安房直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安房 直子(あわ なおこ、本名:峰岸 直子(みねぎし なおこ)[1]1943年1月5日 - 1993年2月25日)は、日本児童文学作家[2]

来歴・人物[編集]

東京に生まれる[3]

引っ越しの多い幼少期を過ごしたのち、日本女子大学附属高校を経て、1965年日本女子大学国文科を卒業[4]

大学在学中より山室静に師事し『目白児童文学』に作品を発表する[5]

大学卒業後、同人誌『海賊』に参加[5]

1971年、『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞受賞[4]

1973年、『風と木の歌』で小学館文学賞授賞[4]

1982年、『遠い野いばらの村』で野間児童文芸賞授賞[4]

1985年、『風のローラースケート』で新美南吉児童文学賞授賞[4]

1991年、『花豆の煮えるまで』でひろすけ童話賞受賞[4]

長らく西東京市に暮らして執筆活動を続けていたが、1993年、肺炎により逝去。享年50[4]

幻想的作風だが、あくまで日本的な民話風の趣をもった作品が多く、晩年は、後の世界を意識したものが多いとする評もある。

没後も評価は高く『安房直子コレクション』全7巻が刊行されている。

2005年サンリオの雑誌『詩とメルヘン』に掲載された全17編を収録した『安房直子 十七の物語 夢の果て』が、掲載当時コンビを組んだ味戸ケイコの書き下ろしイラストを添えて、当時の編集者であり瑞雲舎の代表を務める井上富雄の手によって刊行された[6]

『きつねの窓』は1992年より教育出版の国語教科書(小学6年生)に収録されていた[7][8]

著書[編集]

  • 牧村慶子 絵『北風のわすれたハンカチ』東京:旺文社〈旺文社ジュニア図書館〉 、1971年。
  • 淵上昭廣 絵『まほうをかけられた舌』東京:岩崎書店〈岩崎幼年文庫1〉、1971年。 のち、遠藤てるよ 画『まほうをかけられた舌』東京:岩崎書店フォア文庫〉、1979年10月。
  • 司修 絵『風と木の歌』 東京:実業之日本社〈少年少女短編名作選〉、1972年。
  • (童話集) 赤星亮衛 絵『白いおうむの森』東京:筑摩書房、1973年。 のち、(童話集)『白いおうむの森』東京:筑摩書房〈ちくま文庫〉、1986年8月。ISBN 4-480-02068-3
  • 岩淵慶造 絵『ハンカチの上の花畑』東京:あかね書房〈あかね新作児童文学選3〉、1973年。 のち『ハンカチの上の花畑』東京:講談社講談社文庫〉、1977年7月。 のち、金井塚道栄 絵『ハンカチの上の花畑』東京:あかね書房あかね文庫〉、1988年1月。ISBN 4-251-10022-0
  • 淵上昭広 画『しろいしろいえりまきのはなし』東京:小学館〈小学館の創作童話シリーズ6〉、1974年。
  • 赤星亮衛 絵『銀のくじゃく』東京:筑摩書房、1975年。 のち、(童話集)『銀のくじゃく』東京:筑摩書房ちくま文庫〉1985年12月。ISBN 4-480-02026-8
  • 小松桂士朗 絵『ライラック通りのぼうし屋』東京:岩崎書店〈あたらしい創作童話2〉、 1975年。
  • 『きつねの窓』東京:角川書店〈角川文庫〉、1975年。
  • 味戸ケイコ 絵『白樺のテーブル』東京:偕成社、1976年。
  • 牧村慶子 画『しろいあしあと』東京:小学館〈小学館の創作童話シリーズ26〉、1976年1月。
  • 赤星亮衛 絵『きつねのゆうしょくかい』東京:講談社〈講談社の幼年創作童話9〉、1976年9月。
  • 『日暮れの海の物語』東京:角川書店、1977年7月。 のち、遠藤てるよ 画『日暮れの海のものがたり』東京:岩崎書店フォア文庫〉、1982年3月。
  • 鈴木琢磨 絵『ころころだにのちびねずみ』東京:旺文社〈旺文社こどもの本〉、1977年3月。
  • 葉祥明 絵『すずをならすのはだれ』京都:PHP研究所〈PHPおはなしひろばシリーズ〉、1978年3月。
  • 味戸ケイコ 絵『木の葉の魚』東京:サンリオ〈詩とメルヘン絵本〉、1978年11月。
  • 鈴木康司 絵『天の鹿』東京:筑摩書房、1979年9月。
  • 白川三雄 絵『だんまりうさぎ』東京:偕成社〈新しい幼年創作童話〉、1979年12月。
  • 葉祥明 絵『あめのひのトランペット』東京:金の星社、1980年3月。
  • 『南の島の魔法の話』東京:講談社講談社文庫〉、1980年6月。
  • 奈良坂智子 絵『しいちゃんと赤い毛糸』東京:旺文社〈旺文社創作童話〉、1980年11月。
  • 葉祥明 絵『はるかぜのたいこ』東京:金の星社〈くまのがっきやさん〉、1980年11月。
  • 『だれにも見えないベランダ』東京:講談社講談社文庫〉、1981年5月。
  • (童話集)味戸ケイコ 絵『遠い野ばらの村』東京:筑摩書房、1981年9月。 のち、(童話集)『遠い野ばらの村』東京:筑摩書房ちくま文庫〉、1990年9月。ISBN 4-480-02479-4
  • 田中槙子 絵『ねずみのつくったあさごはん』東京:秋書房、1981年12月。
  • 頓田室子 絵『ゆきひらのはなし』京都:PHP研究所〈こころの幼年童話〉、1981年12月。
  • 南塚直子 絵『青い花』東京:岩崎書店〈岩崎創作絵本〉、1983年2月。
  • 味戸ケイコ 画『花のにおう町』東京:岩崎書店〈現代の創作児童文学〉、1983年8月。
  • 田中槙子 絵『コンタロウのひみつのでんわ』東京:秋書房、1983年11月。のち、復刊ドットコムから再刊 2007年11月
  • 上野紀子 絵『冬吉と熊のものがたり』東京:ポプラ社〈こども児童館〉、1984年1月。
  • (山の童話)小沢良吉 絵『風のローラースケート』東京:筑摩書房、1984年5月。
  • 田中槙子 絵『ふしぎな青いボタン』舞阪町(静岡県)ひくまの出版〈ひくまの出版幼年絵本シリーズ・あおいうみ〉、1984年11月。
  • 『鶴の家』東京:講談社講談社文庫〉、1984年7月。ISBN 4-06-183222-0
  • 大社玲子 絵『ねこじゃらしの野原:とうふ屋さんの話』東京:講談社〈児童文学創作シリーズ〉、1984年10月。ISBN 4-06-119082-2
  • 南塚直子 絵『やさしいたんぽぽ』東京:小峰書店〈こみねのえほん〉、1985年9月。ISBN 4-338-06002-6
  • いせひでこ 絵『グラタンおばあさんとまほうのアヒル』東京:小峰書店〈創作どうわのひろば〉、1985年1月。ISBN 4-338-01109-2
  • 田中槙子 絵『空にうかんだエレベーター』東京:あかね書房〈あかね創作どうわ〉、1986年2月。ISBN 4-251-03279-9
  • 司修 絵『三日月村の黒猫』東京:偕成社、1986年4月。ISBN 4-03-528080-1
  • 味戸ケイコ 絵『鳥にさらわれた娘』東京:ケイエス企画〈モエノベルス・ジュニア〉、1987年3月。ISBN 4-03-640010-X
  • 峯梨花 絵『べにばらホテルのお客』東京:筑摩書房、1987年5月。ISBN 4-480-88077-1
  • 河本祥子 絵『おしゃべりなカーテン』東京:講談社〈わくわくライブラリー〉、1987年11月。ISBN 4-06-195602-7
  • 南塚直子 画『うさぎ屋のひみつ』東京:岩崎書店〈現代の創作児童文学〉、1988年2月。ISBN 4-265-92836-6
  • 田中槙子 絵『トランプの中の家』東京:小峰書店、1988年7月。ISBN 4-338-07801-4
  • いもとようこ 絵『さんしょっ子』東京:小峰書店〈絵本・感動のおくりもの1〉、1989年7月。ISBN 4-338-08401-4
  • 新野めぐみ 絵『サンタクロースの星』東京:佼成出版社、1989年10月。ISBN 4-333-01451-4
  • 林静一 絵『わるくちのすきな女の子』東京:ポプラ社〈童話の海2〉、1989年12月。ISBN 4-591-03372-4
  • 南塚直子 絵『うさぎのくれたバレエシューズ』東京:小峰書店〈えほん・こどもとともに〉、1989年10月。ISBN 4-338-06911-2
  • 奈良坂智子 絵『月へ行くはしご』東京:旺文社〈旺文社創作童話〉、1991年。ISBN 4-01-069143-3
  • 伊藤正道 絵『ひめりんごの木の下で』東京:クレヨンハウス〈おはなし広場〉、1993年12月。ISBN 4-906379-34-6
  • 南塚直子 絵『たんぽぽ色のリボン』東京:小峰書店〈絵童話・しぜんのいのち4〉、1993年12月。ISBN 4-338-10504-6
  • 菊池恭子 絵『すずめのおくりもの』東京:講談社〈どうわがいっぱい35〉、1993年9月。ISBN 4-06-197835-7
  • 味戸ケイコ 絵『花豆の煮えるまで:小夜の物語』東京:偕成社〈偕成社ワンダーランド10〉、1993年3月。ISBN 4-03-540100-5
  • 北見葉胡 画『なくしてしまった魔法の時間』東京:偕成社〈安房直子コレクション1〉、2004年3月。ISBN 4-03-540910-3
  • 北見葉胡 画『見知らぬ町ふしぎな村』東京:偕成社〈安房直子コレクション2〉、2004年4月。ISBN 4-03-540920-0
  • 北見葉胡 画『ものいう動物たちのすみか』東京:偕成社〈安房直子コレクション3〉、2004年4月。ISBN 4-03540930-8
  • 北見葉胡 画『まよいこんだ異界の話』東京:偕成社〈安房直子コレクション4〉、2004年4月。ISBN 4-03-540940-5
  • 北見葉胡 画『恋人たちの冒険』東京:偕成社〈安房直子コレクション5〉、2004年3月。ISBN 4-03-540950-2
  • 北見葉胡 画『世界の果ての国へ』東京:偕成社〈安房直子コレクション6〉、2004年4月。ISBN 4-03-540960-X
  • 北見葉胡 画『めぐる季節の話』東京:偕成社〈安房直子コレクション7〉、2004年4月。ISBN 4-03-540970-7
  • 『夢の果て:安房直子 十七の物語』東京:瑞雲舎、2005年12月。ISBN 4-916016-58-0
  • Awa Naoko, (2010-06-16). The Fox's Window and Other Stories. Univ of New Orlenans Fndt Pr. ISBN 9781608010066 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 安房直子 作、淵上昭広 絵 『まほうをかけられた舌』岩崎書店〈岩崎幼年文庫1〉、1971年、94頁。 
  2. ^ 市古夏生・菅聡子 『日本女性文学大辞典』東京:日本図書センター、2006年1月。ISBN 4-8205-7880-4 
  3. ^ 神宮輝夫 『現代児童文学作家対談』 9 (あまんきみこ・安房直子・末吉暁子)、東京:偕成社、1992年10月、173-183頁。ISBN 4-03-020090-7 
  4. ^ a b c d e f g 神宮輝夫 『現代児童文学作家対談』 9 (あまんきみこ・安房直子・末吉暁子)、東京:偕成社、1992年10月、173-183頁。ISBN 4-03-020090-7 
  5. ^ a b 『日本児童文学大事典』 第一巻、大日本図書、1993年、36頁。ISBN 4-477-00376-5 
  6. ^ 安房直子 『安房直子 十七の物語 夢の果て』東京:瑞雲舎、2005年12月、248-252頁。ISBN 4-916016-58-0 
  7. ^ 佐藤泰正 『女流文学の潮流』東京:笠間書院、2013年3月、124頁。ISBN 978-4-305-60262-6 
  8. ^ 『女性作家は捉え返す 女性たちの物語』ひつじ書房、2020年、53頁。ISBN 9784823410475 

外部リンク[編集]

安房直子記念 ライラック通りの会