志ん輔ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかあさんといっしょ > 志ん輔ショー

志ん輔ショー(しんすけショー)は、1984年4月から1999年4月3日までNHKのテレビ教育番組『おかあさんといっしょ』で放送された、古今亭志ん輔(旧名:古今亭朝太)によるコーナーである。

概要[編集]

コーナー開始当初は、まだ志ん輔が真打に昇進しておらず、高座名が朝太であったため、『朝太ショー(ちょうたショー)』という名前であった。1985年、志ん輔が真打に昇進したのに伴い、コーナーの名前を『志ん輔ショー』に変更する。

直前の人形劇(『にこにこぷん』→『ドレミファ・どーなっつ!』)終了後、志ん輔が一人で「ハイ、志ん輔です。」などと挨拶しコーナーがスタートする。平成5年度まで志ん輔は裸眼だったが、翌年度からは眼鏡をかけて登場した。

このコーナーでは志ん輔の他、間抜けなピンクの「ブタくん」と、星の模様がついたしっかり者の「ヘビくん」、お友達の「ワンちゃん」[1]、というユニークなぬいぐるみキャラクターも出演していた。志ん輔とブタくん、ヘビくんの会話が人気を博したが、この会話は志ん輔が1人3役(志ん輔自身、ブタくん、ヘビくん)を演じた。

ミニアニメーションを挟んだ2部構成となっており、1部は窓枠のようなデザインの背景(1996年度にマイナーチェンジし、それまでのグレーのものからカラフルで明るいものに変更)をバックにある物事について語り始めたり[2]、視聴者からの手紙やイラストを紹介するコーナー(2000年度以降の『やぎさんゆうびん』のコーナーの前身に当たるが、リクエスト曲の放送はなかった。)[3]で、こちらは基本的に志ん輔が1人で進行した。2部では志ん輔が様々なキャラクター[4]に変装したミニコントや、不思議な鏡で色々なものを色々な視点から見たり、あるものの一部分を見せてそれが何なのかを当てるクイズといったコーナーが行われた。時には、紙芝居や本業である落語を披露する回もあるなど、『おかあさんといっしょ』では珍しくバラエティ色が強いコーナーだった。

1985年頃には「そらタロウ」という赤い色の宇宙人キャラも登場した。体の大きさはブタくん・ヘビくんと同じぐらいだが、正式名称が「おもしろ宇宙人ピポパピポ・お菓子大好き夜間飛行の大天才・おっとどっこい出ベソのピーピー・そらタロウ」と異常に長く、毎度志ん輔が名指しの際に寿限無のように早口でフルネームを呼んでいた(単に「そらタロウ」だけのときもあった)。

『わたしはだれでショウ』などのクイズコーナーは、しっかり者のヘビくんがいつも正解し(正解すると志ん輔が紙吹雪をまいて祝福)、ブタくんはいつも間違えてばかりでヘビくんに負ける、というパターンであったが、『志ん輔ショー』の最終回では遂にブタくんがクイズに正解した。

おかあさんといっしょ』の各種コーナーの中では、『パジャマでおじゃま』『はみがきじょうずかな』[5]に次ぐ長期放送であり、志ん輔は番組出演期間が歴代最長となった。

エピソード[編集]

志ん輔はファミリーコンサートでも当コーナーと同じように様々なキャラクターを演じていた。コンサートでは普段の『古今亭志ん輔』としてではなく、魔女の「マジョンナ」、音楽博士の「美空しどすけ」、カレンダー大王、悪魔の「アクマさん」といった、コンサートのキーパーソンとなるキャラクターを演じることが多かった。

本コーナーの落語の演目は子供向けの古典落語の他、子供にも分かりやすく楽しめるよう志ん輔自身が考案・製作したものがほとんどであり、コーナー末期になると次第に落語を演じる機会も増えていった。この落語で、当時見ていた子供が落語に興味を持ち、大人になって志ん輔の出演する高座・落語会などを見に来るなど、より幅広い世代が落語に興味を持つきっかけともなった。

『志ん輔ショー』終了後は、ミニ人形劇『スプーとガタラット』の時間に当てられていたが、『ぐ〜チョコランタン』に移行した2000年からはおにいさんとおねえさんが司会の日替わりコーナーが放送されている。

このコーナーの終了後、『おかあさんといっしょ』において、志ん輔やヘビくんとブタくんが長らく登場することはなかったが、終了から14年経った2013年1月4日放送の『おかあさんといっしょ 新春!初笑いスペシャル』で、志ん輔が司会者として出演。ヘビくんとブタくんも現在のお兄さんお姉さんのサポート役として登場し、共演が実現した。

脚注[編集]

  1. ^ 主に紙芝居のコーナーに登場
  2. ^ ちなみに1992年10月3日は、『にこにこぷん』最終回放送直後に志ん輔が自ら同作の終了と次回作『ドレミファ・どーなっつ!』の開始、『母と子のテレビタイム土曜版』での『にこにこぷん』の放送は続く事を視聴者に紹介した。
  3. ^ 一部番組関連本では、これらを実施する部分を「あいさつコーナー」と称しているものもある。
  4. ^ お婆さん、お姫様、原始人、忍者、ドラキュラ、西遊記、ねずみ、魔女など。ドラキュラの格好は『ハッチポッチステーション』でパロディされたことがある。
  5. ^ ともに1979年4月から2016年現在も放送中。ただし1994年4月から2年間中断。