樋高剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樋高 剛
ひだか たけし
生年月日 (1965-11-24) 1965年11月24日(51歳)
出生地 神奈川県横浜市
出身校 早稲田大学社会科学部卒業
前職 会社員
議員秘書
所属政党 自由党→)
民主党小沢グループ)→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(生活の党→)
(生活の党と山本太郎となかまたち→)
自由党→)
希望の党
称号 社会学士(早稲田大学 1990年)
親族 岳父平野貞夫(元参議院議員)
公式サイト ひだか剛

選挙区 神奈川18区
当選回数 3回
在任期間 2000年 - 2005年
2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

樋高 剛(ひだか たけし、1965年11月24日 ‐ )は、日本政治家。妻は、元参議院議員平野貞夫の次女。

衆議院議員(3期)、国民の生活が第一幹事長代行(国会担当)、民主党総括副幹事長、民主党税制調査会副会長などを歴任。

来歴[編集]

神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。神奈川県立旭高等学校を卒業後、1986年早稲田大学社会科学部に入学。早大在学中は、早稲田大学応援部に所属していた。応援部では副将・連盟常任委員などを務めた。1990年、大学卒業後、東京海上火災保険勤務を経て、1991年より小沢一郎秘書を務める。1994年、平野の次女と結婚。

1998年7月12日、32歳で自身が被選挙権参議院は30歳)を得て最初の参院選となる第18回参議院議員通常選挙神奈川県選挙区(定員3名)から自由党公認で出馬し、立候補者15名中241,189票の8位で落選。

2000年6月25日第42回衆議院議員総選挙に自由党公認で神奈川7区から出馬。85,340票を集めた現職の鈴木恒夫自由民主党)・80,189票を集めた首藤信彦民主党)に次ぐ、37,827票の3位に終わったが、首藤と同様に比例復活で初当選。

2003年、自由党の合併により民主党所属となる。同年11月9日第43回衆議院議員総選挙では、神奈川7区民主党の現職首藤との間で候補者調整が行われ、樋高は7区と隣接する神奈川18区からの出馬となった。18区での準備期間は短かったが64,879票を集め、58,001票の山際大志郎(自民党)を破り再選。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬。111,787票を集めた山際に対し、77,877票の次点となる。名簿順位2位で重複立候補していたが、惜敗率69.6%の為復活できず落選。

2009年8月30日実施の第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬。110,239票を集め、前職の山際を下し3選。

2009年10月7日、民主党副幹事長に就任。2010年6月に党副幹事長を退任。

2010年9月に環境大臣政務官に就任。

2011年6月1日、菅内閣不信任決議案に賛成するため環境大臣政務官の辞表を提出したが[1][2]、6月2日の衆議院本会議前の民主党代議士会で菅直人首相の早期退陣が示唆されたことから、同決議案の採決では反対票を投じた。6月3日には菅首相からの慰留に応じ、辞表を撤回した[3][4]

2011年9月に党総括副幹事長と党税制調査会副会長に就任。

2012年の消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して3月30日に党総括副幹事長の辞表を提出し[5][6][7]、4月23日の党役員会で受理された[8]。6月26日の衆議院本会議で行われた同法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[9][10]。7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された[11][12][13]。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し[14][15][16][17][18]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[19][20][21]

同年7月11日、国民の生活が第一結党に参加した[22]。党幹事長代行(国会担当)に就任。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で出馬。25,279票の4位に終わり比例復活もできずに落選した。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に生活の党公認で出馬。20,105票の5位に終わり比例復活もできずに落選した。2017年第48回衆議院議員総選挙では、希望の党から千葉12区に出馬すると報じられている[23]

その他[編集]

  • 岡島一正佐藤公治松木謙公と並ぶ「小沢側近四天王」の一人[24]
  • 2010年1月14日石川知裕の後援者として事務所に出入りしていた私設秘書が、樋高から「陸山会事務所の証拠隠滅工作に加わった」と聞いたと主張。さらに、樋高から「資料が押収されていたら小沢氏を含め全員逮捕だった」と聞いたとも主張している。さらに、金沢は「小沢氏が記者会見で『国策捜査』と訴えられたのは、証拠資料を隠すことができたから。石川、樋高両氏もそう話していた」とも主張した[25][26]。19日には金沢のこの発言に対し、樋高と、同様に勉強会で名前の挙がった松木謙公荒井聰鈴木宗男の4衆院議員らが強く抗議。松木は「あまりにもウソばかりで、看過できない」として1月19日に金沢元秘書の告訴を表明し[27]、22日には金沢に対し発言の取り消しを求める催告書を送付している[28]。なお、後になって、金沢は、山本有二議員の質問に答えて、自分の民主党公認の議員出馬を石川に断られたことから、石川の私設秘書をやめることになったという経緯を告白している。
  • 日本の国際協力-特に青年海外協力隊の活動-を支援する国会議員の会(協力隊議連の会)事務局長[29]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[30]

出典[編集]

  1. ^ “鈴木総務副大臣ら5人が辞表提出”. 朝日新聞. (2011年6月1日). オリジナル2011年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110604115642/http://www.asahi.com/politics/update/0601/TKY201106010524.html 
  2. ^ “副大臣ら5人が辞表提出 不信任案に賛成へ”. 日本テレビ. (2011年6月1日). オリジナル2012年9月6日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/Hrtk 
  3. ^ “3副大臣と1政務官、出した辞表を返してもらう”. 読売新聞. (2011年6月3日). オリジナル2011年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110606093231/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000281-yom-pol 
  4. ^ “不信任案否決:小沢系政務三役4人の留任を決定…菅首相”. 毎日新聞. (2011年6月3日). オリジナル2011年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110606040038/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110603k0000e010064000c.html 
  5. ^ “副大臣・政務官計4人辞表 民主幹部2人や政調10人も”. 朝日新聞. (2012年3月30日). オリジナル2012年3月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120330134942/http://www.asahi.com/politics/update/0330/TKY201203300520.html 
  6. ^ “消費増税:小沢系、集団で辞表提出”. 毎日新聞. (2012年3月30日). オリジナル2012年3月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120331190636/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120331k0000m010099000c.html 
  7. ^ “民主党・樋高剛氏と岡本英子氏が役職辞任の意向、消費増税法案閣議決定を受け/神奈川”. 神奈川新聞. (2012年3月31日). http://www.kanaloco.jp/article/45797 
  8. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナル2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  9. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  10. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  11. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  12. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  13. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  14. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  15. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  16. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  17. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  18. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  19. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  20. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  21. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  22. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  23. ^ 希望の党・若狭勝氏ら第1次公認/内定候補者一覧”. 日刊スポーツ. 2017年10月3日閲覧。
  24. ^ 菅バラバラ“時限爆弾”炸裂か! 小沢派、原口分派会合に集合ZAKZAK 2011年2月24日
  25. ^ MSN産経ニュース (2009年1月14日). “「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白”. 2009年1月15日閲覧。
  26. ^ MSN産経ニュース (2009年1月14日). “石川議員元秘書の自民勉強会での証言要旨”. 2009年1月15日閲覧。
  27. ^ MSN産経ニュース (2009年1月19日). “松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明”. 2009年1月26日閲覧。
  28. ^ 時事通信 (2009年1月22日). “石川議員元秘書に抗議=樋高氏”. 2009年1月26日閲覧。
  29. ^ 時代が求めるグローバル人材の模範にJICA国際協力機構2012年6月19日
  30. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]