色川三郎兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
色川 三郎兵衛
いろかわ さぶろべえ
生年月日 1842年12月3日
出生地 日本の旗 日本 上総国武射郡(現千葉県
没年月日 (1905-02-21) 1905年2月21日(62歳没)
前職 醤油醸造家
所属政党 立憲改進党→)
親族 義子・伊澤多喜男

選挙区 茨城県第5区(現茨城県第6区)
当選回数 2回
在任期間 1890年 - 1893年
テンプレートを表示

色川 三郎兵衛(いろかわ さぶろべえ、天保13年11月2日1842年12月3日) - 明治38年(1905年2月21日)は、日本の醤油醸造家、政治家衆議院議員(2期)。

慶応3年(1867年)、土浦醤油醸造家、色川三中の養嗣子となり、家督を受け継ぐ。維新後は政界に進出し、県会議員を経て、明治23年1890年)、立憲改進党から立候補し当選。衆議院議員を2期務めた。在任中、鉄道会社に働きかけて日本鉄道海岸線(現 常磐線)の敷設計画を変更させ、当時水害に悩まされていた土浦市霞ヶ浦側に、線路の盛土を湖岸堤の代わりとして作らせたほか、逆流防止のため川口川閘門、田町川閘門の建設に出資するなど、土浦の水害対策に尽力した。なお、川口川閘門、田町川閘門は彼の死後、明治39年(1906年)に完成した。

娘婿は伊沢多喜男、外孫は飯沢匡である[1]色川武大色川大吉も親類にあたる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』57頁
  2. ^ 『色川大吉著作集』第4巻217頁

参考文献[編集]

  • 「土浦市史」土浦市史編さん委員会(土浦市史刊行会、1975年)

外部リンク[編集]