石内都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石内都
生誕 1947年3月27日
国籍 日本の旗 日本

石内 都(いしうち みやこ、1947年3月27日 - )は、日本写真家

群馬県桐生市生まれ、横須賀市で育つ[1]横須賀市立第二高等学校卒業。多摩美術大学デザイン科入学。大学2年より染織専攻中退。1979年、写真集「APARTMENT」および写真展「アパート」にて第4回木村伊兵衛賞受賞。1999年、第15回東川賞国内作家賞、第11回写真の会賞受賞。2006年日本写真協会賞作家賞受賞。2009年毎日芸術賞受賞。2011年、第60回神奈川文化賞受賞[2]。2013年紫綬褒章受章。2014年、日本人としては濱谷浩杉本博司に次いで3人目のハッセルブラッド国際写真賞受賞。

1994年グッゲンハイム美術館での「戦後日本の前衛美術」展に招待された。ヴェネツィア・ビエンナーレ2005年日本代表。2015年、The J. Paul Getty Museumにて個展「Postwar Shadows」を開催。2017年12月9日~2018年3月4日、横浜美術館にて「肌理(きめ)と写真」が開催された[1]

皮膚衣類と時間とのかかわりをテーマにした写真を撮り続けており、代表作に広島原爆被爆した衣類を被写体とした「ひろしま」、フリーダ・カーロの遺品を撮影した「フリーダ 愛と痛み」など。ニューヨーク近代美術館等に作品が収蔵されている。

主な写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石内 都 肌理(きめ)と写真”. 横浜美術館. 2018年11月28日閲覧。
  2. ^ 神奈川文化賞歴代受賞者一覧”. 神奈川県. 2018年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]