西川知雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川知雄
にしかわ ともお
生年月日 (1948-12-17) 1948年12月17日(69歳)
出生地 滋賀県
出身校 東京大学法学部
現職 弁護士
所属政党新進党→)
改革クラブ
配偶者 松あきら

選挙区 神奈川3区
当選回数 1回
在任期間 1996年 - 2000年
テンプレートを表示

西川 知雄(にしかわ ともお、1948年12月17日 - )は、日本政治家弁護士。西川シドリー・オースティン法律事務所・外国法共同事業の代表パートナー。衆議院議員を1期務めた。元東北大学客員教授監事。文部科学省の大学ガバナンス改革推進方策に関する検討議会委員

来歴・人物[編集]

東京大学法学部卒業後、建設省勤務[1]。1977年弁護士登録。アンダーソン・毛利法律事務所においてパートナーとなったが、移籍して1995年小松・狛・西川法律事務所パートナーにとなる

1996年10月、第41回衆議院議員総選挙新進党公認で神奈川3区より立候補し、自由民主党現職の小此木八郎を破り、初当選。

1997年12月31日、新進党の分党に伴い、小沢辰男が党代表となった改革クラブの結党に参加、1998年には改革クラブの政調会長となる。

2000年6月、第42回衆議院議員総選挙で改革クラブ公認で神奈川3区より立候補したが、自民党公認の小此木に敗れ、落選。これ以降は本業である弁護士業に専念している。

2002年10月、あさひ法律事務所(現あさひ法律事務所及び西村あさひ法律事務所)との統合には参加せず、西川綜合法律事務所(西川シドリー・オースティン法律事務所・外国法共同事業)を設立した。

妻は松あきら

略歴[編集]

議員時の政策[編集]

・金融国会にて、議員立法提案者となり、与党政策責任者会議の一員として活躍。

・金融再生法の成立に貢献した『政策新人類』の一人。

・携わった主な金融関連法案は、『金融機能再生のための緊急措置に関する法律案』、『金融再生委員設置法案』、『預金保険法の一部を改正する法律案』、『金融再生委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案』、『信用保証協会法等の一部を改正する法律案』等がある。

・主な所属委員会としては、『衆議院予算委員会』、『衆議院労働委員会理事』、『衆議院商工委員会』、『衆議院環境委員会』、『衆議院税制特別委員会』、『衆議院財政構造改革法特別委員会』、『衆議院金融安定化に関する特別委員会』、『裁判官訴追委員会』、『検察官適格審査会』がある。

●主な所属委員会としては、『衆議院予算委員会』、『衆議院労働委員会理事』、『衆議院商工委員会』、『衆議院環境委員会』、『衆議院税制特別委員会』、『衆議院財政構造改革法特別委員会』、『衆議院金融安定化に関する特別委員会』、『裁判官訴追委員会』、『検察官適格審査会』がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西川 知雄、西川シドリーオースティン法律事務所