金石範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金 石範(きん せきはん、キム・ソクポム、김 석범、1925年10月2日 - )は、在日朝鮮人。本名は愼陽根。妻は久利定子。

略歴[編集]

済州島出身の両親のもとで大阪市で生まれた[1]。戦時中に済州島で暮らし、朝鮮独立をめざす人々と知り合う。1945年、大阪で終戦を迎えた。直後にソウルに渡るも、1946年に日本に戻り、その後日本で暮らすようになる。関西大学専門部経済学科、京都大学文学部美学科卒業。

日本に戻った直後の1948年、故郷の済州島では「済州島四・三事件」という島民の弾圧・虐殺事件が起きる。これは、後の作品のモチーフとなっていく。2015年4月1日には、この事件を題材にした一連の作品により韓国の第1回「済州4・3平和賞」を受賞している[2][3]。この受賞に関しては、民団からは批判されている[4]


1957年、『文藝首都』に「看守朴書房」「鴉の死」を発表するが、このときは話題にならなかった。このころは朝鮮新報で記者を務めるなど朝鮮総連の組織と関係を保っていたが、1967年、『鴉の死』の単行本出版を機に組織から離れる。

出版をきっかけに日本語での創作を中心にするようになり、1970年に書いた「万徳幽霊奇譚」で作家としての地位を確立する。済州島の事件をモチーフにした作品群は、風土性とも関連して、政治のありかたへの文学の立場からの意見となった。1976年から長期にわたって発表された『火山島』は、そうした作品として大きな位置をしめている。なお、同作品は1976年から1981年までの6年間(単行本の第1巻から第3巻までの部分)は「海嘯」というタイトルで『文學界』に連載され、単行本刊行に際して「火山島」と題名を変えたものである。同作品は1984年大佛次郎賞1998年毎日芸術賞をそれぞれ受賞している。

文学と政治とを切り離せないものとして考えることも彼の行動の基底にあり、金達寿たちとはじめた雑誌『季刊三千里』も、金達寿らが独裁政権時代の韓国への訪問したことを機に編集委員を辞任したことも、そうした立場と関連している。また、朝鮮籍を「北でも南でもない準統一国籍」と考えて便宜的に維持しつづけている一人である。李恢成の韓国国籍取得を批判し、論争に発展したこともあった。数度に渡って韓国政府からの招請を拒んでいるが、これも韓国籍の取得が入国条件だったためである。1988年には民間団体の招待で朝鮮籍のままソウルと済州島を訪れた。

前述の「済州4・3平和賞」の受賞を受けて、金は2015年春に済州島での授賞式に出席しており、その席上で、四・三事件のあった時期の李承晩政権の政策などを批判した。彼の発言は国会議員の一部など韓国の保守的な立場の人々から強く非難された。同年10月に金が韓国を訪問すべく在日韓国大使館に申請したところ手続きを拒否されたが、大使館関係者からの事情説明によれば、先の授賞式での金の発言が問題視されたことも影響しているという[5][6]。この訪韓の理由は、韓国語訳『火山島』の出版を記念したソウルでの行事に参加するためであった[6]。韓国では同年10月に、金煥基(キム・ファンギ)と 金鶴童(キムハクトン)による翻訳で全巻が刊行されている[7]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 鴉の死』新興書房、1967年
    • のち文庫化。『鴉の死』講談社〈講談社文庫〉、1971年
  • 『万徳幽霊奇譚』筑摩書房、1970年 のち講談社文芸文庫
  • 『ことばの呪縛 - 「在日朝鮮人文学」と日本語』筑摩書房、1971年
  • 『夜』文藝春秋、1973年
  • 『詐欺師』講談社、1974年
  • 『1945年夏』筑摩書房、1974年
  • 『口あるものは語れ』筑摩書房、1975年
  • 『民族・ことば・文学』創樹社、1976年
  • 『遺された記憶』河出書房新社、1977年
  • 『マンドギ物語』筑摩書房〈ちくま少年文学館〉、1978年
  • 『往生異聞』集英社、1979年
  • 『祭司なき祭り』集英社、1981年
  • 『「在日」の思想』筑摩書房、1981年
    • のち文庫化。『新編「在日」の思想』 講談社文芸文庫、2001年5月。ISBN 978-4-06-198256-7
  • 『幽冥の肖像』筑摩書房、1982年
  • 火山島1967年-1997年[要出典] :全7巻、文藝春秋、1983年1月 - 1997年9月。ISBN 978-4-16-363170-7 - 978-4-16-363620-7
  • 『金縛りの歳月』集英社、1986年
  • 『故国行』岩波書店、1990年
  • 『転向と親日派』岩波書店、1993年
  • 『夢、草深し』講談社、1995年
  • 『地の影』集英社、1996年
  • 『鴉の死 夢、草深し』小学館文庫、1999年
  • 『海の底から、地の底から』講談社、2000年
  • 『満月』講談社、2001年
  • 『虚日』講談社、2002年
  • 『国境を越えるもの 「在日」の文学と政治』文藝春秋、2004年
  • 金石範作品集』1-2巻、平凡社、2005年
  • 『〈在日〉文学全集 金石範』勉誠出版、2006年
  • 『地底の太陽』集英社、2006年
  • 『死者は地上に』岩波書店、2010年
  • 『過去からの行進』岩波書店、2012年

共著[編集]

  • 『なぜ書きつづけてきたかなぜ沈黙してきたか - 済州島四・三事件の記憶と文学』(共著者:金時鐘)、文京洙編、平凡社、2001年11月。ISBN 978-4-582-45426-0
    • のち新書化。『なぜ書きつづけてきたかなぜ沈黙してきたか - 済州島四・三事件の記憶と文学』(共著者:金時鐘)、文京洙編、平凡社〈平凡社ライブラリー 828〉、2015年4月。ISBN 978-4-582-76828-2
  • 『異郷の日本語』 (共著者:崔真碩・佐藤泉・片山宏行・李静和)、青山学院大学文学部日本文学科編、社会評論社、2009年。ISBN 978-4-7845-0951-5
  • 『金石範《火山島》小説世界を語る! 済州島四・三事件/在日と日本人/政治と文学をめぐる物語』 安達史人児玉幹夫インタヴュー、右文書院、2010年4月。ISBN 978-4-8421-0737-0

翻訳[編集]

  • 金寿福 『ある女教師の手記』 朝鮮青年社〈朝鮮青年新書〉、1963年
  • 玄基榮 『順伊(スニ)おばさん』 新幹社 、2001年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.448
  2. ^ “済州4・3平和賞受賞の在日小説家・金石範氏「歴史伝えていく」”. 聯合ニュース. (2015年4月1日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/04/01/0200000000AJP20150401003100882.HTML 2015年4月13日閲覧。 
  3. ^ 【社説】大韓民国を侮辱した在日小説家・金石範]”. 朝鮮日報日本語版. 朝鮮日報 (2015年4月13日). 2015年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月13日閲覧。
  4. ^ [1]葛藤ぶり返す「4・3事件」…金石範氏の受賞で汚された「済州平和賞」
  5. ^ “在日小説家・金石範氏の訪韓申請を却下=韓国政府”. Wow! Korea. (2015年10月13日). http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/1013/10153632.html 2015年12月26日閲覧。 
  6. ^ a b 箱田哲也 (2015年10月16日). “韓国が在日小説家の入国拒否 過去の政権批判が影響か”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASHBH54WCHBHUSPT00D.html 2015年12月26日閲覧。  (要登録)
  7. ^ “『火山島』著者の金石範氏「辺野古は4・3抗争を連想させる」”. ハンギョレ (韓国ハンギョレ新聞社). (2015年11月9日). http://japan.hani.co.kr/arti/international/22454.html 2015年12月26日閲覧。 
  8. ^ “『火山島』復刊記念シンポジウム 金石範文学、魅力に迫る”. 毎日新聞 東京夕刊. (2015年12月2日). http://mainichi.jp/articles/20151202/dde/018/040/010000c 2015年12月26日閲覧。 

外部リンク[編集]