佐々木昭一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 昭一郎(ささき しょういちろう、1936年1月25日 - )は、映像作家、映画監督、元NHKドラマディレクターである。東京都出身。

経歴[編集]

立教大学経済学部卒業後、1960年NHKに入局し、芸能局ラジオ文芸部でラジオドラマの演出を手がけた。処女作は『都会の二つの顔』(1963年、ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞、芸術祭奨励賞)。

1968年テレビドラマ部に異動し、『銀河テレビ小説』のADなどを務めると同時に多くの受賞作を生んだ。

1995年に定年もあってNHKを退局。その後はフリーディレクターとして活動。文教大学情報学部教授としても10年にわたり教鞭をとった。

演出の特徴[編集]

ロケ先現地の一般人に演技をつけて撮影するドキュメンタリー調の作風と、音・音楽の重視が特徴である。例えば『さすらい』ではフォークソング、『四季・ユートピアノ』ではピアノそしてマーラー交響曲第四番第一楽章および第四楽章が効果的に使われている。また『川の流れはバイオリンの音』ではヴァイオリンが繰り返し扱われる。

主な作品[編集]

ラジオ作品以外は全てテレビドラマである。これまでソフト化は、『四季・ユートピアノ』のVHSソフトと、『コメット・イケヤ』のCDソフトだけであり、それ以外はパッケージソフト化されていない。ただし、中尾幸世出演作のいくつかはNHKによって何度か再放送され、2006年にはテレビドラマ全作品が、デジタルCS放送の日本映画専門チャンネルで再放送された。

現在、テレビ・ラジオ作品のいくつかは、NHKアーカイブスなど各地のNHK施設にある番組公開ライブラリーで視聴可能である。またそれとは別に、横浜に所在する放送ライブラリーでも視聴可能である。

2014年に、20年以上の沈黙を破る初の劇場映画作品『ミンヨン 倍音の法則』が全国公開され、2016年にDVDソフト化されている。

  • おはよう、インディア(1965年) - ラジオドラマ。脚本も担当。文部省芸術祭ラジオドラマ部門大賞。
  • 二十歳(1965年) - ラジオドラマ。寺山修司脚本。吉永小百合出演。
  • コメット・イケヤ (1966年) - ラジオドラマ。寺山修司脚本。イタリア賞ラジオドラマ部門グランプリ。
  • マザー(1969年・1971年) - 初のテレビドラマ。モンテカルロ・テレビ祭最優秀作品賞。芸術選奨新人賞[1]
  • さすらい(1971年) - 遠藤賢司笠井紀美子友川かずき栗田ひろみも登場。文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。芸術選奨新人賞。[2]
  • 夢の島少女(1974年)[3] - 中尾幸世のデビュー作。
  • 紅い花(1976年) - つげ義春作品をモチーフにした。文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。国際エミー賞優秀作品賞。全米でネットワーク放送。
  • 四季・ユートピアノ(1980年) - 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。放送文化基金賞ドラマ番組部門本賞。ギャラクシー賞。イタリア賞テレビドラマ部門グランプリ。国際エミー賞優秀作品賞。全米でネットワーク放送。[4]
  • 川3部作 - オール海外ロケ作品。
  • 東京 オン・ザ・シティー(1986年)
  • 夏のアルバム(1986年)
  • クーリバの木の下で(1987年)
  • 鐘のひびき 〜プラハからヒロシマへ(1988年)
  • 七色村(1989年) - 和歌山県の実在の村がモデル。バンフ国際テレビ祭特別賞。
  • ヤン・レツル物語 〜広島ドームを建てた男(1991年)
  • パラダイス オブ パラダイス 〜母の声〜(1993年)
  • 八月の叫び(1995年)
  • ミンヨン 倍音の法則(2014年)

資料[編集]

  • 「映像の詩人・佐々木昭一郎 〜映像の夢、音の記憶〜」 - テレビ番組。佐々木作品の特徴を葛城哲郎吉田秀夫是枝裕和、中尾幸世らが説明する。佐々木本人も出演。中尾のこぼれ話も。

関連項目[編集]

  • 中尾幸世
  • NHKアーカイブス
    • 佐々木作品が再び注目される契機となった番組。『夢の島少女』が放送された際には、中尾幸世がスタジオゲストとして久々にテレビ出演した。その後もこの枠で、『四季・ユートピアノ』『川の流れはバイオリンの音』が放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]