月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/13/0011815955.shtml 2018年11月18日閲覧。 
  8. ^ 『ヒデ夕樹没後20周年&成田賢追悼リサイタル』が4月21日開催!剣持 光がプロデュース!!”. Middle Edge(ミドルエッジ). 2019年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]