荒正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒 正人
Ara Masahito.JPG
誕生 1913年1月1日
福島県相馬郡鹿島町(現・南相馬市
死没 (1979-06-09) 1979年6月9日(66歳没)
職業 文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学
ジャンル 翻訳・評論
代表作 『漱石研究年表』
主な受賞歴 毎日芸術賞
子供 長女・植松みどり
次女・荒このみ
所属 『近代文学』創刊
テンプレートを表示

荒 正人(あら まさひと、1913年大正2年)1月1日[注釈 1] - 1979年昭和54年)6月9日)は、日本の文芸評論家

来歴・人物[編集]

福島県相馬郡鹿島町(現・南相馬市)生まれ。旧制山口高等学校在学中、佐々木基一を知り、共にマルキシズム学生運動に熱中した。東京帝国大学英文科卒業。戦後、埴谷雄高平野謙佐々木基一本多秋五山室静らと『近代文学』を創刊[2]。「第二の青春」などの評論を発表し、世代論、知識人論で加藤周一中野重治らと論争を交わした。夏目漱石の研究でも一家をなし、1975年、漱石の生涯を詳細に調べた『漱石研究年表』で毎日芸術賞を受賞。法政大学文学部英文学科教授在任中の1979年6月9日、東京都杉並区の駒崎病院において、脳血栓のため死去[3]。66歳没。

北欧文学にも造詣が深く、山室静とともにアイスランドを訪問し、ノーベル賞作家のハルドル・ラクスネスと会ったことがある。また推理小説を愛好し、推理小説関連の著作・訳書もある。第14回までの江戸川乱歩賞の選考委員をつとめた。初期の日本のSF小説の理解者としても知られる。没後著作集が刊行。

英文学者の植松みどりは長女、アメリカ文学者の荒このみは次女。親戚の一人に新左翼党派「戦旗・共産主義者同盟」の元代表・荒岱介がいる。

著書[編集]

  • 『第二の青春』(八雲書店) 1947年
  • 『負け犬』(真善美社) 1947年
  • 『第二の青春 負け犬』(冨山房、百科文庫) 1978年
  • 『葉子、伸子、充子 読書ノート』(労働文化社) 1947年
  • 『戦後』(近代文学社) 1948年
  • 『赤い手帳』(河出書房) 1949年
  • 『市民文学論』(青木書店) 1955年
  • 『戦後文学の展望』(三笠書房) 1956年
  • 『若き人々のための文学入門』(近代生活社) 1956年
  • 『雪どけを越えて(政治と文学)』(近代生活社) 1957年
  • 『小説家 現代の英雄』(光文社カッパ・ブックス) 1957年
  • 『夏目漱石』(五月書房、現代作家論全集) 1957年
  • 『宇宙文明論』(平凡社) 1957年
  • 『思想の流れ』(毎日新聞社) 1958年
  • 『宇宙教室』(光書房) 1959年
  • 『現代知性全集 37 荒正人集』(日本書房) 1960年
  • 『評伝夏目漱石』(実業之日本社) 1960年
  • 『ヴァイキングの末裔 北欧紀行』(河出書房新社) 1962年
  • 『世界の文学』(塙書房) 1965年
  • 『「夏目漱石」入門』(講談社現代新書) 1967年
  • 『ヴァイキング 世界史を変えた海の戦士』(中公新書) 1968年
  • 『漱石研究年表』(集英社、漱石文学全集 別巻) 1974年
    増補改訂 1984年
  • 「荒正人著作集」全5巻( 三一書房) 1983 - 1984年
    1)『第二の青春』
    2)『文学的回想』
    3)『市民文学論』
    4)『宇宙文明論』
    5)『小説家夏目漱石の全容』
  • 『夏目漱石 「こころ」を見つめて』(宮木薫画、岩崎書店、愛と真実の人びと7) 1986年

編著・共著[編集]

  • 『戦後批評集 近代文学篇』(双樹社) 1949年
  • 『日本の近代文学』(平田次三郎共著、実業之日本社) 1951年
  • 『世界人名百科辞典』(村上政之共編、青渓書院) 1951年
  • 『昭和文学研究』(編、塙書房) 1952年
  • 『文芸事典』(編、河出書房) 1953年
  • 『大衆文学への招待』(武蔵野次郎共編、南北社) 1959年
  • 『近代日本の良心』(編、光書房) 1959年
  • 『推理小説への招待』(中島河太郎共編、南北社) 1959年
  • ジョイス入門』(佐伯彰一編、南雲堂) 1960年
  • エリオット入門』(小野協一編、南雲堂) 1961年
  • ドストエーフスキイの世界』(編著、河出書房新社) 1963年
  • 『対話宇宙探訪 宇宙科学をめぐる九つの対談』(編、講談社、ブルーバックス) 1964年
  • 『思想家の名言』(編著、実業之日本社) 1967年
  • 谷崎潤一郎研究』(編著、八木書店) 1972年

翻訳[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 次女荒このみによれば、実際には前年12月生まれのところ正月に届け出たものだという。[1]

出典[編集]

  1. ^ この秋、再始動した「西荻文学散歩」。 - 西荻ブックマーク
  2. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 61頁。
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)15頁