やんちゃるモンちゃ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やんちゃるモンちゃNHKの幼児向け番組『おかあさんといっしょ』のコーナーとして放送されたアニメーション1999年4月5日から2002年3月30日まで放送。

概要[編集]

普段はいい子の「もんちゃ」がイタズラを思い付くと、いたずらっ子の「やんちゃるモンちゃ」に変身してイタズラを始めるが、最後は自分に返ってきて痛い目に合ってしまう。

初回はオムライスケチャップのお話。音楽は「パヤパヤパ~」と所々でかすかに聞こえる。

キャラクター[編集]

モンちゃ
声 - 佐久間あやの[1]
本作の主人公。サルの男の子。イタズラ好きであり、普段は良い子で黄緑色の体をしているが、イタズラを思いつくと「ウシシシシ…」と笑い、「あちゃ~!うちゃ~!モンちゃ~!!」の呪文で触角が2本生え身体も紫色に変わり、いたずらっ子に変身する。しかし、調子に乗りすぎて最終的に災難が降りかかり、一瞬で元の姿に戻る(戻らないまま終わることもある。例えばネコにゃがイタズラに参加した時など。ドラににらまれるとゆっくり元の姿に戻る)。
ネコにゃ
声:川田妙子佐久間レイ
ネコがモチーフ。脇役の中では登場回数が一番多く、一番もんちゃのイタズラの被害を受けている。大人びた性格だが、時にモンちゃに反撃したり、いっしょにイタズラしたりする。
ムク
声:下山吉光
がモチーフ。ネコにゃに次いでイタズラの被害を受けている。作品では一言もしゃべらなかったが、しゃべったのは、第3話の「痛っ!」だけである。
ドラ
声:下山吉光
トラがモチーフ。ネコにゃと兄妹なのかは不明。モンちゃが一番苦手としている人物。

しっぱいのせいこう[編集]

『おかあさんといっしょ』の中で、やんちゃるモンちゃのアニメーションが使われた歌。おかあさんといっしょ内で1999年9月の歌として放送された。作詞は里乃塚玲央、作曲は小杉保夫

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐久間レイの実娘。[1]
NHK教育テレビ おかあさんといっしょ内ショートアニメ
前番組 番組名 次番組
やんちゃるモンちゃ