瀬戸口清文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
せとぐち きよふみ
瀬戸口清文
本名 瀬戸口清文(同じ読み方)
別名義 セトちゃん
生年月日 (1953-03-21) 1953年3月21日
没年月日 (2018-03-01) 2018年3月1日(64歳没)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県薩摩郡宮之城町
(現・さつま町
血液型 A型
職業 体操のおにいさん体育指導者
主な作品
テレビ番組
おかあさんといっしょ

瀬戸口 清文(せとぐち きよふみ、1953年3月21日 - 2018年3月1日)は、日本の体操指導者である。『おかあさんといっしょ』の8代目たいそうのおにいさんとして知られる。

2002年から2015年3月まで大妻女子大学家政学部児童学科の教授を務めていた[1]

履歴

鹿児島県薩摩郡宮之城町(現・さつま町)出身[2]日本体育大学体育学部体育学科在学中の1974年4月よりNHKの番組『おかあさんといっしょ』に、斉藤伸子松熊由紀(ともに11代目うたのおねえさん)と共に登場したいそうのおにいさんに就任[2]

体操は1977年3月までは「地球をどんどん」、1977年4月から1979年3月までは「ようじ体操・スイッチオン」、1979年4月から1980年3月までは「パラランたいそう」、1980年4月から1982年3月までは「コケコッコたいそう part 1/part 2」、1982年4月から卒業までは「ぞうさんのあくび」といった数多く担当した。

以来13年間にわたり「セトちゃん」の愛称で親しまれ、1987年3月に森みゆき(15代目うたのおねえさん)と共に番組を卒業した。13年という出演期間は歴代たいそうのおにいさんの中では、11代目で2018年現在も出演中の小林よしひさが同年4月に14年目に突入するまで、長らく歴代最長だった。

担当した体操のうち、「ようじ体操・スイッチオン」は、水木一郎(2代目うたのおにいさん)が歌い、人気を博した。そして後の5年間で担当した「ぞうさんのあくび」は、体操自体は1996年3月までの14年間に亘り受け継がれ、歴代の体操の中では最も長い期間放送された。瀬戸口の卒業後、9代天野勝弘と10代佐藤弘道が代々この体操を担当した。「地球をどんどん」は主に6代輪島直幸が担当していた。

番組降板後は子供向け教材(『こどもちゃれんじ』の付録ビデオなど)に出演していたこともある。

2002年以降は大学教授として女子学生の指導にあたるほか、『いないいないばあっ!』や『おとうさんといっしょ』といったNHKの幼児・子供向け番組にも体操指導として携わっていた。また、株式会社メイトが毎年行っている、サマースクールの体操部門に講師として出演しており(歌部門には速水けんたろう(8代目うたのおにいさん)が出演)、同社で「セトちゃんのうんとこどっこい運動会16」を自ら企画・監修・振付けをし、発売した。また、「音楽あそび」という部門でも、振付けや、作詞や、歌唱を行うなど晩年まで活動していた。

2018年3月1日午前2時12分に死去[3]。64歳没。死因は公表されていない。

CM

  • 静岡いちご(1990年代前半頃)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 大妻女子大学|研究者検索|瀬戸口 清文(セトグチ キヨフミ / SETOGUCHI Kiyofumi)
  2. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年8月1日号 p.44
  3. ^ “8代目「たいそうのおにいさん」瀬戸口清文さん死去 64歳”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年3月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/03/kiji/20180303s00041000018000c.html 2018年3月3日閲覧。 

関連項目

先代:
輪島直幸
川原洋一郎
おかあさんといっしょ
たいそうのおにいさん
第8代:1974年4月2日 - 1987年4月4日
次代:
天野勝弘