ぽていじま・わくわくマラソン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぽていじま・わくわくマラソン!』は、2012年平成24年)5月NHKホールで行われたおかあさんといっしょファミリーコンサート

作品概要[編集]

2012年5月3日から6日に東京都渋谷区NHKホールで公演されたファミリーコンサート。

進行はコンサート9回目のうたのおにいさんであった横山だいすけ、同じくうたのおねえさんであった三谷たくみを中心に行われた。小林よしひさはレギュラー15回目(番組レギュラー就任前に2002年5月のコンサート「元気いっぱい!たまたまご」に「日本体育大学 体操部」のメンバーとしてゲスト出演している)、ポコポッテイトの3人は3回目のコンサート。

4月に新しくたいそうのおねえさんになった上原りさにとっては現役初めてのコンサート。

ストーリー[編集]

まずはおにいさん・おねえさんが登場し、『まほうのとびら』を歌って自己紹介をする。そしてこれからぽていじまへ行くことをみんなに告げる。今日はぽていじまでマラソン大会を開催するとのこと。おにいさん・おねえさんはユニフォーム姿で気合十分。場所が遠いので、ある乗り物に乗っていく。とその前に、会場に来た子供達に、何に乗って来たかを『のりものメドレー』を歌って聞く。しかし、今回おにいさん・おねえさんが乗る乗り物は『空とぶヨット』。歌いながらぽていじまへ出発する。

ぽていじまでは『ポコポッテイト』の3人がスタンバイしていた。もうじきヨットがぽていじまへ着陸する。ヨットに手を振る3人は『青い空を見あげて』を歌う。すると長老さまとアオアシさんが登場する。長老さまは司会、アオアシさんはルール説明係を担当する。このマラソンは、2人1チームになり、1本のデッキブラシを2人で持ちながら走る。どちらかが手を放すと、その場から仕切りなおしとなる。ペアはメロンチーム・レモンチーム・リンゴチームの3つ。早速ルーレットマシンでペアを決めることに。「スタート!」の掛け声で動き、「ストップ!」の掛け声でルーレットを止める。組み合わせは、たくみおねえさんとメーコブがレモンチーム。よしおにいさんとムテ吉がリンゴチーム。だいすけおにいさんとミーニャがメロンチームとなった。なお、りさおねえさんは人手が足りないため、ララパと一緒にニンジンチームとして役員を担当。走る前に準備体操として『ぱわわぷたいそう』を披露する。コースは、ぽていどん海岸からスタートし、森と野原を通過し、浜辺を通って海岸に戻ってくるというシステムで、一周でゴールとなる。さらに休憩所を3箇所に用意。そこでのミッションに挑戦し、クリアできるまで先に進めない。まもなくマラソンがスタートする。3チームに『ドンスカパンパンおうえんだん』を歌ってエールを送る。そしていよいよスタートへ。3チームはデッキブラシを持って位置につく。一斉にスタートし、『マラソン・マがつく』を歌う。早速中継をつなげる長老さま。マーモットさんが中継係を担当。まず森の入り口で第一中継。最初はリンゴチームがトップだったが、ムテ吉が転んでしまい、早くもタイムロス。その間に他の2組が抜いていく。マーモットさんは中継のため先回りをする。

森の中をレモンチームが『この道どこまでつづいてる』を歌いながら走っていく。レモンチームはメロンチームとトップ争いを繰り広げていたが、ミーニャがトカゲを見てフリーズしてしまったとのこと。早くもレモンチームの独走となった。そして最初の休憩所へ。とここですりかえかめんとすりかえおじょうが現れる。2人は長老さまに頼まれてクイズ係となっている。早速レモンチームにクイズを出題。いつものようにイラストを提示。今回はマラソンのイラストである。すりかえチェンジでゴールテープをネギに摩り替えるが、やはりすぐに見破られてしまう。レモンチームはマラソンを続けようとするが、すりかえかめんとすりかえおじょうはレモンチームに問題の片づけを頼むという無茶振りする。「片付けないとは走らせない」とまで言ってそのまま去っていった。仕方なく問題を片付けることになったレモンチーム。するとフリーズから回復したミーニャとだいすけおにいさんのメロンチームがその間に追い抜く。さらにリンゴチームにも抜かれてしまい、一気に最下位に。するとメーコブは「もう無理〜!」と言い放ち、一人ですぐに片づけを済ました。そしてすぐさま前を走る2チームを追いかけていく。マーモットさんが野原で第二中継。野原をメロンチーム、リンゴチーム、レモンチームの順で通過した。

第二の休憩所はぽていじまの郵便局。郵便局にはアオアシさん。そこを2位に大きな差をつけてメロンチームが走ってくる。メロンチームへのミッションは、送られてきたリクエストに応えて歌を歌うこと。紹介されたリクエストは『アイアイ』と『いぬのおまわりさん』。歌えるのはどちらか1曲だけとなっている。だいすけおにいさんは『アイアイ』、ミーニャは『いぬのおまわりさん』を歌いたいと、両者は一歩も譲らない。もめている間にリンゴチームに抜かれてしまう。その結果、お客さんの拍手の大きさで決めることに。そして『アイアイ』に決定。さらに大量の拍手をもらわないとマラソンを再開できない。マシンのがてっぺんまでいき、ライトがついたら合格となる。だいすけおにいさんとミーニャはいつも以上に真剣に『アイアイ』を歌う。そして見事合格。しかし再開直前でレモンチームに抜かれてしまう。すぐさま前を走る2チームを追いかけていく。

リンゴチームは第三の休憩所へ。よしおにいさんが水を補給しようと、給水所を探しているとちょうど蛇口を発見。すると突然りさおねえさんが現れ『パント! 〜バナナ〜』を始める。よしおにいさんはやはり水を欲しがり、蛇口をひねるが、水が出ない。りさおねえさんはそのまま去っていく。するとムテ吉は岩の陰のキレイな泉で給水することを進める。よしおにいさんは泉へ直行する。待っているムテ吉のもとに大きなテレビが登場。映っているのはだいすけおにいさんとたくみおねえさん。しかし2人はあくまでテレビの中の2人なので、マラソンのことなど知るはずがない。2人は長老さまに頼まれ、ムテ吉に問題を出題する係に。2人は突然『ジューキーズこうじちゅう』を歌い、テレビから出てくる。働く車に興味津々のムテ吉。するとたくみおねえさんの表情が一変し、「僕も乗せて〜って、入っていくといい」と教える。一方だいすけおにいさんは「工事現場は危険だから、離れて応援しよう」と教える。ムテ吉はだいすけおにいさんの答えを選んだ。するとたくみおねえさんは正体を暴く。その正体は怪獣・キケンダー。キケンダーはテレビから飛び出し、そのまま去っていく。だいすけおにいさんはキケンダーを追いかけようとするが、テレビから出られず。ちょうどよしおにいさんが戻って喜、マラソンを再開しようとする。とそこに下位の2チームが追いついてくる。ここから3組は『げんきひゃっぱい』を歌い、大接戦となる。

最後の休憩所を通過し、マラソンはいよいよクライマックスへ。マーモットさんが浜辺で第三中継。互角の1位争いを繰り広げており、どのチームが優勝するか予想もつかない展開に。とここで長老さまは、1位のチームの商品を恒例の三択クイズで発表。優勝商品はぽてい湯に何度でも無料で入れる「温泉無料入浴券」。そしてついにゴールテープを切る時。3チームがいっせいにゴールイン。このままだと決着がつかないため、スロー再生で確認することに。すると、3チームが同時にゴールしていることが確認できた。ということで、今回のマラソンは全員が1位という結果に。そしてみんなで『みんなみんなみんな』を歌った。もちろん、温泉無料入浴券も全員に。汗を流すために一向は早速ぽてい湯へ。『スパスパおんせんタイム』を歌い温泉の湯につかる。マラソンは大いに盛り上がったが、長老さまは少しショックだと言う。他に観光客が来ず、ぽていじまには魅力がないのではないかとつくづく思っていたらしい。おにいさん・おねえさんは自然がいっぱいでうらやましいと励ます。すると長老さまは元気を取り戻す。ぽていじまが好きなみんなのために『メドレー はる・なつ・あき・ふゆ・ぽていじま』を歌う。そしてすっかり日が暮れ、そろそろ帰る時間に。また遊びに来ることを約束し、『おうちにかえろう』を歌い、みんなは家へ帰っていった。

夜になり、町に帰ってきたおにさん・おねえさんは『空とぶヨット』の夢を見る。そしてアンコールとして『みんなだれかがすきになる』を歌ってお別れし、コンサートは幕を降ろす。

出演者[編集]

メインキャラクター
ゲストキャラクター
  • すりかえかめん (小林よしひさ)
  • すりかえおじょう (上原りさ)
  • キケンダー (三谷たくみ)

曲目リスト[編集]

※ ♪の曲はインストゥルメンタル。♪♪の曲は全コーラス収録されていない。

  1. オーバーチュア ♪
    作曲・編曲:斎藤ネコ
  2. まほうのとびら
    作詞:アメモリネムリ、沢村侑 / 作曲・編曲 / 高野康弘 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ
  3. のりものメドレー ♪♪
    編曲:赤坂東児 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、上原りさ
    1. バスごっこ
      作詞:香山美子 / 作曲:湯山昭
    2. おしゃべりきかんしゃ
      作詞:名村宏 / 作曲:かしわ哲
    3. ちかてつ
      作詞:名村宏 / 作曲:越部信義
    4. 新幹線でゴー!ゴ・ゴー!
      作詞:青島利幸 / 作曲:赤坂東児
    5. のりものだいすき
      作詞:鈴木竹志 / 作曲:堀井勝美
    6. 緑っていいね
      作詞:井出隆夫 / 作曲:越部信義
  4. 空とぶヨット
    作詞:井出隆夫 / 作曲・編曲:赤坂東児 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ
  5. ポコポッテイト
    作詞:金杉弘子 / 作曲・編曲:斎藤ネコ / 歌:ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
  6. 青い空を見あげて ♪♪
    作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:赤坂東児 / 歌:ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、横山だいすけ、三谷たくみ
  7. ぱわわぷたいそう
    作詞:平方宏明 / 作曲・編曲:堀井勝美 / 歌:中西圭三、木村真紀、ひまわりキッズ / 振付: 杉谷一隆、NAO / 体操:小林よしひさ
  8. ドンスカパンパンおうえんだん ♪♪
    作詞:山田ひろし / 作曲・編曲:西脇辰弥 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、上原りさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、ララパ、ゾウガメの長老さま、アオアシの郵便屋さん
  9. マラソン・マがつく ♪♪
    作詞:井出隆夫 / 作曲:越部信義 / 編曲:斎藤ネコ / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
  10. この道どこまでつづいてる ♪♪
    作詞:井出隆夫 / 作曲:越部信義 / 編曲:斎藤ネコ / 歌:三谷たくみ、メーコブ
  11. アイアイ ♪♪
    作詞:相田裕美 / 作曲:宇野誠一郎 / 編曲:乾裕樹 / 歌:横山だいすけ、ミーニャ
  12. パント!〜バナナ〜 ♪
    作曲・編曲:栗原正己 / 指導:カンジヤマ・マイム / パントマイム:上原りさ、小林よしひさ、ムテ吉
  13. ジューキーズこうじちゅう! ♪♪
    作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:大橋恵 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ
  14. げんきひゃっぱい ♪♪
    作詞:長谷川勝士 / 作曲:向谷実 / 編曲:赤坂東児 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
  15. みんなみんなみんな
    作詞:金杉弘子 / 作曲・編曲:斎藤ネコ / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、上原りさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、ララパ、ゾウガメの長老さま、アオアシの郵便屋さん
  16. スパスパおんせんタイム
    作詞:井出隆夫 / 作曲・編曲:斎藤ネコ / 歌:出演者全員
  17. メドレー ♪♪
    編曲:赤坂東児
    1. はる・なつ・あき・ふゆ・ぽていじま
      作詞:井出隆夫 / 作曲:赤坂東児 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、ララパ、ゾウガメの長老さま
    2. はるかぜ電話
      作詞:俵万智 / 作曲:福田和禾子 / 歌:三谷たくみ、ミーニャ
    3. タンポポ団にはいろう!!
      作詞・作曲:坂田おさむ / 歌:横山だいすけ、ムテ吉、メーコブ
    4. ポップンポップコーン
      作詞:冬杜花代子 / 作曲:池毅 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
    5. モウモウフラダンス
      作詞:冬杜花代子 / 作曲:林アキラ / 歌:ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
    6. だぁれもいない海で
      作詞:小野ルミ / 作曲:福田和禾子 / 歌:横山だいすけ
    7. おまつりすんだはらっぱに
      作詞:井出隆夫 / 作曲:福田和禾子 / 歌:三谷たくみ
    8. ゆきふるるん
      作詞:小野ルミ / 作曲:福田和禾子 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
    9. ふゆのプレゼント
      作詞:木本慶子 / 作曲:池毅 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
    10. 野原がぼくらの遊園地
      作詞:井出隆夫 / 作曲:福田和禾子 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、ララパ、ゾウガメの長老さま、アオアシの郵便屋さん
  18. おうちにかえろう ♪♪
    作詞:おーなり由子 / 作曲・編曲:遊佐未森 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、上原りさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ
  19. 空とぶヨット ♪♪
    作詞:井出隆夫 / 作曲・編曲:赤坂東児 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ
  20. みんなだれかがすきになる
    作詞:坂田おさむ / 作曲:林アキラ / 編曲:池毅 / 歌:横山だいすけ、三谷たくみ、小林よしひさ、上原りさ、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ

スタッフ[編集]

放送日[編集]

  • 2012年5月6日(日)Eテレ(教育テレビ) 16:00 - 17:00
  • 2012年8月13日(前編)[1]、14日(中編)、15日(後編) 当時通常枠(8:01 - 8:24)で三分割で放送。
  • 2012年12月17日(前編)、18日(中編)、19日(後編) 当時通常枠で三分割で放送。(再放送)

関連商品[編集]

いずれも株式会社ポニーキャニオンから販売されていた。(現在は絶版)

  • NHK DVD 「NHKおかあさんといっしょファミリーコンサート ぽていじま・わくわくマラソン!」(2012年8月2日発売)
  • NHK CD 「NHKおかあさんといっしょファミリーコンサート ぽていじま・わくわくマラソン!」(同上)

脚注・出典[編集]

  1. ^ ※朝の放送は高校野球中継のため、夕方(当時通常枠(16:36 - 16:59))の放送のみ。

関連項目[編集]