司修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

司 修(つかさ おさむ、1936年6月25日 - )は、日本の小説家画家、装丁家、エッセイスト法政大学名誉教授群馬県前橋市出身。

経歴[編集]

  • 1950年 新制中学校卒業
  • 1953年 映画館の看板描きの助手として働きつつ独学で絵を描き始める
  • 1964年 主体美術協会の設立に参加
  • 1976年 『金子光晴全集』の装丁で第7回講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞
  • 1978年 『風船乗りの夢』で小学館絵画賞、『はなのゆびわ』で第27回小学館児童文化賞を受賞
  • 1988年 「バー螺旋のホステス笑子の周辺」で第100回芥川賞候補
  • 1989年 『河原にできた中世の町 へんれきする人びとの集まるところ』で第36回産経児童出版文化賞美術賞を受賞
  • 1993年 『犬(影について、その一)』で第20回川端康成文学賞を受賞
  • 1999年 法政大学国際文化学部教授
  • 2005年 同名誉教授
  • 2007年 『ブロンズの地中海』で第48回毎日芸術賞を受賞
  • 2008年 『山をはこんだ九ひきの竜』で第55回産経児童出版文化賞美術賞を受賞
  • 2011年 [展覧会]群馬県立近代美術館 司修のえものがたり-絵本原画の世界、『本の魔法』で第38回大佛次郎賞を受賞
  • 2016年 イ-ハトーブ賞受賞

著作[編集]

  • はずかしがりやのぞう こぐま社、1968
  • 証人 影像戯曲 憂鬱工房・こぐま社 1970
  • ちびっこわにのぼうけん 偕成社 1971 
  • 魔女の森 サンリオ出版 1975
  • おとうさんだいすき 文研出版 1975.10
  • 不思議な館 サンリオ 1977.6
  • 風船乗りの夢 小沢書店 1978.9
  • 4つのバトンタッチ 司真実共著 小峰書店 1980.1
  • 壊す人からの指令 司修画集 小沢書店 1980.5
  • ウィグルの砂漠とオアシスを往く 司修素描集 中西画廊 1980.11
  • 描けなかった風景 河出書房新社 1981.8
  • 汽車喰われ 福武書店 1983.12 (短編小説集) 
  • 青猫 幻想童話館 東京書籍 1985.10
  • 魔法のぶた 汐文社 1985.4 原爆児童文学集
  • 夢景色 司修幻想旅行記 東京書籍 1985.6
  • 歩いてきた風景 講談社 1985.5
  • 気ままなる旅 装丁紀行 筑摩書房 1986.11
  • 赤羽モンマルトル 河出書房新社 1986.4
  • 紅水仙 講談社 1987.4 のち文庫(小説) 
  • 語る絵 小沢書店 1989.4
  • 幽子・愛 講談社 1990.8
  • 夢は逆夢 白水社 1990.1 物語の王国
  • 奏迷宮 河出書房新社 1991.3
  • ブッダの歩いた道 法蔵館 1992.7
  • 戦争と美術 岩波新書 1992 
  • 影について 新潮社 1993.11
  • 夢の中の遠い声 法蔵館 1993.12
  • 迷霧 講談社 1993.4
  • 司修 描くことと書くこと 開館1周年記念特別企画展 司修展図録 前橋文学館 1994.7
  • リンゴ わらべうたによる ほるぷ出版 1994.6
  • イーハトーヴォ幻想 岩波書店 1996.6
  • 賢治の手帳 岩波書店 1996.6
  • 幸福を求めて 新書館 1997.3
  • 近代化遺産への旅 伊藤幸雄撮影 上毛新聞社 1998.11
  • 版画 新潮社 2000.3 (小説)
  • いのちのえほん(編)群馬県・童心社 2001.11
  • アスカ ポプラ社 2004.1
  • 「雁の寺」の真実 水上勉共著 朝日新聞社 2004.12
  • 月に憑かれたピエロ 河出書房新社 2004.2
  • ブロンズの地中海 集英社 2006.8
  • プロヴァンス水彩紀行 時事通信出版局 2006.12
  • 影について 講談社文芸文庫 2008.1
  • おばあのものがたり 偕成社 2008.6
  • 戦争と美術と人間 末松正樹の二つのフランス 白水社 2009.12
  • 蕪村へのタイムトンネル 朝日新聞出版 2010.6
  • 100万羽のハト 偕成社 2011.4
  • 司修のえものがたり トランスビュー 2011.4
  • 本の魔法 白水社 2011.6 のち朝日文庫
  • 孫文の机 白水社 2012.9
  • 絵本の魔法 白水社 2013.8
  • 幽霊さん ぷねうま舎 2014.6
  • Ōe(おおえ):60年代の青春 白水社 2015.12

挿画[編集]

関連人物[編集]

  • 大江健三郎(小説家) - 多くの著作の装丁を司が手掛けている。
  • 中山庸子(エッセイスト・イラストレーター)
  • 中沢静雄(小説家・文芸評論家・児童文学者)