大峯顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大峯 顕(おおみね あきら、1929年7月1日 - 2018年1月30日)は、日本の哲学者浄土真宗僧侶俳人大阪大学名誉教授、元龍谷大学教授。専立寺前住職。学者としての専攻は宗教哲学。中期フィヒテ研究・西田幾多郎研究で知られる。俳号は大峯あきら

経歴[編集]

奈良県吉野郡大淀町出身。旧制奈良県立畝傍中学校を経て、1953年、京都大学文学部宗教学科卒業、1959年、京都大学大学院文学研究科博士課程修了。同年、京都大学文学部助手1966年、大阪外国語大学助教授1971年より1972年まで、文部省在外研究員としてハイデルベルク大学留学。1973年大阪外国語大学教授。1976年、「フィヒテの宗教哲学」で京大文学博士1980年大阪大学教養部教授。1992年定年退官、大阪大学名誉教授、龍谷大学教授。浄土真宗教学研究所長。

俳句は1950年、「ホトトギス」に投句し高浜虚子に師事。1953年、波多野爽波の「青」創刊に参加、1963年同人。1984年、「青」同人を辞し、宇佐美魚目岡井省二らと同人誌「晨」(しん)を創刊、代表同人。1994年より毎日俳壇選者。2002年、句集『宇宙塵』で第42回俳人協会賞受賞。2011年、句集『群生海』で第52回毎日芸術賞、第26回詩歌文学館賞受賞。2015年、句集『短夜』で第49回蛇笏賞、第7回小野市詩歌文学賞受賞。

「人間だけでなく、世界の中のすべての物は季節の内にある。季節とはわれわれの外にある風物のことではなく、われわれ自身をも貫いている推移と循環のリズムのことである」(「季節のコスモロジー」『懐徳』60号、1991年)という世界観からの作句を行っている。

2018年1月30日、急性心臓死のため死去[1]。88歳没。

著作[編集]

句集[編集]

  • 『紺碧の鐘』(牧羊社、1976)
  • 『吉野』(角川書店・現代俳句叢書、1990)
  • 『大峯あきら句集』(ふらんす堂・現代俳句文庫、1994)
  • 『夏の峠』(花神社 1997 花神俳人選)
  • 『宇宙塵』(ふらんす堂、2001) 
  • 『牡丹』(角川書店、2005) 
  • 『星雲 大峯あきら自選句集』(ふらんす堂 2009) 
  • 『群生海 大峯あきら句集』(ふらんす堂、2010)
  • 『大峯あきら ベスト100』(ふらんす堂 2011 シリーズ自句自解)
  • 『短夜』 (KADOKAWA 2015)

宗教書・哲学書[編集]

  • 『フィヒテ研究』(創文社 1976)
  • 『花月の思想―東西思想の対話のために』(晃洋書房、1989)
  • 『今日の宗教の可能性』(本願寺出版社 1989)
  • 『親鸞のコスモロジー』(法蔵館、1990)
  • 『親鸞のダイナミズム』(法蔵館、1993)
  • 『宗教と詩の源泉』(法蔵館、1996)
  • 『宗教への招待』本願寺出版社、1997(放送大学教育振興会、1999)
  • 『蓮如のラディカリズム』(法蔵館、1998)
  • 『法蔵菩薩と生命世界』(百華苑
  • 『なぜ名が救いか』(百華苑)
  • 『さよならはない世界』(百華苑)
  • 『生命の要求』(百華苑)
  • 『誓願の不思議』(百華苑、2000)
  • 『よきひとの仰せ』(百華苑、2001)
  • 『悪人成仏』(百華苑、2001)
  • 『大慈悲心』(百華苑、2001)
  • 『本願海流』(本願寺出版社 2001)
  • 『弟子一人ももたず』(百華苑、2002)
  • 『哲学の仕事部屋から 花月のコスモロジー』(法蔵館、2002)
  • 『無碍の一道』(百華苑2003)
  • 『なごりをしくおもへども』(百華苑、2003)
  • 『永遠なるもの―歴史と自然の根底』(法蔵館、2003)
  • 『自然の道理』(百華苑、2004)
  • 『宗教の授業』(法蔵館 2005)
  • 『誓願か 名号か』(百華苑、2005)
  • 『教学は何のためか 『歎異抄』第十二条』(百華苑、2006)
  • 『宿業と自由』(百華苑、2006)
  • 『念仏申さずしてをはるとも』(百華苑、2007)
  • 『即身成仏と信心決定』(百華苑、2009)
  • 『高僧和讃を読む』(本願寺出版社 2008-2009)
  • 『仏法は無我にて候』(国東仏教研究会)
  • 『正像末和讃を読む』(本願寺出版社 2010-2011)

編著・共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “俳人・大峯あきらさん死去 僧侶で阪大名誉教授”. 朝日新聞. (2018年1月31日). https://www.asahi.com/articles/ASL102TMNL10PTFC001.html 2018年1月31日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 中田剛 「大峯あきら」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年
  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森

外部リンク[編集]