足摺岬 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
足摺岬
AshizuriMisaki.jpg
監督 吉村公三郎
脚本 新藤兼人
原作 田宮虎彦
製作 新藤兼人
出演者 木村功津島恵子砂川啓介信欣三内藤武敏金子信雄日高澄子森川信赤木蘭子河原崎建三原ひさ子田中筆子殿山泰司嵯峨善兵菅井一郎芦田伸介神田隆
音楽 伊福部昭
撮影 宮島義勇
製作会社 近代映画協会
配給 北星
公開 日本の旗 1954年5月18日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

足摺岬』(あしずりみさき)は、1954年近代映画協会が製作し、北星株式会社が配給した日本映画である。

概要[編集]

田宮虎彦1949年、雑誌 『人間』10月号に発表した同名小説をベースに、「菊坂」(『中央公論』1950年6月号)、「絵本」(第23回芥川賞候補作『世界1950年6月号初出、1951年5月、目黒書店刊『絵本 自選作品集』所収、毎日出版文化賞受賞)のエッセンスや設定などを加味して、新藤兼人が脚色。

物語の展開は、「足摺岬」が基本となっており、姉弟に中国戦線で捕虜となる兄がいるのは「絵本」の設定、菊坂の下宿界隈の様子や母の死は「菊坂」を下敷きにしている。

あらすじ[編集]

1934年(昭和9年)、冬の本郷菊坂。浅井は、この地にある下宿に住んでいる。そこで、八重という女とその弟義治に出会う。左翼運動で逮捕され、仕事にも失敗。さらに心を寄せていた八重もある事件がもとで故郷の足摺岬近くの実家に戻っていく。この世に絶望した浅井は、死を覚悟して足摺岬に辿り着く。しかし、浅井の足は、八重の叔母が営む旅館に向かうのだった。

キャスト[編集]

関連文献[編集]

  • 登川直樹「『足摺岬』の原作と吉村・新藤」『キネマ旬報』 86号・1954年
  • 大黒東洋士「『足摺岬』--原作とシナリオ」『シナリオ』1954年7月
  • 梶川忠「大きな髪飾り映画『足摺岬」『FB』 [1996年12月
  • 梶川忠「田宮虎彦『足摺岬』について--小説と映画の間で」『愛知工業大学研究報告A 基礎教育センター論文集』(通号 29)1994年3月

外部リンク[編集]