森晴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森晴美
出生名 森晴美
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 大東学園高等学校工学部
職業 歌手
俳優
声優

森 晴美(もり はるみ、4月24日 - )は、日本の元歌手宝塚歌劇団卒業生で、『おかあさんといっしょ』(当時は『うたのえほん』)8代目うたのおねえさん東京都出身。大東学園出身。公称身長163cm。宝塚時代の愛称はハミちゃん。 現在は主婦をしている。

略歴[編集]

宝塚歌劇団1966年入団。(52期生、同期には瀬戸内美八松あきら麻生薫ら)。初舞台公演の演目は月組公演『日本の四季/ファンタジア[1]で初舞台を踏む。入団時の成績は51人中27位[1]1968年12月30日[1]の退団まで道成 ゆた佳として在籍していた(の字は実際は変体仮名)。1970年4月から1971年11月までの1年8ヶ月の間、うたのおねえさんとして務めた。同じく8代目として登場したのが、斎藤昌子で、当時は彼女と隔週の出演だった。初の宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんだった(歴代では2人いて、2人目は19代目のはいだしょうこ)。

うたのおねえさん引退後、結婚および完全引退した。但し、1989年春に行われた番組30周年記念コンサート『おかあさんといっしょ30周年記念ファミリーコンサート おかあさんといっしょ30年』には、歴代のうたのおねえさんの一人として出演している。 娘の絵麗まりな81期生、元雪組)と舞椰莉々89期生、元星組)も宝塚歌劇団卒業生

代表曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.72-73(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010