独身のスキャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
独身のスキャット
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 21:30(30分)
放送期間 1970年1月7日 - 1970年3月18日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 円谷プロダクション
TBS
演出 長谷部安春
満田かずほ
脚本 関沢新一
長野洋
石松愛弘
監修 円谷英二
プロデューサー 忠隈昌
河島治之
円谷一
出演者 なべおさみ
大原麗子
ミッキー安川
柏木由紀子
桜井浩子
一ノ木真弓
千秋実
ナレーター 野沢那智
テンプレートを表示

独身のスキャット』(どくしんのスキャット)は、1970年1月7日から3月18日まで、TBS系列で放送されたテレビドラマである。全11話。

概要[編集]

円谷プロダクション特撮を前面に出さない一般向けドラマに本格進出した最初の作品。また、TBSを退社した円谷一が、円谷プロダクションの代表として最初にプロデュースした作品でもあり、TBSの退社土産で枠をもらったものである[1]。監督や脚本は満田かずほ関沢新一を除き円谷プロ初参加となる面々が集められた[2]。監修の円谷英二は本作の放映中に亡くなったため、本作が遺作となった[要出典]

当時の世相を風刺した悲喜劇で、映画『アパートの鍵貸します』に触発されたものとされる[2]。また毎回健康的なお色気シーンも盛り込まれており、『プレイガール』のようなセクシードラマも意識していたとされる[2]。第1話の青島幸男応蘭芳をはじめとして、毎回多彩なゲストが出演するのも特徴である[2]

本作の企画書を書いたのは、当時円谷プロ企画室所属の田口成光であった。円谷一の「スポンサーは資生堂一社、何かやりたいことはないか?」の一言に、田口は「ニューヨーク喜劇のようなものをやりたい」と答えた。そこで祖師谷の喫茶店で4時間ほどで書き上げたのが『ああ独身』であった。もっとも田口は、主役がなべおさみと聞いた時、「彼ではニューヨーク喜劇にならない」と少々がっかりしたようである。完成品でのタイトルは当時流行していた「夜明けのスキャット」がヒントになっている[1][2]

あらすじ[編集]

平凡なサラリーマン・村上貫一は、分不相応に豪華なマンションに住んでいるが、そのローン返済に四苦八苦していた。 そこで、夜だけ部屋の鍵を貸す商売を始めたのだが…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

話数 脚本 監督 ゲスト(マンションの客) その他のゲスト
第1話 関沢新一 長谷部安春 青島幸男
應蘭芳
大泉滉
中村是好
第2話 関沢新一 長谷部安春 なし 塚田茂
宝生あやこ
Wけんじ
第3話 長野洋 満田かずほ 水森亜土
内藤陳
毒蝮三太夫
第4話 石松愛弘 満田かずほ 米倉斉加年
市川和子
丘寵児
大村千吉
第5話 長野洋 満田かずほ 太田博之
石立鉄男
宮城千賀子
左卜全
第6話 石松愛弘 満田かずほ 三遊亭歌奴
阿部京子
第7話 長野洋 青野暉 なし コロムビア・トップ・ライト
楠トシエ
砂川啓介
久里みのる
第8話 真弓典正 満田かずほ 柳家小さん
山本陽子
柳家小ゑん
小林生代子
牟田悌三
奥村公延
第9話 加恵雅子
原案・ミッキー安川
青野暉 悠木千帆 伴淳三郎
世志凡太
第10話 長野洋 鍛治昇 なし 沖山秀子
松本染升
春江ふかみ
原田力
第11話 石松愛弘 鍛治昇 堺左千夫 ナンセンストリオ
潮万太郎
関千恵子

その他[編集]

  • オープニング、なべおさみの寸劇を演出したのはプロデューサーの河島治之。実は第9話も河島の監督作品だったが、プロデューサーが監督を兼任するのはいかがなものか、という意見が出て、クレジットは満田かずほになったとのこと。しかし満田は現場で監督補佐として付いていたため、クレジットはあながち間違っていない、と語っている。
  • スポンサーのプラチナ萬年筆からは、競合企業のパイロット萬年筆セーラー万年筆を連想させる飛行機乗りや船乗りは登場させないよう要望があった[3]
  • 2013年3月に東映ビデオからDVD-BOXが発売され、初めてソフト化された[4]。ただし第2話 - 第4話に関しては、音声素材が円谷プロでも行方不明で現存しないため、ボーナスディスク内に特典として映像のみが収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013.
  2. ^ a b c d e 円谷プロ画報 2013.
  3. ^ 「Staff Interview 満田かずほ」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、60頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  4. ^ 東映ビデオ|怪奇大作戦 DVD-BOX”. 東映ビデオ. 2012年9月4日閲覧。

参考資料[編集]

  • 夜ごとの円盤 怪獣夢幻館
  • 円谷一 ウルトラQと“テレビ映画”の時代
  • 田口成光インタビュー」『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、58頁。ISBN 978-4-8003-0174-1
  • 『円谷プロ画報』第1巻、竹書房2013年、54 - 55頁。ISBN 978-4-8124-9491-2
  • 独身のスキャット DVD-BOX
TBS系列 水曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
Oh!それ見よ
(1969年10月1日 - 1969年12月31日)
独身のスキャット
(1970年1月7日 - 1970年3月18日)
ヒット歌謡No.1
(1970年4月1日 - 1971年9月29日)