中野慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中野 慶子
生誕 (1937-12-08) 1937年12月8日(79歳)
出身地 日本の旗 日本 長野県松本市
学歴 学習院大学英米文学科卒業
職業 歌手
事務所 有限会社宮崎音楽事務所
2003年時点)

中野 慶子(なかの けいこ、1937年12月8日 - )は、日本歌手長野県松本市生まれ。テレビ番組『うたのえほん』(後の『おかあさんといっしょ』)にて、眞理ヨシコ(当時は真理ヨシコ)とともに初代「うたのおねえさん」を務めた。

来歴[編集]

子どもの頃、NHK松本児童合唱団に所属していた。地元の長野県松本深志高等学校卒業後、学習院大学英米文学科に進学し、在学中の1958年にNHK俳優養成所第1期生となった。養成所ではソプラノ歌手の関種子坂本芳子に、大学卒業後は作曲家磯部俶に師事した。養成所卒業後、卒業メンバーで「劇団三十人会」を設立。

1960年11月、ラジオドラマ『渦潮』の主演を務め、芸術祭奨励賞を受賞。1961年4月から1964年9月までの3年半、「うたのおねえさん」として『うたのえほん』に出演した。1961年10月、テレビで「いぬのおまわりさん」を初めて歌いヒット、彼女の代表作となった。その後、NHKで作曲家の宮崎尚志と出会い、1964年に結婚。その後もタレント活動を続け、1967年、次男(宮崎道)の出産を機に芸能界を引退した。

1980年に仕事を再開し、1987年に宮崎音楽事務所を設立。歌手やプロデューサーとして活動し、子どもの音楽に関するイベントなどに出演している。

関連項目[編集]

家族[編集]

『うたのえほん』同期[編集]

参考資料[編集]

  • 『毎日新聞』東京夕刊 1991年7月12日 7面