飯沢匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯沢 匡
誕生 伊澤 紀
1909年7月23日
和歌山県和歌山市
死没 (1994-10-09) 1994年10月9日(85歳没)
東京都
職業 劇作家演出家小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 文化学院美術科
テンプレートを表示

飯沢 匡(いいざわ ただす、1909年7月23日 - 1994年10月9日)は、日本の劇作家演出家小説家

人物・来歴[編集]

父の転勤先の和歌山市で生まれ、愛媛県松山市を経て東京小石川原町や巣鴨に育つ[1]。本名は伊澤 紀(いざわ[2] ただす)で、警視総監貴族院議員・台湾総督を歴任した官僚政治家伊澤多喜男の次男。母は色川武大の親戚の色川家の人で、飯沢と色川は「高祖父が同じ」関係になる。母方の祖父の色川三郎兵衛は衆院議員[3]。父方の伯父の伊沢修二は文部官僚で吃音矯正教育に貢献した[4]湯本武比古は義理の伯父(母の姉の夫)にあたる[5]

1922年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。在学中は算術が苦手で家庭教師をつけられたが成績不良であった[6]。同年、武蔵高等学校 (旧制)尋常科に第1期生として入学[6]。やはり数学が苦手で落第を経験[6]。落第後の同級生に黒金泰美がいた[6]。1925年、尋常科3年のとき発病しサナトリウムに入院、1926年までを過ごす[6]

1928年、学校嫌いのため、高等科1年のとき武蔵高等学校を退学[6]。同年、文化学院美術科に入学[6]1932年文化学院美術科を卒業し、専修科(美術)に進む[6]

1933年、東京朝日新聞社(現:朝日新聞東京本社)入社[6]。在学中から長岡輝子森雅之金杉惇郎らのテアトル・コメディに参加、1932年に劇「藤原閣下の燕尾服」で劇作家デビュー。飯沢匡という筆名は、朝日新聞社在職中、上司に隠れてNHKラジオのために台本を書いた際、アルバイトが露見しないようNHKの担当者に「印刷しては別人に見え、アナウンサーが発音すると本名のように聞こえるという名を考えてください」と頼んだところ勝手に命名されたものである[7]。戦後『婦人朝日』『アサヒグラフ』編集長を務める。1954年退社。

1943年「再会」でNHKラジオ賞、1944年「鳥獣合戦」を初演、1954年、文学座初演の「二号」で第一回岸田演劇賞、『ヘンゼルとグレーテル』でサンケイ児童出版文化賞1957年NHK放送文化賞、1968年『五人のモヨノ』で読売文学賞、1969年「みんなのカーリ」で斎田喬戯曲賞、1970年「もう一人のヒト」で小野宮吉戯曲平和賞、1973年紀伊国屋演劇賞受賞、1979年「夜の笑い」の脚本・演出で毎日芸術賞1983年日本芸術院会員。

『飯沢匡喜劇全集』全6巻がある。政治風刺劇のほか、NHKの子供番組の脚本で知られた。

いわさきちひろ絵本美術館(現・ちひろ美術館)初代館長でもある。黒柳徹子とは「ヤン坊ニン坊トン坊」以来師弟関係にあり、ラジオ・テレビ・舞台と多くの作品で競演し、極めて親密な関係であった。飯沢が亡くなって久しい今でも、黒柳は飯沢の事を話す際は常に敬語で思慕の念を込めて話している。

作品[編集]

舞台

ほか

狂言
  • 濯ぎ川
  • 伊曽保鼠
  • 裸大名
  • 密か鬼
  • 峯入り行者
放送

ほか

小説
翻訳
その他

出版[編集]

  • 飯沢匡ラジオ・ドラマ選集 宝文館 1951
  • 二号 新潮社 1955(一時間文庫)
  • 都会の底 宝文館・ラジオ・ドラマ新書 1955
  • 日本陥没 宝文館・ラジオ・ドラマ新書 1955
  • 花嫁はどこにいる 大蔵出版 1955
  • 青春手帖 河出新書 1955
  • 狂つた髭 筑摩書房 1956
  • 抵抗クラブ 青春のカレンダー 村山書店 1956
  • 恋がたき皇太子 河出新書 1956
  • 近くて遠きは 毎日新聞社 1957
  • 帽子と鉢巻 光文社 1958
  • シャニムニ嬢 和同出版社 1958
  • 無害な毒薬 和同出版社 1958
  • むだ口・かげ口・へらず口 知性社 1959
  • このさき危険 毎日新聞社 1959
  • 紙・石・ハサミ 角川書店・小説新書 1960
  • 飯沢匡狂言集(未來社、1964年
  • 異説「円空」論 佼成出版社 1965
  • 出来過ぎた娘 雪華社 1967
  • わが俗舌 社会テレスコープ 秋田書店・サンデー新書 1967
  • 遠近問答 対談集 朝日新聞社 1972
  • 飯沢匡刺青小説集 立風書房 1972
  • 反骨の絵師歌川国芳 筑摩書房 1972
  • 芝居 見る・作る 平凡社 1972
  • どうもピンボケ 新日本出版社 1973
  • 世相斜断記 潮出版社 1974
  • ドン・キホーテの国 平凡社カラー新書 1975
  • 二人で嘘を 新潮社 1975(書下ろし新潮劇場)
  • 脱俗の画家 横井弘三の生涯 筑摩書房 1976
  • 武器としての笑い 岩波新書 1977
  • 飯沢匡のもの言いモノロオグ 講談社 1978
  • 現代漫画家列伝 漫画100年史 創樹社 1978
  • 女の女におお女よ! 文化出版局 1978
  • 飯沢匡の社会望遠鏡 山藤章二画 講談社 1978
  • かいじゅうくんこんにちわ 国土社 1979
  • セルパン股蔵色暦 徳間書店 1979
  • 多すぎた札束 政治喜劇三部作 新日本出版社 1981
  • 我他彼此論 双葉社 1982
  • もの好き世間話 毎日新聞社 1984
  • 飯沢匡新狂言集 平凡社 1984
  • 飯沢匡のひょっこり訪問 講談社 1984
  • うぞうむぞう記 読売新聞社 1985
  • コメディの復讐 青土社 1986
  • 権力と笑のはざ間で(自伝)(青土社、1987年
  • 異史明治天皇伝 新潮社 1988
  • 飯沢匡喜劇全集(未來社、全6巻、1992年-1993年

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』44頁
  2. ^ 伊那市役所教育委員会は「名字は『いざわ』ではなく『いさわ』と読みます」としているが、飯沢匡『権力と笑のはざ間で』21頁には「音は『いざわ・ただす』と訓む」とある。
  3. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』57頁
  4. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』46頁
  5. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』54頁
  6. ^ a b c d e f g h i オール読物』1963年9月号、p.42。
  7. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』31頁