坂田おさむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂田 おさむ
出生名 坂田 榮一
(さかた えいいち)
別名 坂田 修、おさむおにいさん
生誕 (1952-12-10) 1952年12月10日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道旭川市
学歴 明治大学政治経済学部卒業
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1977年 -
公式サイト 坂田おさむ =うたのおにいさん=

坂田 おさむ(さかた おさむ、1952年12月10日[1][注釈 1] - )は、日本シンガーソングライター。本名:坂田 榮一(さかた えいいち)。北海道旭川市出身。北海道札幌北高等学校[3]明治大学政治経済学部卒業。作詞・作曲活動では主に「坂田修」の名を用いている[注釈 2]白鳳女子短期大学客員教授も勤めている[4]

経歴[編集]

1975年フォークロックバンド「宿屋の飯盛」のメンバーとしてデビュー。本名の坂田栄一としてギターを担当した。同年にアルバム「飛んでみたのさ」をリリース。

1977年坂田修として「BYE BYE東京」を発表し、ソロシンガーとしてデビュー。 1982年にはなぎら健壱と「フォークマン・ブラザーズ」というユニットで活動していた。

1984年、作詞家の遠藤幸三の紹介で、NHK幼児向けテレビ番組『おかあさんといっしょ』の当時の番組プロデューサーに曲を持ち込みに行った。この時のプロデューサーとのやり取りをきっかけに番組への楽曲提供を勧められ、娘のイメージから作詞・作曲した「はるのかぜ」など計3曲が同番組に採用された。最初の楽曲持ち込みから半年後、再度自分の曲を売り込みに訪れた際にその『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさん選考オーディションへの参加をスタッフに勧められて参加し、合格。1985年4月、7代目「うたのおにいさん」になった。1993年3月まで出演し、8年間「うたのおにいさん」として親しまれた[5]。歴代のうたのおにいさんのなかでは、11代横山だいすけの9年に次いで歴代2位の出演期間であり、横山が2016年に9年目に突入するまでは、23年間歴代最長であった。

元々踊ることが皆無に等しいシンガーソングライターとして活動していたため、うたのおにいさんになった当初はダンスがあまり得意ではなかった。その為、おにいさんになった当初の頃、番組で歌われる歌「ホ!ホ!ホ!」のサビ部分の振り付けで先にどちらの手を挙げるか分からなくなった(実際の振付としては右手→左手の順に挙げるのが正しい)際に、番組における先輩で最初にペアを組んだうたのおねえさん森みゆきが先にどちらの手を挙げたかで判断して踊っていた。また、森から「子どもたちと一緒に楽しく歌うのが一番」と声をかけられて心が軽くなったとも後年語っている[6][出典無効]。その一方で、シンガーソングライターとしての実力は番組でも活かされ、出演開始当初はスタジオでの歌のコーナーで当時エレクトーン伴奏が使われていたところに坂田のギター演奏が加わることもしばしばあり、それ以外でもギター弾き語り形式で歌う事も多々あった。また、後述の通り出演中にも番組の為に楽曲を複数書き下ろしている。

同番組降板以降もNHKの子供番組を中心にTV出演しており、コンサート、舞台などで幅広く活躍。番組で6年間共演した神崎ゆう子とは、番組卒業後も度々各地でコンサートを開き、2014年からは毎年5月5日にNHK-FMで放送される今日は一日家族三世代 NHKキッズソング三昧のパーソナリティを務め、公開放送パートや番組終盤でおかあさんといっしょで歌われた曲を披露している。その他、『おかあさんといっしょ』の人形劇を冠したイベントツアーには、開始当初から参加しており、60代になった現在もうたのおにいさんとして親しまれている。また、夏休みや冬休み時期に放送される特別編成版の『おかあさんといっしょ』にもゲストとして出演することがある。

うたのおにいさんになるきっかけとなった曲「はるのかぜ」をはじめ、『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさん時代から現在まで「坂田修」の名(2010年ごろからは、歌手活動と同じく坂田おさむ名義)で子供番組を中心に多数の曲を提供しており、1986年以降のおかあさんといっしょの今月の歌に限定しても2017年2月時点で27曲(作詞のみ、作曲のみの楽曲を含む)と、同コーナーの最多楽曲提供者となっており、今も番組内外で歌い継がれるスタンダード曲となったものもあるほか、小学校用の音楽教科書に採用された曲もある。

1997年には朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列で放送されたテレビアニメ夢のクレヨン王国』でアラエッサ役の声優として出演。

2002年にNHK『みんなのうた』で歌唱した(作詞・作曲も本人)「ママの結婚」は大きな反響を呼んだ[7]。2004年6月時点でシングルと『みんなのうた』のベスト盤の合計で1万1000枚を売り[7]、CD付き絵本は初版1万5000部が約2か月でほぼ完売する[7]などヒットしている。2014年には、『ねむいいぬ』で再び『みんなのうた』で歌っている。

娘の坂田めぐみもタレントとして活躍しており、CDやステージ、テレビなどでたびたび父娘共演をしている。父娘共演の多くはめぐみが20歳を過ぎた2002年以降であるが、坂田がうたのおにいさんだった時にも共演歴がある。うたのおにいさんが在任中に自身の子供と共演したのは2017年現在も坂田のみである。1990年春のおかあさんといっしょファミリーコンサートでは、親子であることは伏せた形で共演した事もある。また、坂田の自著エッセイ『オーロラを見たよ』では、1985年、坂田がうたのおにいさんに就任して間もない時期に、以前応募していたおかあさんといっしょの収録に当時3歳だっためぐみが当選し、「うたのおにいさんと一般参加者の子供」という思わぬ形で親子共演したエピソードが記されている。

主な提供作品[編集]

括弧内は提供した番組およびCM製品名だが、★の楽曲は該当番組に加え、番組放送中もしくは終了後に『おかあさんといっしょ』でも放送された。

  • ありがとうの花(おかあさんといっしょ)
  • どんな色が好き(おかあさんといっしょ)
  • にじのむこうに(おかあさんといっしょ)
  • あしたははれる(おかあさんといっしょ)
  • 公園にいきましょう(おかあさんといっしょ)
  • シアワセ(おかあさんといっしょ)
  • ママの結婚(みんなのうた
  • ダメ ダメ ダ~メ!(みんなの広場だ!わんパーク[注釈 3]
  • ハイ!ハイ!HIGH!(みんなの広場だ!わんパーク)★
  • ダンシング・メイト(うたっておどろんぱ、みんなの広場だ!わんパーク)[注釈 4]
  • ヤッホ・ホー(夢りんりん丸)★
  • みんな あつまれ!ざっくぅ たいそう(ZAQ
  • はるのかぜ(おかあさんといっしょ)
  • ぼくらのロコモーション(おかあさんといっしょ)
  • 君の話のはじまり(おかあさんといっしょ)
  • わっしょい(おかあさんといっしょ)
  • どんどんゴロゴロ(おかあさんといっしょ)
  • 元気のキホン(おかあさんといっしょ)
  • すてきな言葉(あさごはんだいすき)★
  • 夢のパレード(おかあさんといっしょ)
  • 夢の中のダンス(おかあさんといっしょ)
  • みんなでクリスマス(おかあさんといっしょ)
  • つめ・かみ・みみ太郎(おかあさんといっしょ)
  • しろいともだち(おかあさんといっしょ)
  • タンポポ団に入ろう!!(おかあさんといっしょ)
  • トンでもトン吉(おかあさんといっしょ)
  • 君に会えたから(おかあさんといっしょ)
  • 地球ぴょんぴょん(おかあさんといっしょ)
  • メダルあげます(おかあさんといっしょ)
  • やくそくハーイ!(おかあさんといっしょ)
  • ちゃんと食べよう体操(Qoo)
  • ママとおはなし(おかあさんといっしょ)[注釈 5]
  • 星ひとつ(おかあさんといっしょ)[注釈 5]
  • どっこいしょ(おかあさんといっしょ)[注釈 6]
  • マカポカヒラリン(おかあさんといっしょ)[注釈 6]
  • キッチンオーケストラ(おかあさんといっしょ)[注釈 7]
  • みんなだれかがすきになる(おかあさんといっしょ)[注釈 8]
  • ねむいいぬ(みんなのうた)[注釈 9]

歌唱[編集]

  • げきそうマシン大集合!!(激走戦隊カーレンジャーイメージソング)
  • おとうさんの電車 (うたの科学館シリーズ のりものの歌〜ハイスピードエクスプレス〜)
  • ヤマハ音楽教室教材 グループレッスン おんがくなかよし教材 旧おんがくなかよし2,6ヶ月用 CD,VHS,DVD(歌唱)
  • ヤマハ音楽教室教材 みゅーじっくらんどCD (歌唱)

著作[編集]

  • 「どんないろがすき うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、ISBN 4-09-727121-0、1993年4月
  • 「ピアノがひきたい うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、ISBN 4-09-727122-9、1993年4月
  • 「つめかみみみたろう うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、ISBN 4-09-727123-7、1993年4月
  • 「オーロラを見たよ」、河出書房新社、ISBN 4-309-00875-5、1993年12月
  • 「親子でよかったしょ」、河出書房新社、ISBN 4-309-00981-6、1995年4月
  • 「ママの結婚 NHKみんなのうた」(坂田修名義、絵:西内としお、コンパクトディスク付属)、アスコム、ISBN 4-7762-0156-9、2004年4月

出演[編集]

(1992年度、1993年度はレギュラー出演。1994年度から2004年度までは定期的にゲスト出演)

  • みんなDEどーもくん!
  • ワンワンパッコロ!キャラともワールド
    • 2013年12月22日(ゲスト出演)
    • 2015年1月4日(ゲスト出演)
    • 2015年4月 - (準レギュラー出演)
      • 2015年4月5日
      • 2015年4月12日
      • 2015年5月3日
      • 2015年5月17日
      • 2015年6月7日
      • 2015年6月14日
      • 2015年9月6日
      • 2015年9月13日
      • 2015年10月11日
      • 2015年11月1日
      • 2015年11月8日
      • 2015年11月22日
      • 2015年12月13日
      • 2016年1月10日
      • 2016年3月6日
      • 2016年3月20日
      • 2016年4月17日
      • 2016年5月1日
      • 2016年6月12日
      • 2016年7月3日
      • 2016年7月10日
      • 2016年9月4日

ファミリーコンサート・スペシャルステージ[編集]

公演 タイトル 出演者(一部を除く)
1988年 にこにこぷん・じゃじゃまる印のイベント宅配便 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
1989年 おかあさんといっしょ30年 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
眞理ヨシコ中野慶子竹前文子砂川啓介
中川順子片桐和子瀬端優美子森晴美
斉藤昌子田中星児斉藤伸子松熊由紀
奈々瀬ひとみ水木一郎たいらいさお宮内良
しゅうさえこかしわ哲林アキラ
ブンブンつねきちごじゃえもん
キャラクター・オン・ステージ 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
1990年 母と子のファミリーコンサート 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
斉藤昌子奈々瀬ひとみ
げんき♥元気 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
林アキラ森みゆき
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
ブーフーウー
1991年 みどりっていいね 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
うたいっぱいコンサート 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
1992年 みんなともだち 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
ガチャピンムック
ようこそどーなっつ島へ 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
みどふぁどれっしーそらお
じゃじゃまるぴっころぽろり
1993年 おかあさんといっしょ'93ファミリーコンサート[注釈 10] 速水けんたろう茂森あゆみ馮智英佐藤弘道
みどふぁどれっしーそらお
坂田おさむ神崎ゆう子じゃじゃまるぴっころぽろり
あつまれ うた!うた!うた! 速水けんたろう茂森あゆみ佐藤弘道
みどふぁどれっしーそらお
坂田おさむ神崎ゆう子じゃじゃまるぴっころぽろり
1994年 すてきなうた だいすき! 速水けんたろう茂森あゆみ佐藤弘道松野ちか
みどふぁどれっしーそらお
坂田おさむ美咲あゆむ飯田ミカ小嶋信之山岸隆弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
1999年 40周年 うたのパーティ 杉田あきひろつのだりょうこ佐藤弘道タリキヨコ
スプーみどふぁどれっしーそらお
眞理ヨシコしゅうさえこ森みゆき
坂田おさむ神崎ゆう子速水けんたろう茂森あゆみ
2002年 ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間の大行進
〜ドーム・夢のわんパーク広場〜
坂田おさむ瀧本瞳松野ちか輪島直幸
ミーオダリオひなたおさむかまだみき恵畑ゆう
スプーアネムズズジャコビどーもくん
2005年 弘道おにいさんとあそぼ!夢のビッグパレード 佐藤弘道今井ゆうぞうはいだしょうこタリキヨコ
スプーアネムズズジャコビ
ひなたおさむかまだみき恵畑ゆう
坂田おさむつのだりょうこ
モリゾーキッコロ
2009年 星空のメリーゴーラウンド
〜50周年記念コンサート〜
横山だいすけ三谷たくみ小林よしひさいとうまゆ
ライゴースイリンプゥート
ひなたおさむかまだみき恵畑ゆう
スプーアネムズズジャコビ
眞理ヨシコ田中星児
坂田おさむ神崎ゆう子速水けんたろう茂森あゆみ
杉田あきひろ今井ゆうぞうはいだしょうこ
天野勝弘佐藤弘道
じゃじゃまるぴっころぽろり
2012年 みんないっしょに!ファン ファン スマイル 横山だいすけ三谷たくみ小林よしひさ上原りさ
ムテ吉ミーニャメーコブ
ワンワンパックンリンコロン
坂田おさむいとうまゆじゃじゃまるぴっころぽろり
2015年 ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合
〜春のプリンセスとおさむい将軍〜
ワンワンムテ吉ミーニャメーコブ
シュッシュポッポなおちゃんせいやくん
オフロスキーニャンちゅうジャンジャン
坂田おさむはいだしょうこ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 戸籍上の誕生日は同年12月13日[2]
  2. ^ 近年のおかあさんといっしょでは、「坂田おさむ」名義でクレジットされることも多い。
  3. ^ 里乃塚玲央作詞。
  4. ^ 大森俊之作曲。
  5. ^ a b 神崎ゆう子作詞。
  6. ^ a b 日暮真三作詞。
  7. ^ 堀井勝美作曲。
  8. ^ 林アキラ作曲。
  9. ^ すずきかなこ作詞。
  10. ^ コンサート自体は行われ、1993年5月5日に例年通り放送も行われているのだが、なぜか未発売のまま終わっている(NHKホール発のコンサートでソフト化されたことがないのは2014年現在これだけである。

出典[編集]

  1. ^ Twitter 2014年12月12日(2016年3月9日時点のアーカイブ
  2. ^ Twitter 2014年12月10日(2016年3月6日時点のアーカイブ
  3. ^ Twitter 2014年7月8日(2016年3月8日時点のアーカイブ
  4. ^ 坂田おさむ客員教授による特別講義[2010年9月25日(土)]”. 白鳳女子短期大学. 2014年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月27日閲覧。
  5. ^ 坂田おさむ 『オーロラを見たよ』 河出書房新社、1993年[要ページ番号]ISBN 4-309-00875-5
  6. ^ 2009年7月24日に放送されたおかあさんといっしょ50周年特集に森と出演した際の坂田本人のコメント。[出典無効]
  7. ^ a b c 「ヒットの裏側 『ママの結婚』もらい泣き」『日経流通新聞』2004年6月22日付、28頁。

関連項目[編集]

  • 牧田和男 - 坂田修時代のサポートバンド「ブラウンシュガー」リーダー。本田美奈子.などのプロデューサー。

外部リンク[編集]

先代:
林アキラ
おかあさんといっしょ
うたのおにいさん
第7代:1985年4月1日-1993年4月5日
次代:
速水けんたろう