李禹煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李禹煥
Lee Ufan at Guggenheim.jpg
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館で彫刻品を設置している李禹煥
生誕1936年
国籍大韓民国の旗 韓国
受賞高松宮殿下記念世界文化賞(2001年)
湖巌賞(2001年)
紫綬褒章(2002年)
毎日芸術賞(2006年)
フランスレジオンドヌール勲章(2007年)
旭日小綬章(2009年)
韓国金冠文化勲章(2013)
公式サイトwww.studioleeufan.org

(リ・ウーファン、: 이우환[1]1936年 -)は、大韓民国慶尚南道に生まれ、日本を拠点に世界的に活動している美術家多摩美術大学名誉教授[2]本貫仁川李氏[3]

人物[編集]

日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を理論的に主導したことで有名である。個展および国際展への出品多数。代表作は「点より」「線より」シリーズ。

直島安藤忠雄とのコラボレーションによる李禹煥美術館を開館。釜山市立美術館敷地に「李禹煥ギャラリー(Space LeeUFan)」を開設している。

来歴[編集]

受賞歴[編集]

叙勲歴[編集]

著書[編集]

画集[編集]

  • 『LEE U FAN』(1986年 美術出版社)
  • 『LEE UFAN』(1993年 都市出版)
  • 『李禹煥全版画 1970-1998』(1998年 中央公論美術出版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 朝鮮語ラテン翻字: Lee U-Fan
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)「李禹煥」の解説『李禹煥』 - コトバンク
  3. ^ (108)인천 이씨(仁川李氏)-68,628명” (朝鮮語). 서울이코노미뉴스 (2014年10月19日). 2022年8月17日閲覧。