林康子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 康子(はやし やすこ、1943年7月19日 - )は、ソプラノ歌手。香川県東かがわ市出身。夫はバス歌手のジャンニコラ・ピリウッチ藤原歌劇団団員。

経歴[編集]

香川県立高松高等学校から東京芸術大学を経て同大学院修了後、ミラノ・ヴェルディ音楽院スカラ座のオペラ研修所に留学。柴田睦陸ニコラ・ルッチリア・グァリーニに師事。

1968年日伊声楽コンコルソ第一位、1970年モンティキァーリ国際コンクールおよびパルマ国際オペラ歌手コンクール第一位、1971年ロニーゴ国際コンクール第一位、1972年イタリア国営放送ロッシーニ生誕180周年記念コンクール第一位。1982年イタリア金の射手座賞、1983年毎日芸術賞、1988年サントリー音楽賞を受賞。2006年紫綬褒章受章。

1997年より母校の東京藝術大学にて後進の指導にあたった。カルロス・クライバー、ホセ・カレーラスらをはじめ著名な指揮者・歌手と共演。

1973年にミラノスカラ座での公演に、ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の蝶々夫人役で日本人としては初めて出演。

著書[編集]

  • 『スカラ座から世界へ』南條年章共著 フリースペース 2015

外部リンク[編集]