砂川啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さがわ けいすけ
砂川 啓介
本名 山下 啓一(やました けいいち)
生年月日 (1937-02-12) 1937年2月12日
没年月日 (2017-07-11) 2017年7月11日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
死没地 日本の旗 日本・東京都港区
国籍 日本
血液型 B型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマバラエティ番組舞台
活動期間 1961年 - 2017年
活動内容 初代たいそうのおにいさん
配偶者 大山のぶ代
主な作品
おかあさんといっしょ

砂川 啓介(さがわ けいすけ、1937年2月12日 - 2017年7月11日[1])は、日本俳優タレント、初代たいそうのおにいさん東京都出身で、妻は女優声優大山のぶ代である。

来歴・人物[編集]

成城高校在学中に『足摺岬』など数々の社会派映画に出演し、卒業後に演技の基礎を学ぶため、江口舞踊研究所へ入所して本格的にモダンダンスの指導を受ける。

1961年に『うたのえほん』初代「たいそうのおにいさん」として著名になり、1966年おかあさんといっしょと統合されたのちも1969年まで出演した。

1964年には孫悟空の舞台での共演が縁で大山のぶ代と結婚した(当時、大山はおかあさんといっしょ初代人形劇ブーフーウーの声優だったが、うたのえほんとは別番組であったためか、顔を合わせる機会は無いに等しかった)。子女には恵まれず、第1子[2]と第2子を亡くして[3]以降は設けていない。

お昼のワイドショー』で青島幸男8代目古今亭志ん馬の後継として、1980年から6年間司会を務めるなど多方面で活躍した。1985年に劇団フジの舞台へ出演し、以後は俳優、タレント業、舞台演出、ラジオパーソナリティー、講演活動など幅広く活動した。

1988年に、のぶ代と共著で料理本『啓介・のぶ代のおもしろ惣菜170』を主婦の友社から上梓して100万部を超えるベストセラーとなり、1991年に続編『啓介・のぶ代のおもしろ酒肴』を記した。

2001年に、がんと闘病するのぶ代と介護する砂川の日々を記した『カミさんはドラえもん』を双葉社から上梓した。2013年に、砂川も初期の胃癌を切除[4]したが抗がん剤治療は行わなかったと公表した[5]

2009年5月5日に、NHK教育テレビ50周年記念特別番組『ETV50 こどもの日スペシャル〜もう一度見たい教育テレビ第2弾〜(生放送)』へ『おかあさんといっしょ』初代「たいそうのおにいさん」として出演し、当時の衣装で約40年振りに「元気に一、二」体操を[6]披露した。

2015年5月13日に、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演してのぶ代が認知症を患っていることを公表し[7][8]家政婦とともにのぶ代を自宅で介護していた[9]が、2016年4月より自身の尿管癌の治療に伴いのぶ代は老人ホームに入所した[10]

2017年5月に入院し、6月13日に脳梗塞で再入院して療養中の2017年7月11日早朝、尿管がんにより80歳で死去したことが18日に報じられた[1]。のぶ代は入院中の砂川を何度か見舞ったが臨終には間に合わず、喪主を務めたが通夜葬儀に現れなかった[11]。砂川は入院後にマネジャーへ後事を託しており、のぶ代は今後も入所している施設で生活する[12]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

著書[編集]

  • 共著:大山のぶ代『啓介・のぶ代のおもしろ惣菜170 不意の来客、家計のピンチに安くてうまいスピード料理』グラフ社、1988年4月、ISBN 9784079256728
  • 共著:大山のぶ代『啓介・のぶ代のおもしろ酒肴 5〜25分お待たせタイムつき』グラフ社、1991年8月、ISBN 9784079377416
  • 『カミさんはドラえもん』双葉社、2001年10月、ISBN 9784575292954
  • 『娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記』双葉社、2015年10月、ISBN 9784575309553

出典[編集]

  1. ^ a b “砂川啓介さん死去 80歳 認知症の妻・大山のぶ代を残し…”. スポニチアネックス. (2017年7月18日12時23分). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/18/kiji/20170718s00041000174000c.html 2017年7月18日閲覧。 
  2. ^ 砂川啓介『娘になった妻、のぶ代へ -大山のぶ代「認知症」介護日記-』(双葉社、2015年)p.45
  3. ^ 砂川啓介『娘になった妻、のぶ代へ -大山のぶ代「認知症」介護日記-』(双葉社、2015年)p.47、p.50
  4. ^ 大山のぶ代の夫・砂川啓介、胃がんだった…闘病明らかに SANSPO.COM 2015年5月15日
  5. ^ “大山のぶ代、記憶失っても声はドラえもん…夫の砂川啓介が会見”. スポニチアネックス. (2015年5月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/16/kiji/K20150516010356750.html 2015年5月16日閲覧。 
  6. ^ 30周年パーティーでも披露した。
  7. ^ TBS RADIO 大沢悠里のゆうゆうワイド 女優・声優の大山のぶ代さんが認知症で闘病していることを、夫・砂川啓介さんが告白 - 大沢悠里のゆうゆうワイド公式ページ、2015年5月13日
  8. ^ 「ドラえもん」大山のぶ代が認知症で闘病”. 日刊スポーツ (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  9. ^ “妻・大山のぶ代を残し砂川啓介さん死去 “老老介護”に世論も悲痛”. 東京スポーツ. (2017年7月19日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/710747/ 2017年7月19日閲覧。 
  10. ^ 大山のぶ代さん、老人ホームに入所 夫の砂川啓介さん「まずは僕自身のがんを治さないと」 ハフィントンポスト日本語版 2016年6月6日閲覧
  11. ^ “大山のぶ代 涙で「お父さん…」砂川さんとつらい別れ すぐに部屋退出”. スポーツニッポン. (2017年7月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/19/kiji/20170719s00041000092000c.html 2017年7月19日閲覧。 
  12. ^ “ひとりぼっちになった「ドラえもん」大山のぶ代さん 今は時折、笑顔も…”. AERAdot.. (2017年7月19日). https://dot.asahi.com/dot/2017071900125.html 2017年7月19日閲覧。 
  13. ^ 当初は『ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜』の予定であった。

外部リンク[編集]

先代:
おかあさんといっしょ
たいそうのおにいさん
初代:1961年4月3日 - 1969年10月1日
同世代:佐久間俊直岡田祥造
次代:
向井忠義
小西幸男