いぬいとみこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いぬい とみこ(本名:乾 富子、1924年3月3日 - 2002年1月16日)は、日本の児童文学作家

来歴・人物[編集]

東京生まれ。1950年、日本児童文学者協会新人会に入り、佐藤さとる長崎源之助神戸淳吉らと同人誌『豆の木』を創刊。岩波書店石井桃子らと岩波少年文庫の編集に携る。

受賞歴[編集]

主な著作[編集]

  • ながいながいペンギンの話 宝文館 1957 のち岩波少年文庫
  • 木かげの家の小人たち 中央公論社 1959 のち角川文庫、福音館文庫
  • 北極のムーシカミーシカ 理論社 1961 のち角川文庫、フォア文庫
    • 1961年、1962年、1965年にNHKで人形劇『ふたごのこぐま』のタイトルで映像化され、1979年にはアニメ映画化もされた。
  • 白クマそらをとぶ 小峰書店 1962 のちポプラ社文庫
  • 七まいのおりがみと… 実業之日本社 1965
  • うみねこの空 理論社 1965 のち角川文庫
  • いさましいアリのポンス さ・え・ら書房 1965 のち講談社文庫
  • コンブをとる海べで 麦書房 1966
  • みどりの川のぎんしょきしょき 実業之日本社 1968
  • きんいろのカラス 偕成社 1969
  • 山んばと海のカニ あかね書房 1969
  • リラと白樺の旅 理論社 1970
  • くらやみの谷の小人たち 福音館書店 1972 のち角川文庫、福音館文庫
  • ちいさなちいさな駅長さんの話 新日本出版社 1973
  • ぼくらはカンガルー 理論社 1974 のち講談社文庫
  • 子どもと本をむすぶもの 晶文社 1974
  • さぶろうとひみつの海 童心社 1975 (さぶろうのひみつシリーズ)
  • サックサックは鎌のうた 童心社 1975
  • タラノキはかせは船長さん? 大日本図書 1976
  • 山んばと空とぶ白い馬 福音館書店 1976
  • 光の消えた日 岩波書店 1978
  • 雪の夜の幻想 童心社 1981
  • 山んば見習いのむすめ 福音館書店 1982
  • 川とノリオ 理論社 1982 フォア文庫
  • トビウオのぼうやはびょうきです 金の星社 1982
    • 第五福竜丸のビキニ環礁被爆事件を扱った作品。教育映画としてアニメ化もされた。
  • ゆうびんサクタ山へいく 理論社 1983
  • 白鳥のふたごものがたり 1-3 理論社 1986
  • 四つのふたご物語 理論社 1993

翻訳[編集]