高橋たか子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 たか子(たかはし たかこ、1932年(昭和7年)3月2日 - 2013年(平成25年)7月12日)は、日本の小説家。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。夫は作家の高橋和巳

来歴・人物[編集]

京都府京都市下京区醒ヶ井通仏光寺下ル荒神町で、父・岡本正次郎、母・達子の長女として生まれる[1]。父親は旧制名古屋高等工業学校建築科を卒業し、京都府警察部建築課に勤めていた[1][2]尋常小学校時代に等持院北町に転居し[3]京都府立嵯峨野高等女学校から府立山城高校を経て[4]1954年(昭和29年)、京都大学フランス文学科卒。在学中に高橋和巳と知り合い、卒業の半年後に結婚。大学院に進み、1958年に修士取得[2]。その一方で、作家志望の和巳が働かなかったため、たか子が家庭教師や翻訳、外国人観光客のガイドなどをして家計を支え、加えて夫の原稿の清書なども精力的に手伝った[5]。夫とともに、布施市吉松蔦崎町(現・東大阪市)、等持院北町のたか子の実家、吹田市大字垂水と転居し、1965年に鎌倉市二階堂理智光寺に住む[6]1967年、和巳は京都大学助教授に就任して京都へ転居するが、たか子は故郷である京都の土地柄に女性蔑視的風潮があるとして同行せず、夫婦は別居生活をおくることになる。1967年渡仏。

1969年に和巳が病に倒れ、献身的に介護するも[5]1971年(昭和46年)、夫・和巳と死別。その後、自ら小説を書き始める。1975年遠藤周作のすすめでカトリックの洗礼を受けた。『高橋和巳の思い出』で、和巳は家では「自閉症の狂人」だったと書いた(この「自閉症」の用法は、今日では誤りである)。京都市の女子カルメル会に入会し、修道生活を送った時期もある。1980年パリのサン=ジェルヴェ・サン=プロテ教会を母体とするエルサレム修道会の創立者のPère Pierre-Marie Delfieuから修道生活の誘いを受け、1981年からパリに安アパートを借りて住み隠修者となる[7]1985年に正式にエルサレム会に入会[7]。この間、フランス各地の修道院を訪ね、1988年にはエルサレムを訪れている[7]

『空の果てまで』で田村俊子賞、『ロンリー・ウーマン』で女流文学賞、『怒りの子』で読売文学賞、『きれいな人』で毎日芸術賞受賞。他に代表作は、三原山での女子大学生の投身自殺を描いた『誘惑者』。

2013年(平成25年)7月12日茅ヶ崎市の老人ホームで心不全のため死去[8]。喪主を務めた鈴木喜久男(翻訳家の鈴木晶)は、たか子の40年来の弟子で、たか子の生前から高橋家の鎌倉の自邸に妻子と暮らし、和巳・たか子両名の著作権代理人を務めていた[8][9]。高橋夫妻の著作権はたか子の没後日本近代文学館に遺贈された[10]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『彼方の水音』 講談社、1971年
    • 『彼方の水音』 講談社〈講談社文庫〉、1978年6月。
  • 『双面』 河出書房新社、1972年
  • 『骨の城』 人文書院、1972年
  • 『空の果てまで』 新潮社、1973年
    • 『空の果てまで』 新潮社〈新潮文庫〉、1983年2月。ISBN 4-10-118802-5
  • 『共生空間』 新潮社、1973年
  • 『失なわれた絵』 河出書房新社、1974年
  • 『没落風景』 河出書房新社、1974年
    • 『没落風景』 新潮社〈新潮文庫〉、1980年2月。
  • 『華やぐ日』 講談社、1975年
  • 『魂の犬』 講談社、1975年
  • 『誘惑者』 講談社、1976年
    • 『誘惑者』 日本点字図書館、1982年1月。
    • 『誘惑者』 講談社〈講談社文庫〉、1983年3月。ISBN 4-06-183015-5
    • 『誘惑者』 講談社〈講談社文芸文庫〉、1995年11月。ISBN 4-06-196344-9
  • 『高橋和巳の思い出』 構想社、1977年1月。
  • 『ロンリー・ウーマン』 集英社、1977年6月。
    • 『ロンリー・ウーマン』 集英社〈集英社文庫〉、1982年11月。
  • 『天の湖』 新潮社、1977年12月。
  • 『記憶の冥さ』 人文書院、1978年2月。
  • 『白い光』 悠想社、1978年4月。
  • 『人形愛』 講談社、1978年9月。
  • 『荒野』 河出書房新社、1980年3月。
    • 『荒野』 河出書房新社〈河出文庫〉、1983年12月。
  • 『驚いた花』 人文書院、1980年6月。
  • 『怪しみ』 新潮社、1981年3月。
  • 『装いせよ、わが魂よ』 新潮社、1982年10月。
  • 『遠く、苦痛の谷を歩いている時』 講談社、1983年11月。ISBN 4-06-200796-7
  • 『霊的な出発』 女子パウロ会、1985年2月。ISBN 4-7896-0192-7
  • 『怒りの子』 講談社、1985年9月。ISBN 4-06-202414-4
    • 『怒りの子』 講談社〈講談社文芸文庫〉、2004年7月。ISBN 4-06-198374-1
  • 『神の飛び火』 女子パウロ会、1986年10月。ISBN 4-7896-0246-X
  • 『水そして炎』 女子パウロ会、1989年10月。ISBN 4-7896-0327-X
  • 『土地の力』 女子パウロ会、1992年5月。ISBN 4-7896-0369-5
  • 『『内なる城』について思うこと』 女子パウロ会、1992年9月。ISBN 4-7896-0386-5
  • 『始まりへ 小説ふう戯曲』 女子パウロ会、1993年4月。ISBN 4-7896-0393-8
  • 『高橋たか子自選小説集』1、講談社、1994年5月。ISBN 4-06-250451-0
  • 『高橋たか子自選小説集』2、講談社、1994年7月。ISBN 4-06-250452-9
  • 『高橋たか子自選小説集』3、講談社、1994年9月。ISBN 4-06-250453-7
  • 『高橋たか子自選小説集』4、講談社、1994年11月。ISBN 4-06-250454-5
  • 『境に居て』 講談社、1995年5月。ISBN 4-06-207268-8
  • 『亡命者』 講談社、1995年12月。ISBN 4-06-207957-7
  • 『意識と存在の謎 ある宗教者との対話』 講談社〈講談社現代新書〉、1996年8月。ISBN 4-06-149317-5
  • 『高橋和巳という人 二十五年の後に』 河出書房新社、1997年2月。ISBN 4-309-01123-3
  • 『放射する思い』 講談社、1997年9月。ISBN 4-06-208777-4
  • 『神の海 マルグリット・マリ伝記』 講談社、1998年10月。ISBN 4-06-209308-1
  • 『私の通った路』 講談社、1999年12月。ISBN 4-06-209912-8
  • 『君の中の見知らぬ女』 講談社、2001年3月。ISBN 4-06-210633-7
  • 『この晩年という時』 講談社、2002年3月。ISBN 4-06-211145-4
  • 『きれいな人』 講談社、2003年6月。ISBN 4-06-211813-0
  • 『巡礼地に立つ フランスにて』 女子パウロ会、2004年11月。ISBN 4-7896-0590-6
  • 『高橋たか子の「日記」』 講談社、2005年4月。ISBN 4-06-212780-6
  • 『墓の話』 講談社、2006年4月。ISBN 4-06-213406-3
  • 『どこか或る家 高橋たか子自選エッセイ集』 講談社〈講談社文芸文庫〉、2006年12月。ISBN 4-06-198461-6
  • 『ライサという名の妻』 女子パウロ会、2008年2月。ISBN 978-4-7896-0644-8
  • 『過ぎ行く人たち』 女子パウロ会、2009年6月。ISBN 978-4-7896-0676-9
  • 『終りの日々』 みすず書房、2013年12月。ISBN 978-4-622-07803-6

共著・編著・共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『高橋たか子自選小説集』講談社、1994
  2. ^ a b The Other Women's Lib: Gender and Body in Japanese Women's Fiction Julia C. Bullock, University of Hawaii Press, 2010
  3. ^ 『竹西寬子・高橋たか子・富岡多恵子・津島佑子集』筑摩書房, 1978
  4. ^ 『現代女性文学辞典』東京堂出版, 1990
  5. ^ a b 自著『高橋和巳の思い出』
  6. ^ 高橋和巳略年譜高橋和巳研究会
  7. ^ a b c 高橋たか子の『亡命者』を読む井上三朗、山口大学文学会志 60, 47-69, 2010
  8. ^ a b 作家の高橋たか子さん死去 故高橋和巳の妻,朝日新聞,2013年7月18日
  9. ^ 『群像』2013年9月号
  10. ^ 日本近代文学館2013年度事業報告書