櫻間道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

櫻間 道雄(さくらま みちお、1897年(明治30年)9月14日 - 1983年(昭和58年)5月27日)は、シテ方金春流能楽師

櫻間林太郎櫻間伴馬の末弟)の次男。はじめ父に師事。後に伯父の伴馬、従兄弟の金太郎(後の櫻間弓川)に師事。1914年『忠度』でのシテで初舞台。特に『定家』『江口』『西行櫻』などが知られる。

1960年度・1967年度芸術祭大賞。1969年度芸術選奨文部大臣賞受賞。1970年、重要無形文化財保持者に各個認定(人間国宝)。

関連項目[編集]