お昼のワイドショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
お昼のワイドショー
ジャンル ワイドショー
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 野崎元晴
白石重昭
ほか
出演者 青島幸男
横山ノック
中山千夏
八代英太
古今亭志ん馬
砂川啓介
神山喜久子
新倉イワオ
生方恵一
小倉淳
ほか
開始から1972年3月まで
放送時間 平日 12:30 - 13:30(60分)
放送期間 1968年9月30日 - 1972年3月31日
1972年4月から1975年3月まで
放送時間 平日 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1972年4月3日 - 1975年3月28日
1975年4月から終了まで
放送時間 平日 12:00 - 12:55(55分)
放送期間 1975年3月31日 - 1987年10月2日
テンプレートを表示

お昼のワイドショー』(おひるのワイドショー)は、1968年9月30日から1987年10月2日までの19年間にわたって日本テレビで放送された、主婦層をメインの視聴ターゲットにしたワイドショーである。通称「昼ワイド」。

概要[編集]

  • 開始 - 1972年3月までは平日の12:30 - 13:30まで、1972年4月 - 1975年3月までは平日の12:00 - 13:00に放送、1975年4月 - 最終回までは、12:55 - 13:00に5分間のミニ番組『暮らしのヒント』が放送されるため12:55までの放送となった。
  • 日本テレビはこの時間帯に主にニュースワイド番組『NNNワイドニュース』等を編成していたが、それを主婦にターゲットを絞って、芸能情報こそ皆無だったが、最近のニュースについての解説(「八丁破れのニュース解説」)や生活に役立つ情報、また新倉イワオのライフワーク的な企画で心霊研究家として大ブレークするきっかけを作った(木曜日のレギュラーコーナー、夏休みなどの長期休暇にはまとめて放送された)「怪奇特集・あなたの知らない世界」、「女の事件」コーナー、「テレビ公開捜査」コーナー等様々な内容が放送された。東京製作のみとなった後も、最初の頃には視聴者参加型のゲーム企画やバラエティショーが放送されていた時期もある。また、夏休み・冬休み・春休みを中心にカラオケ大会を実施していたこともある。
  • 初代司会は、スタートした1968年夏の参議院選挙で初当選し、「タレント議員」という言葉を世に根付かせた青島幸男横山ノック。夜の看板番組『11PM』と同じく、隔日ごとに東京・日本テレビと大阪・よみうりテレビの製作で放送されており、青島は日テレ発の(「青島のワイドショー」というタイトルにもなっていた)、ノックはよみうりテレビ発の(「ノックのワイドショー」というタイトルになっていた)同番組のメイン司会を担当。国会会期中を中心に議員活動との両立で定期的に番組出演や打ち合わせへの参加を見合わせる必要のあった青島・ノックを補佐する進行役として中山千夏八代英太(後に2人とも参議院選挙に出馬し、当選)が参加し、トリオ体制での放送が行われていた(のち、1971年4月からは日本テレビ製作版のみとなり、同時に大阪版のホスト役であったノックも番組を降板、青島・中山・八代のトリオ司会で全曜日の放送が行われるようになった)。
  • その後、八代は1973年6月に愛知県刈谷市で行われた歌謡ショーの司会をしている最中に事故に遭い、下半身不随の重傷を負って長期療養を強いられることになった。しかし、約3か月後の同年8月、番組にゲストとして出演し芸能活動を徐々に再開。同ゲスト出演時では車椅子生活の不便さを同番組で訴えた。その後、1974年春より「車椅子の司会者」という触れ込みの元、司会者として八代の休養中の穴を埋めた8代目古今亭志ん馬を続投させたまま番組に正式に復帰。以後、1977年春まで司会グループの一員としてレギュラー出演した(復帰後は本編の主流の進行にはさほど関わらず、主にゲストコーナーなどの進行役を担当)。
  • 1976年9月にスタート当初から8年間、青島のアシスト役を務めてきた中山がテレビ出演撤退・政治活動への進出を理由に、次いで翌1977年4月には参院選出馬の準備の名目から八代も相次いで番組を降板。残った青島も、政治活動へと参加するようになった中山・八代の指南役を買って出ていた事情から、1977年以降は番組を欠席する機会が増えて行き、1979年9月をもって司会を勇退(但しその後も「あなたの知らない世界」や「女の事件」の常連コメンテーターの一人として番組には最末期まで参加していた)。
  • その後、しばらくの間はサブ司会の落語家の志ん馬・神山喜久子(当時日本テレビアナウンサー)コンビによる司会で放送が行われたが、翌1980年4月より「体操のお兄さん」として有名だった砂川啓介が新たなメイン司会者として起用され、最後の1年半は元NHKアナウンサーの生方恵一が司会となった。
  • 日本テレビでは昼-午後枠のテコ入れとして本番組と後に続く『ごちそうさま』、『2時のワイドショー』(よみうりテレビ製作)、『酒井広のうわさのスタジオ」を統合し、1987年10月から『午後は○○おもいッきりテレビ』をスタート。これにより、番組は19年の歴史に幕を下ろした。最終回は番組の顔だった青島、砂川らの歴代司会者や番組に携わった人が生出演、過去の事件や当番組の映像、そして正月特番『番組対抗かくし芸大会』に出演した時の映像で過去を振り返った。エンディングでは後継番組『おもいッきりテレビ』の初代キャスター・山本厚太郎泰葉が出演し[1]、同番組をPR。その後、生方が視聴者に向けて感謝の言葉を述べ、ラストは「19年間 どうもありがとうございました…」のテロップが表示されて大団円となった。
  • 新聞のテレビ欄は文字数が限られていることから、こちらではほぼ毎回「ワイドショー」のみ記していた。
  • 番組は19年続いたが、タイトルロゴや番組テーマ(作曲者不明)は一貫して変わらなかった。

歴代司会[編集]

  • 1968.09 - 1971.03 青島幸男(月・水・金)/横山ノック(火・木)/中山千夏/八代英太
  • 1971.04 - 1973.06 青島幸男/中山千夏/八代英太
  • 1973.06 - 1974.03 青島幸男/中山千夏/古今亭志ん馬(※転落事故により長期療養に入った八代の代役を担当)
  • 1974.04 - 1976.09 青島幸男/中山千夏/八代英太/古今亭志ん馬
  • 1976.10 - 1977.04 青島幸男/八代英太/古今亭志ん馬/神山喜久子 
  • 1977.04 - 1979.09 青島幸男/古今亭志ん馬/神山喜久子
  • 1979.10 - 1980.03 古今亭志ん馬/神山喜久子
  • 1980.04 - 1986.03 砂川啓介/神山喜久子
  • 1986.04 - 1987.03 生方恵一/栗原アヤ子小倉淳
  • 1987.04 - 1987.09 生方恵一/岸ユキ/小倉淳

変遷[編集]

期間 司会→メイン司会 進行→サブ司会
1968.09 1971.03 青島幸男
(月・水・金)
横山ノック
(火・木)
中山千夏 八代英太
1971.04 1973.05 青島幸男
1973.06 1974.03 古今亭志ん馬
1974.04 1976.09 八代英太
古今亭志ん馬
1976.10 1977.04 八代英太

古今亭志ん馬

神山喜久子
1977.04 1979.09 古今亭志ん馬
1979.10 1980.03 古今亭志ん馬 神山喜久子
1980.04 1986.03 砂川啓介
1986.04 1987.03 生方恵一 栗原アヤ子 小倉淳
1987.04 1987.09 岸ユキ

ネット局[編集]

※系列は放送当時のもの

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 1972年3月まではフジテレビ系列(FNSのみ加盟)とのクロスネット局
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1975年3月までは日本テレビ系単独加盟局
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1979年10月よりネット開始
1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 ミヤギテレビ 1975年10月よりネット開始
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1980年3月までは日本テレビ系単独加盟局
1970年2月から9月までは福島テレビへの時差裏送りも担当
福島県 福島テレビ 日本テレビ系列 時差ネット
1970年2月から9月まで
福島中央テレビ 1981年10月よりネット開始
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟 1981年4月の開局から
静岡県 静岡第一テレビ 1979年7月の開局から
富山県 北日本放送
福井県 福井放送
中京広域圏 名古屋テレビ 日本テレビ系列
NETテレビ系列
1973年3月まで
中京テレビ 日本テレビ系列 1973年4月よりネット開始
変則クロスネット解消に伴う移行
近畿広域圏 よみうりテレビ
鳥取県
→鳥取県・島根県
日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1972年9月までの放送エリアは鳥取県のみ
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 1972年4月から[2]
1975年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ系単独加盟局
香川県
→香川県・岡山県
西日本放送 日本テレビ系列 1983年3月までの放送エリアは香川県のみ
徳島県 四国放送
愛媛県 南海放送 1970年代の一時期、12:05からの5分間時差録画ネットだったことがあった[3]
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送 1969年4月の開局から
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列[4]
熊本県 くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 1982年4月の開局から

ネットに関する備考[編集]

  • テレビ長崎(当時NNN/FNNクロスネット局)は、1969年4月の開局時からこの番組を同時ネット[5]していたため、フジテレビの『笑っていいとも!』は夕方に時差放送されていた(『笑ってる場合ですよ!』以前の同枠については未ネット)。
  • 12時台にNET→テレビ朝日との同時ネットだったテレビ信州・テレビ大分、フジテレビとの同時ネットだったテレビ宮崎・鹿児島テレビ等、一部のクロスネット局[6]では放送されなかった(なお、番組最後の「暮らしのヒント」のコーナーだけは『お昼のワイドショー』が放送されない地域の一部の局にもネットされた)。
  • 初期に、当時NNNに加盟していた福島テレビ(FTV)が時差ネットをしたことがある。(山形放送〔YBC〕が同時録画の上でFTVへの送り出しを担当〔出典:1970年4月期のFTVタイムテーブルより〕。FTVはこの時期日本テレビとTBS両系列のクロスネット局で、正午の時間帯はTBSの番組を同時ネット)
    • その後日本テレビ系列の番組は福島中央テレビ(FCT)へ移行。その際「青島・ノックのお昼のワイドショー」の時差ネット局はなくなった。
    • FCTは1971年のFTVとのネット交換に伴い、正午からテレビ朝日(当時はNETテレビ)の『アフタヌーンショー』を放送したため、福島県ではしばらくこの『お昼のワイドショー』が放送されなくなったが、1981年10月のテレビ朝日系の福島放送開局に伴い放送を開始した。
  • ミヤギテレビは開局当時、NETテレビとのクロスネット局だったため、正午から『アフタヌーンショー』を放送していたので、この『お昼のワイドショー』はネットしていなかったが、1975年10月のテレビ朝日系の東日本放送開局に伴い放送を開始した。
  • テレビ岩手は開局当時はテレビ朝日とのクロスネット局だったため、開局当初から『アフタヌーンショー』を同時ネットで放送してきたが、ANN脱退直前の1979年10月に同番組を打ち切ってこの『お昼のワイドショー』の同時ネットに切り替えた(テレビ岩手は1980年4月からNNSマストバイ局)。
  • スポンサーは基本的に日本文化センター等全国ネット協賛社のネットセールスであるが、一部ローカルスポンサー枠を設けていたほか、ネットスポンサーを差し替えることも可能だった(例・北日本放送では日本文化センターに代えて富山専門店会が、テレビ岩手では釜石共栄(地元スーパー)が協賛していた)。このためか、タイトルロゴや提供クレジット・アナウンスはネットスポンサーのみの局も含めて各局で送り出していたため、「お昼のワイドショー」のタイトルロゴ(デザインは全局とも同じ)のサイズや、テロップの縁取りの有無など各局ごとに差があった。最終回のエンディングでも「来週からのこの時間は『午後は○○おもいッきりテレビ』をお送りします」とテロップを出した局と単に「お昼のワイドショー おわり」と出した局で分かれた。
    • この状態は後番組の「おもいッきりテレビ」でも、しばらくの間続いた。

脚注[編集]

  1. ^ この時『おもいッきりテレビ』のテーマ曲(作曲 - 宮川泰)が初めて使用された。
  2. ^ 12:30開始時代は、13時台がフジテレビ系枠だったためネットできず、13:00までは遅れネット番組(NET系列の30分ドラマなど)で穴埋めしていた。
  3. ^ これは11:40 - 12:00に『RNBサロン・奥さまと20分!!』、さらに12:00 - 12:05に『南海放送(愛媛新聞)ニュース』が放送されたためである。
  4. ^ 正式にはニュース系列NNN)のみ
  5. ^ NNS発足後もNNSに加盟しなかった(一般番組供給協定はFNS単独)ため、唯一のNNS非加盟局での本枠のネットであった。(当時NNS未加盟時代のテレビ信州は未ネットであったため。尚、福島テレビも本番組の放送実績があるが、そのときはNNSは未発足であった。)後番組のおもいッきりテレビの途中1990年9月28日テレビ長崎本枠のネットを打ち切ったため、NNS非加盟局での本枠のネットは終了した。
  6. ^ 正式にNNSに加盟していた新潟総合テレビテレビ大分鹿児島テレビNNS加盟期間中も本番組()は放送されていない(「暮らしのヒント」、「ごちそうさま」、「昼下がりのカルチャー」のコーナーのみの放送を除く)。
日本テレビ系列 平日12:00 - 12:30枠
前番組 番組名 次番組
お昼のワイドショー
(1972.4.3 - 1987.10.2)
午後は○○おもいッきりテレビ
※12:00 - 15:45

※12:00 - 13:55
日本テレビ系列 平日12:30 - 12:55枠
NNNワイドニュース
※12:30 - 13:00
【30分繰り上げ】
お昼のワイドショー
(1968.9.30 - 1987.10.2)
午後は○○おもいッきりテレビ
※12:00 - 15:45

※12:00 - 13:55
日本テレビ系列 平日12:55 - 13:00枠
NNNワイドニュース
※12:30 - 13:00
【30分繰り上げ】
お昼のワイドショー
(1968.9.30 - 1975.3.28)
日本テレビ系列 平日13:00 - 13:30枠
不信のとき再放送
【ここまでドラマ枠
お昼のワイドショー
(1968.9.30 - 1971.12.31)
ごちそうさま
※13:00 - 13:15
【30分繰り上げ】
千夏・英太のハハァ!なるほど
※13:15 - 13:25
NNNニューススポット
※13:25 - 13:30