新倉イワオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新倉 巌
(にいくら いわお)
ペンネーム 新倉 イワオ
誕生 (1924-12-07) 1924年12月7日
日本の旗 日本神奈川県平塚市
死没 (2012-05-09) 2012年5月9日(87歳没)
職業 ラジオプロデューサーディレクター
テレビプロデューサー
放送作家
心霊研究家、ドキュメンタリー作家
代表作笑点」の企画
あなたの知らない世界
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

新倉 イワオ(にいくら イワオ、本名:新倉 巌1924年12月7日 - 2012年5月9日)は日本心霊科学協会理事。放送作家。日本放送作家協会会員。神奈川県平塚市生まれ[1]専修大学経済学部2年中退[1]心霊研究家としても知られる。

概要[編集]

1945年(昭和20年)終戦を機に舞台、ラジオを中心にプロデューサー、ディレクターとしてNHK、民放の各種番組に従事。 1953年(昭和28年)日本テレビ放送網開局準備の業務を担当以来テレビ中心のプロデュースを兼ね、1960年(昭和35年)放送作家に転向する。 また日本テレビ放送網製作スタッフとして、今日まで続いている長寿バラエティー番組「笑点」の企画に立ち会った。

多くのドラマ、ドキュメント、音楽番組、バラエティーショーなどを手がけ、1968年(昭和43年)自らの心霊体験を契機に我が国テレビ界初の心霊番組を企画制作し、コメンテーターとして解説にもあたる。日本テレビお昼のワイドショー「あなたの知らない世界」では30年の長きに亘りその役目を務めた。宜保愛子を世に出したことでも有名。(当初はまれに見る霊能者だと絶大なる評価を宜保に与えていたが、後には宜保のその能力に疑問を持ち、疎遠となる)

又、この間国内はもとよりアメリカ、ヨーロッパ等諸外国に足を運び各国の心霊関係者とも親交を深め、心霊国際会議にも出席している。日本心霊科学協会理事を務める傍ら、心霊パイオニアとして40年近くに亘るテレビ出演と50冊を超える著書を出版。

その間膨大な数の相談者からの要望に応えカウンセラーとしても活動し、各地での講演なども行っている。心霊関係の話題においてウソの死亡説が流布されることが多い。

亡くなる直前まで「笑点」に構成としてスタッフに名を連ねていた。大喜利の出題を考えるのがその仕事であった。

2012年5月9日に大腸癌のため死去。公になったのは翌月6月6日の怪談専門誌「」編集部の公式ツイッターのつぶやきからであった[2]。現代怪談実話傑作選への収録許可のため担当編集がコンタクトをとったところ、夫人から訃報を伝えられたとのことである。

著作[編集]

テレビドラマ出演[編集]

関連書籍[編集]

  • 加門七海『心霊づきあい (幽ブックス)』メディアファクトリー(2008年8月20日)ISBN 4840123993ISBN 978-4840123990
    雑誌『幽』に連載された11人との対談。新倉イワオのほか、稲川淳二、漫画家・CLAMP、女優・平山あや、県議会議員・ザ・グレートサスケ、作家・立原透耶、民俗学者・大森亮尚、作家・松谷みよこ、作家・工藤美代子、映画監督・飯田譲治、レポーター・竹内海南江。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『新倉イワオのあなたの知らない世界(19)』(日本テレビ、1991年)著者プロフィール。
  2. ^ 放送作家の新倉イワオさんが…、怪談専門誌『幽』公式ツイッターアカウント、2012年6月6日付け投稿、同日閲覧。

外部リンク[編集]