うたのおねえさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うたのおねえさんは、NHKの子供向け番組「うたのえほん」(1961年4月 - 1974年3月)、「おかあさんといっしょ」(1974年4月 - )の女性の役名。うたのおにいさんと共に番組の司会進行を務める。

転じて、子供向け番組で歌を担当する女性全般をこう呼ぶことがある。

歴代のうたのおねえさん[編集]

歴代のBSのうたのおねえさん[編集]

BSおとうさんといっしょ[編集]

「うたのおねえさん」の雇用形態[編集]

  • 歴代の「うたのおねえさん」は、実質的には「NHKの契約社員」(基本1年契約で年俸制)という扱いを受ける。また、月曜日から水曜日は番組収録、木曜日はリハーサル、金曜日は歌の収録、土日は地方へのファミリーコンサートが組み込まれる事があり、1日当たりの実質的な拘束時間は2~3時間程度とはいえ、ほとんど休みがなく、ハードスケジュールである。収入はNHKの契約社員よりやや高い30万から40万程度とされている。(佐藤弘道は当時の収入について、『同年代の一般的なサラリーマンが受け取る金額よりも少し多い程度』と言っている)
  • また、これ以外にもいくつか禁止項目が挙げられており、第19代うたのおねえさんだったはいだしょうこが一例を挙げると、
    • 海外旅行の原則禁止
    • 自動車の運転や、けがをする可能性のあるスポーツ(スキーやスノーボード等)禁止
    • 子供に悪影響を与える行動の禁止(歩きながら食べ物を食べるなどの行為)
    • 「おかあさんといっしょ」以外の番組以外に出演は禁止(但し、NHKの許可が下りればNHKの他の番組に出演するのは可能)
    • 恋愛、結婚、妊娠は禁止(但し、妊娠以外は公にならなければ黙認される場合もある)

等が挙げられる。

関連書籍[編集]

  • NHKテレビ「おかあさんといっしょ」放送40周年記念出版 歌のおねえさんグラフィティ(講談社

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 初代は就任時期が同じだが、当時は隔週で2人のうたのおねえさんが交代で出演していた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「おかあさんといっしょ」の歴代「うたのお姉さん」を振り返ろう。ママ・パパも知ってる歌がいっぱい!”. すくコム. NHKエデュケーショナル (2016年2月12日). 2016年2月21日閲覧。
  2. ^ 番組からのお知らせ
  3. ^ 「おかあさんといっしょ」21代目うたのお姉さん 小野あつこさんを紹介します!”. すくコム. NHKエデュケーショナル (2016年2月12日). 2016年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]