金森穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金森 穣(かなもり じょう、Jo Kanamori, 1974年11月22日- )は日本の舞踊家演出・振付家ダンサーコリオグラファー

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。幼少よりダンサーである父・金森勢に学ぶ。生家がダンス・スタジオであるという環境で育ち、牧阿佐美バレヱ団に入団。1992年渡欧。ルードラ・ベジャール・ローザンヌ(モーリス・ベジャールが主宰するスイスローザンヌのダンス学校)に所属し、ベジャールに師事。1994年オランダハーグネザーランド・ダンス・シアター(NDT)でダンサーとして活躍。1997年フランスの国立リヨン・オペラ座バレエ団。1999年スウェーデンヨーテボリ・バレエ団に移籍、振付を任されるなど重要な地位にあった。

帰国後、フリーランスのダンサーとして日本国内にて活動。2004年新潟市民芸術文化会館の舞踊部門芸術監督に就任。同年、日本初の劇場専属プロフェッショナル・ダンスカンパニー「Noism」を発足。現在、新潟県新潟市の新潟市民芸術文化会館を拠点に活動している。

2007年7月21日にダンサー井関佐和子(Noism1)と入籍。

2008年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

2009年夏、夫婦でunit-Cyan(ユニットシアン)という活動を開始。

外部リンク[編集]