寺田透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺田 透(てらだ とおる、1915年大正4年)3月16日 - 1995年平成7年)12月21日)は、日本の文芸評論家フランス文学者

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。神奈川一中から第一高等学校をへて東京帝国大学文学部仏文学科卒業、大学時代に、立原道造杉浦明平とともに同人雑誌をやっていたが、立原が日本浪曼派に接近したことで絶交し、同人雑誌も終わりとなった。戦後、中央大学予科教授、第一高等学校教授から、1949年東京大学教養学部教授。1969年大学紛争のときに事態の収拾法に不満をもち、辞職した。ただし当時の文章や対談では、以前から新制大学に「文人」は適合できないと感じていたと言っている。

なお弟に人類学者寺田和夫、横浜一中時代の同級生に横浜市長日本社会党委員長となった飛鳥田一雄がおり、寺田の妹が夫人である。

1970年に『芸術の理路 法楽帳1968』で毎日出版文化賞受賞。1977年、『義堂周信絶海中津』で毎日芸術賞受賞。

多くの著書・編著があり、主な著作は、思潮社より『寺田透・評論』(第一・二期、計全15巻)に収録されたが、以降も多くの著作を出している。

著作[編集]

作品集[編集]

  • 寺田透・評論、全7巻 思潮社 1969-75
  • 寺田透・評論 第2期、全8巻 思潮社 1977-81

主な翻訳[編集]

  • ヴァリエテ第2 ポール・ヴァレリー 安土正夫共訳 白水社 1939
  • 浮かれ女盛衰記 オノレ・ド・バルザック 改造社 全3巻 1948-49、新版「全集 13・14」東京創元社
  • 平役人 バルザック 改造社 1950
  • モデスト・ミニヨン バルザック 改造社 上・下 1950、新版「全集 24」東京創元社
  • ドストエフスキージイド全集 14巻」新潮社 1951、「ドストエフスキー全集 別巻」(抄版) 筑摩書房 1964
  • 谷間のゆり バルザック 世界の文学・中央公論社、1965、新装版1994
  • 私の見るところ(ヴァリエテ第5)、ポール・ヴァレリー、佐藤正彰共訳 筑摩叢書 1966、復刊1985 
  • ヴァレリー全集/ヴァレリー全集・カイエ篇、筑摩書房。監修者の一員
  • 日本思想大系 上・下 道元 正法眼蔵水野弥穂子共注 岩波書店 1970-72、新版1990-91
  • 道元和尚広録 上・下 筑摩書房 1995。永平広録の原文・読み下し・訳註