神山洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神山 洋介
かみやま ようすけ
生年月日 (1975-05-24) 1975年5月24日(43歳)
出生地 神奈川県小田原市
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科
前職 第一生命保険
現職 神奈川県第17区総支部代表
所属政党民主党→)
民進党前原G)→)
希望の党
称号 学士(法学)
公式サイト 神山洋介の公式webサイト

選挙区神奈川17区→)
比例南関東ブロック
当選回数 2回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

神山 洋介 (かみやま ようすけ、1975年5月24日 - )は、日本政治家希望の党所属の前衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

神奈川県小田原市出身[1][2][3]湯河原町育ち。こゆるぎ幼稚園(小田原市)を卒園したのちは、湯河原町立湯河原中学校を経て、神奈川県立平塚江南高等学校卒業[2]慶應義塾大学法学部政治学科を経て、1999年平成11年)に第一生命保険に入社[2]2001年(平成13年)に学生時代に知り合った妻と結婚。2003年(平成15年)に長女、2007年(平成19年)には次女をもうける。

2003年(平成15年)に松下政経塾第24期生として入塾し、2006年(平成18年)に卒業した[2]

2007年に次期衆院選の民主党公認候補に内定した。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙神奈川17区から出馬し、元衆議院議長河野洋平の後継候補である牧島かれんを破り初当選した。

2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では神奈川17区から出馬したが、前回下した牧島に敗れ、比例復活もならず落選した。

2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では神奈川17区から出馬し、牧島に敗れたが比例復活で2年ぶりに国政に復帰。12票少なければ落選しており(惜敗率67.31%)[4]、1996年に比例代表制度が導入されて以来の新記録となった[5]

2016年(平成28年)民進党次の内閣でネクスト内閣府特命担当大臣経済再生公務員制度改革、国家基本戦略)に就任。

2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認、連合神奈川の推薦を得て出馬するも[6]、牧島に敗れる。惜敗率は71.286%と前回よりも上昇するが、希望の党が比例南関東ブロックで獲得した4議席の中に含まれなかったことから落選が確定した[7]

政策[編集]

人物[編集]

  • 妻、娘2人の4人家族[10]
  • 趣味は二人の娘との釣り。
  • 学生時代は慶応義塾大学教授で日本外交研究の権威、添谷芳秀に師事した[11]
  • 専門は、観光政策、地方分権、子育て支援、防災、外交・防衛政策、サイバー政策、インテリジェンス政策等。
  • 一期目では、民主党政策調査会のインテリジェンス・NSC分科会の事務局長を務め、民主的統制と情報組織の効率化、サイバー対策に尽力した[12]
  • 在任中、「箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏(愛称:ぐるっと箱根観光圏)」の観光庁認定に尽力。箱根、湯河原、熱海、足柄、小田原において町・市・県の枠を超え、相乗効果を生みだしながら、産業としての観光を育て、ひいては日本の成長を支えようとする取り組み[13]

役職[編集]

  • 党神奈川県第17区総支部長[1]
  • 党常任幹事[1]
  • 党国会対策委員会副委員長[1]
  • ネクスト内閣府特命大臣(国家基本戦略・経済再生・公務員制度改革)[1]
  • 内閣委員会/理事[1]
  • 安全保障委員会/委員[1]
  • 災害対策特別委員会/委員[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]