鴻池朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴻池 朋子(こうのいけ ともこ、1960年[1] - )は、日本美術家

来歴[編集]

秋田県秋田市生まれ。秋田県立秋田南高等学校を経て[2]、1985年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。

玩具雑貨デザインに携わり、1998年より絵画彫刻パフォーマンスアニメーション絵本などの様々なメディアを用いて、現代の神話(動物が言語を獲得するまでの物語)を、地形や場とのサイトスペシフィックなトータルインスタレーションで表現。人間学/動物学、おとぎ話、考古学、民俗学などと学際的に対話を重ね、エネルギーと芸術の問い直しを試みている。

2015年個展「根源的暴力」では現在のアートの美術体系を超えた視点から、芸術の始まりに立ち戻り「つくる」すべてのことを言及した。

2016年『どうぶつのことば〜根源的暴力をこえて』(羽鳥書店)を上梓。2017年、個展「根源的暴力 Vol.2」で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

2018年、個展「ハンターギャザラー」(秋田県立近代美術館)では、東北と北海道で害獣駆除される動物の毛皮を画材とし、人間のものづくりの“原型”となる「狩猟採集」をテーマに原型の再編成を試みた。

2014年からは人々の物語を聞き取りし手芸で縫い上げる「物語るテーブルランナー」プロジェクトを国内外で行い200点近い作品が制作されている。

2019年の瀬戸内国際芸術祭では、元ハンセン病療養所の大島青松園にて、昭和8年(1933年)に患者たちがつくり、その後長い間閉ざされていた1.5キロの山の道を復活し、新たな官能的な森の創作が継続されている。

2020年、第62回毎日芸術賞受賞。

主な個展[編集]

2020「ちゅうがえり」アーティゾン美術館

   「Limestone/石灰岩」ギャラリー キドプレス

2018「ハンターギャザラー」秋田県立近代美術館

   「毛皮物語Fur Story : Tomoko Konoike」 Leeds ArtUniversity /イギリス

2016「根源的暴力〜あたらしいほね」群馬県立近代美術館

   「皮と針と糸と〜鴻池朋子」新潟県立万代島美術館

2015「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー

2013「TomokoKonoike」「Earthshine」ウェンディ・ノリス ギャラリー/サンフランシスコ 

2009「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」東京オペラシティアートギャラリー

   「インタートラベラー 12匹の詩人」鹿児島県霧島アートの森美術館

2008「隠れマウンテン&ザ・ロッジ」ミヅマアートギャラリー

2006「第0章」大原美術館 有隣荘児島虎次郎記念館

主なグループ展[編集]

2020「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」国立新美術館

2019「物語るテーブルランナーin ヤルヴェンパー」ギャラリー ヤルナッティ/フィンランド

   「瀬戸内国際芸術祭2019」大島青松園

   「表現の生態系 世界との関係をつくりかえる」アーツ前橋

   「ここの出来事」鞆の津ミュージアム

2018「ECHOES FROM THE PAST /The Artists’Kalevala」Kareva Art museum c

   「ダイアログ|鴻池朋子・ニンケ コスター」GALLERY MoMo

2017「Japan Spirits of Nature」Nordic Watercolor Museum /スウェーデン

   「奥能登国際芸術祭2017」

   「Theドラえもん展 2017」森美術館

2016「Temporal Turn:Art and Speculation in Contemporary Asia」Spencer Museum of Art カンザス大学スペンサー美術館/アメリカ

   「Nousぬう」金沢21世紀美術館

2015「青森EARTH2015みちの奥の、その先へ」青森県立美術館

   「画家の詩、詩人の絵」平塚市美術館碧南市藤井達吉現代美術館、他巡回

2012「東北を開く神話 第1章」秋田県立美術館

2010「第七回釜山ビエンナーレLiving in Evolution」釜山市立美術館/韓国

2009「Kami.Silence-Action」ドレスデン美術館

2008「第三回広州トリエンナーレ ポスト植民地主義への決別」広東美術館/中国

2006「THE SCARECROW」アヴェロフ美術館メトヴォ/ギリシャ

   「Videoformes」クレルモン・フェラン/フランス、他多数。

主な上映 [編集]

2009 「Art-anime screening」スタンフォード大学、スタンフォード、アメリカ

2006 「アニメーショニズム」アップリンクファクトリー/東京

   「VIVA Festival」国立ソフィア王妃芸術センター/マドリッド、スペイン ケルン日本文化会館/ケルン、ドイツ

書籍[編集]

  • 『ハンターギャザラー』羽鳥書店
  • 『どうぶつのことば〜根源的暴力をこえて』羽鳥書店
  • 『根源的暴力』羽鳥書店
  • 『焚書 World of Wonder』絵本 羽鳥書店
  • 『伏』挿絵 桜庭一樹 作 文藝春秋
  • 『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』羽鳥書店
  • 『狐媚記』挿絵 澁澤龍彦 作 平凡社
  • 『みみお』絵本 青幻舎

主なパブリックアート[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鴻池朋子展「皮と針と糸と」”. 新潟県立万代島美術館. 2018年2月4日閲覧。
  2. ^ 鴻池さんと画伯” (日本語). 田村修のブログ. 2021年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]