永田和宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永田 和宏
誕生 (1947-05-12) 1947年5月12日(70歳)
滋賀県
職業 歌人細胞生物学
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 京都大学卒業
ジャンル 短歌
細胞生物学
配偶者 河野裕子
子供 永田淳
永田紅
所属
テンプレートを表示

永田 和宏(ながた かずひろ、1947年5月12日 -)は、日本の歌人細胞生物学者、京都産業大学教授、京都大学名誉教授。短歌結社「」前主宰。夫人は歌人の河野裕子。長男永田淳、長女永田紅も歌人。滋賀県出身。

人物[編集]

研究者としての活動[編集]

細胞内タンパク質の品質管理を研究[1]アメリカ国立がん研究所客員助教授在任中だった1986年には、コラーゲン生成に特異的な機能を持つ熱ショックタンパク"HSP47"を発見した。京都大学胸部疾患研究所(現・ウイルス・再生医科学研究所)教授になってからは、小胞体における変性タンパク質の品質管理機構に関する新規遺伝子を次々と発見し、この分野に大きな貢献をした。変性タンパク質を見分けて分解経路にまわすEDEM1(Science, 2003など)、変性タンパク質のジスルフィド結合を還元して、小胞体からサイトゾルへ逆輸送しやすくする還元酵素ERdj5 (Science, 2008, Mol. Cell, 2012) などが代表的なものである。

歌人としての活動[編集]

京都大学在学中に短歌を始め、高安国世に師事した。初期の歌風は前衛短歌の影響を色濃く受け、時に口語も生かした青春歌や科学者的な世界把握を持ち味とした。後にはそれを消化し、身辺に取材した平明なものに変化してきている。師の影響から新仮名での作歌を行っていたが、2008年より旧仮名に転向した。歌会始詠進歌選者、角川短歌賞選考委員なども務め、「短歌合わせ鏡の説」(『表現の喫水』)に代表される明晰な理論家としても現代歌壇の中心に位置している。2010年に妻河野裕子が病没した後は、家族生活の思い出を描いた随筆も発表し、広い読者を得ている。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 歌集『メビウスの地平』茱萸叢書、1975年
  • 歌集『黄金分割』沖積舎、1977年
  • 評論集『表現の吃水 定型短歌論』而立書房、1981年
  • 歌集『無限軌道』雁書館、1981年
  • 評論集『解析短歌論 喩と読者』而立書房、1986年
  • 歌集『やぐるま』雁書館、1986年
  • 時評集『同時代の横顔』砂子屋書房、1991年
  • 歌集『華氏』雁書館、1996年
  • 歌集『饗庭』砂子屋書房、1998年
  • 歌集『荒神』砂子屋書房、2001年
  • 歌集『風位』短歌研究社、2003年
  • 歌集『百万遍界隈』青磁社、2005年
  • 歌集『後の日々』角川書店、2007年
  • 『作歌のヒント』NHK出版、2007年
  • 『タンパク質の一生』岩波新書、2008年
  • 歌集『日和』砂子屋書房、2009年
  • エッセイ集『もうすぐ夏至だ』白水社、2011年
  • 『歌に私は泣くだらう 妻・河野裕子 闘病の十年』新潮社、2012年/新潮文庫、2014年
  • 歌集『夏・二〇一〇』青磁社、2012年
  • 『近代秀歌』[2][3]岩波新書、2013年 
  • エッセイ集『新樹滴滴』白水社、2013年
  • 『現代秀歌』岩波新書、2014年
  • 『人生の節目で読んでほしい短歌』NHK出版新書、2015年
  • エッセイ集『あの午後の椅子』白水社、2016年
  • 『生命の内と外』新潮選書、2017年

共著[編集]

  • 『言葉のゆくえ』坪内稔典と共著、京都新聞出版センター、2009年
  • 『京都うた紀行―近現代の歌枕を訪ねて』(河野裕子共著)京都新聞企画事業、2010年/文春文庫、2016年
  • 新・百人一首 近現代短歌ベスト100 岡井隆, 馬場あき子,永田和宏,穂村弘, 文藝春秋, 2013, ISBN 9784166609093
  • 『家族の歌 河野裕子の死を見つめた344日』[4](河野裕子、永田淳、永田紅共著)産経新聞出版、2011年/文春文庫、2014年
  • 『たとへば君―四十年の恋歌』(河野裕子共著)文藝春秋、2011年/文春文庫、2014年

関連書籍[編集]

  • 『永田和宏』(シリーズ・牧水賞の歌人たちVol.3) 青磁社、2008年

メディア出演[編集]

新聞・雑誌[編集]

  • 「一〇〇年後に遺す歌」日本経済新聞2014年7月27日朝刊36面

脚注[編集]

  1. ^ 京都産業大学総合生命科学部生命システム学科
  2. ^ 2003年度の大学入試において6大学で採用。
  3. ^ には「日本人なら知っておきたい 近代の歌一〇〇首」。本人は「知らなければ恥だ」という気持ちで選んだ。
  4. ^ 第95回『あなたに有利な証拠として - さくらんぼテレビ

外部リンク[編集]